unistyle

MENU

更新情報2018/11/08(木)内容を更新しました!

これさえ読めば完璧!SPIテストセンター対策まとめました。

1594 views

    これさえ読めば完璧!SPIテストセンター対策まとめました。

    掲載開始日:2018年11月02日
    最終更新日:2018年11月08日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SPIのテストセンターは毎年多くの企業が適性検査として採用しており、複数の企業を受ける学生にとっては避けては通れないものと言えるでしょう。

    今回はそのSPIのテストセンターを受ける方のために、unistyleのテストセンター対策記事をいくつか紹介します。初級者から上級者までレベル別に紹介しているので、自分のレベルに合った記事を読んで対策して頂ければと思います。

    |1| 【初心者・これから受ける方向け】テストセンターの概要と知っておくべきポイント

    「テストセンター自体は知っているが具体的にどんなテストなのかまでは知らない」、「テストセンターをまだ受けたことがない」という方はこちらの記事を読んで欲しいと思います。

    テストセンターの概要受験する際のポイントなど、テストセンターを受ける前に知っておくと有利な情報を多く載せています。

    テストセンターでは偏差値によって成績が出されること、問題の正答数でなく正答率で得点が判定されることなど、意外と多くの就活生が知らない重要なポイントがあります。これらを知っているかそうでないかによって高得点を取れるかどうかが変わってくると思います。

    対策方法についても詳しく解説しているので参考にしてみて下さい

    |2| 【中・上級者向け】非言語の頻出ジャンル攻略

    SPIテストセンターで多くの方がつまずくのが非言語分野の問題だと思います。言語分野などに比べて問題の形式が幅広く、数学の公式を覚える必要があったり、難易度の高い問題には解くのに時間がかかってしまったりと、非言語分野においては様々な理由で悩む学生が毎年います。

    そこで、この記事では非言語分野で頻出ジャンルである、「順列・組み合わせ」「料金問題」「仕事算」「推論」の問題を紹介しています。

    特に推論の分野は他の分野に比べて難易度が高く、どのような問題であるかをよく知っておくべきだと思います。この記事に載せている例題を実際に解いてみることで推論の問題形式やレベルを測ってみてください。

    実際に出題される分野の例題とその解説に加え早く解くためのコツ覚えておくべき公式なども紹介していますので、SPIの問題を知れるだけでなく得点アップにも繋がると思います。

    |3| 【上級者向け】スコアを予想する方法/上級者向け対策

    1つ目の記事でも解説していますが、テストセンターの問題は回答を進めるにつれて難易度が変化していくという特徴があります。正答を続ければ難易度が上がり、問題の難易度が高くなっていきます。

    この難易度が高い問題が出題されるほどスコアは良いと判断できます。このようにスコアをある程度予想する方法がいくつか存在しますが、この記事ではそれについての解説をしています

    テストセンターを既に何度か受け、問題集も何周か解いている方は「どこまでやりこめばいいのかわからない」という悩みが出てくると思います。そういったテストセンター上級者の方に参考にしていただきたい内容となっています。

    また、これから高得点を目指すという方にとっても、目指すレベルを確認するすという意味でも一度読んでみていただきたいと思います。

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    23,780枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録