unistyle

MENU

更新情報2022/01/24(月)内容を更新しました!

【回答例付き】ESや面接で「自慢できることは何か」と聞かれた際の答え方を解説

【回答例付き】ESや面接で「自慢できることは何か」と聞かれた際の答え方を解説

最終更新日:2022年01月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活生の皆さんには「自慢できること」がありますか?

ESや面接でよく聞かれる質問ではありますが、実際に聞かれて上手く答えることができなかった人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、この質問をする意図、伝え方のポイント、伝える時の注意点などを紹介していきます。

ES・面接で「自慢できることは何か」という質問をする意図

自慢を聞く意図

企業はなぜ、面接の場で「自慢できることは何か」という質問をするのでしょうか?

ここでは企業が「自慢できることは何か」と聞く意図を2つ紹介します。

自分の強みを理解できているか見るため

企業が「自慢できることは何か」を聞く1つ目の意図は、就活生が自分自身の強みを適切に理解できているかを確認することです。

自慢=強みとも言い換えることができるため、この質問に答えるには自分の強みを理解したうえで回答する必要があります。

面接は就活生が企業に対して自分を売り込む場でもあるため、自分自身の強みや性格を理解していなければ内定をもらうことは難しくなってくるでしょう。

社風や価値観がマッチしているか見るため

企業が「あなたの自慢できることは何か」を聞く2つ目の意図は、社風や価値観がマッチしているかを確認するためです。

面接官はこの質問を通して就活生はうちの会社・業界で活躍することができるのかを見極めようとしています。

会社や業界にマッチしていない話をしてしまえば、マイナス評価を受けてしまうこともあるでしょう。

人に伝えるほどの自慢がない時の対処法

人に伝えるほどの自慢がない時の対処法

続いては、面接で言えるほどの自慢が思いつかないという就活生に向けて、2つの方法を紹介します。

自己分析

就職活動では自分を理解するために自己分析は必要不可欠です。自己分析がしっかりできていなければ、自分の自慢話も思いつかないでしょう。

また、自分自身の分析を深めることによって、忘れていたことを思い出すきっかけになるかもしれません。

自己分析にまだ自信のない就活生は、下記の関連記事やyoutubeを参考に自己分析に取り組んでみて下さい。

他己分析

自己分析に行き詰まってしまっている就活生は、他己分析を行うことをおすすめします。

他己分析とはその名の通り、自分以外の人に性格や長所・強みを客観的に分析してもらうことを言います。

仲の良い友達や家族に聞くことにより、自分でも知らなかった自分の特徴を気づかせてくれるかも知れません。

ES・面接で自慢できることを伝える際のポイント

ES・面接でのポイント

続いては「あなたの自慢できることは何か」という質問に答える際のポイントを説明します。

伝え方によっては面接官にネガティブな印象を与えてしまう可能性もあるため、答える際には以下の2つのポイントを意識するようにしましょう。

回答ポイント(1)自慢の珍しさや実績だけを自慢しない

ただすごいエピソードを言えばいいというものではありません。珍しさや実績ももちろん重要ですがそれ以上にその経験をどう会社に還元することができるかを明確にする必要があります。

NGな具体例
私が自慢できることは大学2年生の時に初めて参加したけん玉世界大会で優勝したことです。大会前日は緊張して夜も眠れなかったのですが、ライバルを次々と打ち破り、見事優勝することができました。
良い具体例
私が自慢できることは大学2年生の時にけん玉世界大会で優勝したことです。私はけん玉世界大会優勝という目標を達成するため、ゴールから逆算して今やるべきことを考えながら行動してきました。一日単位で練習メニューを変え、どうすれば優勝レベルのスキルを身に付けることができるかを追求しました。この計画性は御社でも必ず活かすことができると考えています。

回答ポイント(2)実体験に紐付けて伝える

ES・面接においては実体験に紐付けて伝えることが重要です

具体例
私の自慢できることは大学の授業の単位を一度も落とさなかったことです。私の周りには日々の授業をまともに受けてこなかったことでテストで点数が取れず、単位を落としている人が多くいました。私は両親に学費を払ってもらっていたので、両親に感謝の気持ちを表すためにもしっかり毎回の授業に出席し、単位を取るということを意識し、結果的に一度も単位を落とすことなく現在に至ります。大学4年間で学んだ〇〇の知識を御社でしっかりと活かしていきたいと考えています。

実体験に基づいて伝えることでより説得力のある回答にすることができます。

ES・面接で自慢できることを伝える時の注意点

伝える時の注意点

ここでは、「あなたの自慢できることは何か」という質問に回答する際に注意したい点を紹介します。

注意点(1)ただ自慢話をするだけではダメ

当然のことながらES・面接はただ自慢話をするところではありませんし、すごいエピソードを持っている人が受かりやすいわけでもありません。

重要なのはエピソードの裏付けの部分を明確に伝えることです。これを怠ってしまえばどれだけすごいエピソードを話したとしても面接官の心には刺さりません。

就職活動において「面接官の立場になって考える」ということが大切になってきます。

注意点(2)業界や会社に活かせないことを伝えることは避ける

受けている業界や会社に活かせない自慢をいくら話したところで、あまり意味はないでしょう。

そのためには、受ける業界や会社の求める人物像を適切に理解する必要があります。求める人物像を意識した上で、自分を近づけることができれば自ずと説得力のある回答を作ることができます。

的外れなことを言ってしまうと、面接官からはニーズを察知できない人物だと判断されてしまう可能性があるため注意しましょう。

面接で「自慢できることは何か」と聞かれた際の回答例

選考通過者のES例文

続いては、実際の回答例を紹介します。今回は3名のESを掲載していますので、参考にしていただけたら幸いです。

選考通過者のES例文:ブルドックソース合格者

自慢できることを教えてください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は64077枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

選考通過者のES例文:豊田鉄工合格者

あなたが今までで一番自慢できることは何ですか。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は64077枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

選考通過者のES例文:味の素AIG合格者

あなたの自慢できることを入力してください。(100文字以下)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は64077枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

最後にまとめ

いかがだったでしょうか。

本記事では「自慢できることはなにか」という質問に対する回答対策を行いました。

企業が面接で「自慢できることはなにか」を聞くことの本質を理解した上でしっかりと答えられるように準備しておきましょう。

また、面接で頻出の質問に関する対策記事・面接対策動画を下記に掲載していますので、こちらも参考にして今後の就職活動にお役立てください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
64,077枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録