unistyle

MENU

更新情報2021/06/10(木)内容を更新しました!

【最新版】鉄道業界の課題・社会情勢・今後の動向とは

【最新版】鉄道業界の課題・社会情勢・今後の動向とは

最終更新日:2021年06月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄道業界の採用人数はどの企業も少ない一方で、安定したイメージがあり人気がある業界です。

そのため、選考倍率は高倍率となっており、通過するためには鉄道業界の深い理解が必要不可欠です。

本記事では鉄道業界の理解に繋がる最新ニュースや動向を徹底的にご紹介します。


鉄道業界の現状

鉄道業界における主要企業の売上高の合計を、鉄道業界の業界規模を表す数値として解説します。

鉄道業界全体の規模

JR6社(JR東日本・JR東海・JR西日本・JR九州・JR北海道・JR四国)の合計売上高は7兆706億円、私鉄主要15社(東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急・東京メトロ・ 相鉄・名鉄・近鉄・南海・京阪・阪急阪神・西鉄)の合計売上高は8兆2,126億円となっております。(JR・私鉄ともに2018年度の決算資料を参照)

次に、鉄道業界のここ数年の動きについて解説します。

 

鉄道業界の近年の動向

 

2009年から2011年ごろまでは輸送人員の落ち込みによる売上高の後退を記録していました。理由として、リーマンショックによる国内の景気後退の影響を受け、中長距離のビジネス、レジャー需要が低迷していたことが挙げられます。

 

一方、2012年ごろからは国内の景気回復、求人倍率の増加や失業者数の減少に伴い、輸送人員は増加傾向になりました。鉄道各社の業績も回復に向かい、現在まで緩やかな回復基調となっています。

 

加えて、2013年ごろから訪日外国人客数が過去最高を更新しつづけていることも業績増加の理由といえるでしょう。インバウンド需要の高まりによりビジネス、観光利用がともに好調に推移し、周辺ビジネスも好調であったことから、営業収益は増加し続けています。

 

今後の傾向として、国内の人口の減少少子高齢化による利用者の減少が予測されており、業界規模が縮小していくと考えられます。そのため、鉄道業界は新たな収益源として非鉄道事業に注力する傾向が年々強くなっています。

鉄道業界を取り巻く課題・社会情勢

ここでは、鉄道業界を取り巻く課題・社会情勢について解説していきます。現在、鉄道業界の今後に大きな影響を与える社会情勢として、以下の3点が挙げられます。

  • 人口減少
  • 首都圏の人口集中と地方の過疎化
  • 訪日観光客(訪日外国人)の増加

人口減少

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

首都圏の人口集中と地方の過疎化

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

訪日観光客(訪日外国人)の増加

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

鉄道業界の今後の動向・事業展開

ここでは、鉄道業界の今後の動向事業展開について解説していきます。

本記事では、以下の5つのキーワード別に今後の動向について分析していきます。

  • 事業の多角化
  • 駅や沿線地域の価値向上、再開発
  • 安全対策
  • インバウンド事業と海外展開
  • MaaS(Mobility as a Service)

事業の多角化

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

駅や沿線地域の価値向上、再開発

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

安全対策

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

インバウンド事業と海外展開

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

MaaS(Mobility as a Service)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

終わりに

本記事では鉄道業界を取り巻く現在の課題や社会情勢、今後の動向を考察し、将来的にどのような展望があるのかをまとめました。

本記事に掲載されているような社会情勢や最新の動向を含め、以下にご紹介するような鉄道業界の関連記事をしっかり理解してES作成や面接選考に臨みましょう。

鉄道業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

鉄道業界向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に鉄道業界志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

鉄道業界の「選考対策」に役立つ記事

「JR東日本」の選考対策を行いたい方はこちらから
「JR東海」の選考対策を行いたい方はこちらから
「JR西日本」の選考対策を行いたい方はこちらから
「東急」の選考対策を行いたい方はこちらから
「東武鉄道」の選考対策を行いたい方はこちらから
「小田急電鉄」の選考対策を行いたい方はこちらから
「東京メトロ」の選考対策を行いたい方はこちらから
「近鉄グループホールディングス」の選考対策を行いたい方はこちらから

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,216枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録