unistyle

MENU

更新情報2021/10/22(金)内容を更新しました!

面接で「ストレス発散(解消)方法」を質問されたら?適切な答え方と回答例を紹介

面接で「ストレス発散(解消)方法」を質問されたら?適切な答え方と回答例を紹介

最終更新日:2021年10月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ストレス発散(解消)方法はありますか?」

面接ではこんな質問をされることもあります。

雑談のように聞かれる「ストレス発散(解消)方法」についてですが、実は面接では重要な評価項目になっています。

そこで本記事では「ストレス発散(解消)方法」を聞く理由、面接での伝え方、回答例とNG例などを解説していきます。

企業が面接で「ストレス発散(解消)方法」を聞く理由

企業はなぜ、面接の場で「ストレス発散(解消)方法」を質問するのでしょうか?

企業側が面接で「ストレス発散(解消)方法」を聞く理由は主に以下の2点です。

自己管理能力を確認するため

面接官は「ストレス発散(解消)方法」を聞くことで、就活生の自己管理能力を知ろうとしています。

働く上では、理不尽なこと・気が乗らないこともあり、ストレスを感じる場面があると思います。そのような中で自己管理能力があるかどうかで仕事のパフォーマンスは大きく変わります。

採用したのにストレスを溜め込んだ結果、業務パフォーマンスが落ちてしまうことは企業側としては困ってしまいます。

そのため、「ストレス発散(解消)方法」を聞くことで、就活生にストレスをコントロールできる力があるかどうかを見極めています。

価値観を知るため

「ストレス発散(解消)方法」とは、その人が好んで取り組んでいることです。つまり、この質問を通して就活生の趣味嗜好を知ることができます。

例えば「サッカー」が趣味という人はチームプレイを好んでいたり、戦略を練って物事を進めることにやりがいを感じているかもしれません。また「ジョギング・マラソン」が趣味という人はコツコツと努力を重ね、我慢強く物事に向き合うことができる人かもしれません。

このように「ストレス発散(解消)方法」を聞くことで、その人の持つ性格や強みを間接的に知ることができます。

「ストレス発散(解消)方法」のNG回答例

特技を選ぶ際のポイント

続いて「ストレス発散(解消)方法」のNG回答例を紹介します。

「ストレス発散(解消)方法」の選択によってはネガティブな印象を与えてしまいますので、以下のNG回答例を押さえておきましょう。

ストレス発散(解消)方法がない

面接の場でストレスの発散方法を聞かれた際、「特にない」と答えるのはNGだと思っておきましょう。

なぜなら、面接官は「特にない」と言われてしまうと、「この先、仕事のストレスに耐えられるのだろうか」と心配になってしまうからです。

ストレスの発散方法が思いつかないという人は、これまでの自分を振り返って考えてみましょう。嫌なことがあったとき、あなたは何をすればそれを忘れることができていたでしょうか?きっとあなたも何らかの方法でストレスを発散していたはずです。

面接官に「自分でストレスを発散できているので、働く上でもストレスにも耐えられます」とアピールできるよう、今一度考えてみましょう。

そもそもストレスを感じない

ストレス発散(解消)方法を聞かれたのに「そもそもストレスを感じない」というのは現実的でなくNGです。

学生生活や私生活の中で、少なからずストレスは経験してるはずです。

「ストレス発散(解消)方法がない」という回答同様に、質問に対して適切に回答できていないと評価されてしまうので注意しましょう。

酒・たばこ・ギャンブル・SNS等

お酒・たばこ等の嗜好品に依存するようなストレス解消法は好ましくありません。

お酒・たばこは適量であれば問題ありませんが、過剰摂取すると健康を害してしまいます。企業で長期間働いてもらうためにも、嗜好品依存でストレスを発散する人の評価は悪くなります。

最近では、企業のエントリー情報欄に、自身の喫煙状況を記入するケースもあるようです。

また、ギャンブルは世間一般のイメージが良くないことに加え、どうしても散財してしまうイメージが付いているため面接で伝えることは好ましくありません。

そしてSNSについては、ネット上に愚痴を書き込んでいるイメージがあるので回答を避けましょう。入社後に会社のことを書き込むなど、機密情報流出の危険性もイメージとして与えてしまうのでやはりこの回答は好ましくありません。

面接における「ストレス発散(解消)方法」の伝え方

面接での特技の答え方

「ストレス発散(解消)方法」を伝える際に、意識することは以下の流れです。これらのポイントを押さえて、面接官に簡潔に伝えましょう。

最初の結論部分では、自分のストレス発散方法がどのようなものかを簡潔に述べます。そして、次のエピソード部分で、抱えているストレスに対してどのようにストレスを発散したかを解説します。余裕があれば、これから企業で働く中で発生するストレスとどう向き合っていくかを簡潔に加えると良いでしょう。

場合によっては「ストレスを感じるときは?」という質問とセットで聞かれるので、面接で「ストレスを感じるとき」を聞かれたら?適切な答え方や回答例を紹介も読んでみましょう。

また基本的に「ストレス発散(解消)方法」の質問には正解がなく、ストレス自体が自身の精神面に関係すること、つまり個性なので本記事の「ストレス発散(解消)方法」の回答例「ストレス発散(解消)方法」のNG回答例を参考にしながら自分なりの答えを準備しましょう。

基礎的な「面接の質問」への答え方、注意点、評価基準などを知りたい方は「【面接とは】意味や面談との違いから対策・頻出質問・マナーまでを解説|就活」の記事をご覧ください。

面接における「ストレス発散(解消)方法」の回答例

特技の回答例とNG例

最後に「ストレス発散(解消)方法」の回答例を紹介します。いくつか例文を掲載していますので、参考にしていただければと思います。

また、「自分が面接で話そうと思っているタイプの例文がない!」という就活生もいると思いますが、文章構成や言葉遣いなど参考になる点はあるかと思いますので、ぜひ確認していただければと思います。

「ストレス発散(解消)方法」の回答例:筋トレ

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「ストレス発散(解消)方法」の回答例:スポーツ

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「ストレス発散(解消)方法」の回答例:読書

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

まとめ

本記事では、「ストレス発散(解消)方法」を聞く理由、面接での伝え方、回答例とNG例などを紹介しました。

面接では、マイナス評価にならないように「そもそもストレスを感じません」と答えてしまいがちですが、かえって逆効果です。

面接官はストレスを感じているかどうかを知りたいのではなく「ストレスとどう向き合うのか」「どうやってストレスを発散(解消)しているのか」を聞いています。

面接では「ストレス発散(解消)方法」を聞くことの本質を理解して、しっかり答えられるようにしましょう。

以下の動画では、面接対策の基礎を解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,216枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録