unistyle

MENU

更新情報2021/07/01(木)内容を更新しました!

【回答例12選】面接で「○○業界と○○業界の違い」を聞かれた際の適切な回答法

【回答例12選】面接で「○○業界と○○業界の違い」を聞かれた際の適切な回答法

最終更新日:2021年07月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「面接で○○業界と○○業界の違いを聞くのは、どのような意味があるのだろう?」

「○○業界と○○業界の違いを面接で伝える時ってどのような説明方法がいい?」

上記のような悩みや疑問を持っている就活生は少なくないと思います。

そこで本記事では、そんな悩み・疑問を抱いている就活生に向け、「○○業界と○○業界の違い」という質問における回答ポイント、面接での伝え方、回答例などを解説していきます。

本記事では、業界の違いが説明しにくい組み合わせを計12個厳選して回答例を掲載しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

企業が面接で「○○業界と○○業界の違い」を聞く理由

○○業界と○○業界の違いを聞く理由

企業はなぜ、面接の場で「○○業界と○○業界の違い」を質問するのでしょうか?

企業側が面接で「○○業界と○○業界の違い」を聞く理由は、就活生の業界に対する理解度を確認するためです。

企業側は、「○○業界と○○業界の違い」について聞くことで、世の中には様々な業界が存在する中で、就活生がしっかり業界を区別できているのかを判断しています。

この「○○業界と○○業界の違い」についての質問は、「志望企業の業界と○○業界の違い」のみならず、志望企業とは関係ない、これまで受けていた業界の違いについて問われることもあります。

いずれにせよ、自分の志望業界・その周辺の業界・これまで受けていた業界については、業界研究を行い、第三者の方に分かりやすく説明できるように準備しておくことが先決です。

下記の動画や記事では、業界研究の方法について分かりやすくコンパクトに解説されていますので、ぜひご覧ください。

面接での「○○業界と○○業界の違い」の伝え方・回答のポイント

「○○業界と○○業界の違い」伝え方・回答ポイント

続いて面接での「○○業界と○○業界の違い」の伝え方、そして回答する際のポイントについて解説します。

「○○業界と○○業界の違い」の伝え方

「今までの就職活動の経緯」の伝え方に関しては、指定された業界の異なる点、そのように考えた客観的な根拠を伝えるのが一般的です。

以下、伝え方の例になります。

○○業界と■■業界の違いとしては、○○という点で異なると考えています。
○○業界は□□という特徴を持つのに対し、■■業界は◆◆という特徴を持っており、この点が異なる点だと考えています。

「○○業界と○○業界の違い」回答のポイント

「○○業界と○○業界の違い」を回答する際に意識していただきたいポイントは、以下の2点です。

  • 客観的な説明を心掛ける
  • 質問に対して過不足なく答える

客観的な説明を心掛ける

今回の質問では、相手の面接官を説得することが求められています。つまり、一般的な志望動機などの質問とは異なり、自分の価値観ではなく、事実や原理原則といった客観的な根拠に基づいた説明が求められます。

事実や理由を述べずに単に「私は○○業界の方が○○だと考えました。」や「私的には、○○業界は○○だと考えています。」といった主観的な説明だと、納得できる説明にはなりません。

客観的な根拠を話せるようになるためには、既述した業界研究が必要不可欠です。各業界についての理解を深めることはもちろんのこと、「どの点が異なるのか」という点で業界研究をしてみることを推奨します。

質問に対して過不足なく答える

聞かれた質問に対して過不足なく回答するということは面接の肝ですが、実践するのは想像以上に難しいです。

今回の「○○業界と○○業界の違い」についての回答は既述しましたが、基本的に「異なる点とそのように考えた根拠を述べる」で十分です。

根拠の説明が長くなり過ぎないように、事前に第三者の方にチェックしてもらうなど、面接前に準備をするようにしましょう。

ここで一つ読者の方に「志望業界と他の業界の違い」について聞かれた際に使える、志望度の高さをアピールできる方法を紹介します。

それは、質問に対して過不足なく答えた後に志望企業の業界の方が他の業界よりも志望度が高いことを最後に付け加えるという方法です。

答え方の一例を紹介します。

回答例

御社の業界と○○業界は◆◆という点で異なると考えています。
私は、御社の業界の方が自分の○○という価値観に合致していると考えており、御社の業界を志望しています。

志望企業と他の業界の比較が求められた場合、それは間接的に志望度が問われていることを意味します。つまり、上記のように業界の違いについて述べた後に志望度が高いことを付け加えることで、初めて面接官が求める条件を満たすことが可能です。

ですので、ぜひ上記の例を参考にしてみてください。

「○○業界と○○業界の違い」を聞かれた際の回答例12選

○○業界と○○業界の違い回答例12選

続いて「○○業界と○○業界の違い」の回答例を12個紹介します。ケース別に例文を掲載していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

また、読む目的に応じて下記のリンクから該当箇所に飛べるようになっておりますので、ぜひ活用していただければと思います。

回答例(1)銀行と証券の違い

銀行と証券の違いとしては、仕組みの点で異なると考えています。
銀行は、一般的に「間接金融」という仕組みを採用していますが、証券は「直接金融」という仕組みを採用しています。
具体的には、銀行は「貸付先から受け取る利息分」から「預金者へ支払う利息分」を引いた差額が利益となる一方、証券会社は、株式や債券への応募や売買の仲介手数料を収益源としています。
ただ、現在はフィナンシャルグループ全体でクライアント企業の課題解決を行う動きが活発化しており、銀行と証券会社の垣根は無くなってきたと言えます。

以下の動画では、金融業界の全体像について分かりやすくコンパクトに解説されていますので、本記事と併せてぜひご覧ください。

回答例(2)銀行と保険の違い

銀行と保険の違いとしては、クライアント企業をサポートする立場が異なると考えています。
銀行は、基本的にクライアント企業が「事業を拡大したい」など、挑戦をしたいと考えている際に融資という形で直接的にクライアント企業をサポートします。その一方で保険は、「万が一失敗した場合」など、挑戦する際に付随するリスクを低減することで間接的にクライアント企業をサポートします。この立場の違いが大きく異なると考えています。

回答例(3)生保と損保の違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

回答例(4)銀行とコンサルの違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

回答例(5)コンサルとシンクタンクの違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

回答例(6)商社とコンサルの違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

回答例(7)総合商社と専門商社の違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

回答例(8)商社と海運の違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

回答例(9)コンサルと広告の違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

回答例(10)広告とPRの違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

回答例(11)鉄道とデベロッパーの違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

回答例(12) ITと通信の違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

終わりに

いかがでしたでしょうか。

本記事では、「○○業界と○○業界の違いは?」という質問での回答ポイント、面接での伝え方、回答例などを紹介しました。

面接で「○○業界と○○業界の違い」について聞くことの本質を理解して、しっかりその理由を答えられるようにしましょう。

本記事を参考に回答ポイントや回答例をインプットし、そのうえで本番でのアウトプットに繋げ、選考突破と志望企業の内定獲得を目指していただければと思います。

以下では、本記事のunistyle関連記事・動画をまとめましたので、気になった記事や動画をぜひご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
60,035枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録