unistyle

MENU

更新情報2018/07/20(金)内容を更新しました!

面接で聞かれるかもしれない10の雑談系質問

45755 views

面接で聞かれるかもしれない10の雑談系質問

掲載開始日:2014年06月13日
最終更新日:2018年07月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、その他において聞かれる質問集です。
面接前にざっと読んで対策していただければと思います。

 

1.体力に自信はありますか?


いくらオフィスで仕事をすると言っても本当に忙しい時には体力勝負になることは珍しくありません。体力についての質問は時々聞かれることがあります。
特に学生時代文化系のサークル等に所属していた場合などは聞かれる頻度が高まることになるので、事前に体力があることを伝えられるエピソードがあれば用意しておくのもありでしょう。

 

 

2.語学力はどの程度ありますか?


近年はグローバルを志向する企業が増えており、海外部署への配属も多々あるでしょう。
そのような中で語学力がどの程度あるかは入社後の配属にも関係してきます。素直にどの言語がどの程度話すことができるかを、TOEICなど客観的なテストや海外経験を踏まえてしっかりと伝えましょう。

 

3.(資格を取得している場合)その資格を取ろうと思ったのはなぜですか?


何か資格を持っている場合はその資格を取ろうと思った動機について聞かれることはよくあります。素直になぜ取ろうと思ったのか、資格勉強を通じて何を得たのか簡単に話ができるようにしておきましょう。

 

4.趣味・特技があれば教えて下さい。


長期雇用の日本においては就職は結婚や恋愛にも例えられます。そんな就職活動において、自己PRや志望動機など堅苦しい話題ではない素のあなたがどのようなことに、なぜ興味を持っているのか知りたいと考えての質問です。
同時にストレスがたまりやすい社会人になる上で、ストレス発散の方法を趣味として持っているかも知りたいと考えています。

 

5.お酒を飲むことは好きですか?



社会人になると接待や部内の付き合いで、飲みにいくことも増えます。
社交性を図る一つの質問として飲むことが好きかどうかという質問はたまにされます。但し、飲み会が嫌いだから大きく評価が下がるということはありません。
あくまで社交性を図る一つの質問であることを理解した上で、苦手なのであればどのような飲み会は苦手なのかはっきりと話せるようにしましょう。

6.モテますか?また好きな人にどのようにアプローチをかけますか?


この質問も雑談の中でたまに出る質問です。
これも適切な質問かどうかは置いておき、フランクな会話の中であなたがどんな人間か知りたいと考えての質問になります。答えに意味があるわけではなく、答え方とあなたのキャラクターが合っているかどうかを見ているので、モテないと答えようがモテると答えようが、どちらでも構いません。
好きな人にどのようにアプローチをかけるかという質問については、あなたが射止めたいと思う相手に対する戦術は恋愛もビジネスも変わらないだろうという想定でされることがありますので、しっかりと自分なりの答えを話してみて下さい。

 

7.あなたを動物に例えると何ですか?


今年は某エネルギー系企業のESで出題されたお題です。馬、猫、犬、猿などかなり使い古された例えが増えてきたので中々、差別化が難しい質問ではありますが、割とされることが多い質問なので、事前に考えておきましょう。

あなたの見た目、エピソードと例えた動物のイメージが一致していることが求められています。

 

8.(留年している場合)留年しているのはなぜですか?


留年理由について聞かれています。純粋に単位が足りない場合など、反省すべき点がある場合は反省点を述べましょう。
また就職留年や意図的な留年の場合はその意図と理由について大人が納得できるだけの理由をきちんと述べることが大事になります。留年しているから即評価が下がるわけではありません。

厳しい質問に対しても真摯に答えられるかどうかも見られているので、真正面から答えることを心がけましょう。

 

9.最近最も気になるニュース・本・映画は何ですか?


あなたという人がどのような観点からニュースや本や映画を見ているのかが知りたいために質問しています。

何を答えたかということよりも、なぜそれを選んだのかというあなたの思考回路が見られています。

特にニュースについては自分の経験や自分が大事にしている価値観と紐付けて答えると楽に答えられるでしょう。

10.最後に何か質問はありますか?


ほとんどの面接で聞かれる非常に重要な質問の一つです。

この質問も何を質問したかよりも「なぜその質問をしたのか」というあなたの思考回路が問われています。

単純な質問をするのではなく、何が知りたいのかまたそれはなぜかといった自分の意図を含めて質問するようにしましょう。

意図の深さが評価の対象となっています。

photo by Koziro Hasegawa

ik Phot

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
29,601枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録