unistyle

MENU

更新情報2019/06/20(木)内容を更新しました!

【21卒向け】日鉄物産(旧日鉄住金物産)のインターン選考(webテスト・ES)対策

【21卒向け】日鉄物産(旧日鉄住金物産)のインターン選考(webテスト・ES)対策

最終更新日:2019年06月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日鉄物産(旧日鉄住金物産)のインターンES一覧はこちらから

鉄鋼、産機・インフラ、繊維、食糧の4つのコア事業を複合的に展開する日鉄物産(旧日鉄住金物産)。

本記事では日鉄物産(旧日鉄住金物産)のインターン内容からインターン選考突破対策までをご紹介します。

商社とは


商社は「総合商社」と「専門商社」の2つに分けられます。

総合商社

総合商社は、簡単に言うと「何でも屋」です。取引商品やサービスは多岐に渡り、近年では単純貿易・販売が業務の中心ではなく、国内外の企業への出資や経営管理、経営側への人材派遣、IT関連やシステム開発などが多くを占めるようになってきています。

総合商社
三菱商事、伊藤忠商事、丸紅、三井物産、住友商事、豊田通商、双日など

総合商社の中でも、財閥系の三菱商事、三井物産、住友商事繊維商社から発展した伊藤忠商事、丸紅、豊田通商、双日に分けられます。

繊維商社から発展したこれらの商社は、日本の戦前からの重要な輸出品だった繊維商品の原料である綿花の輸入を行っており、海外のネットワークや貿易のノウハウを持っています。その特徴を活かし、戦後は金属や機械、化学商品などの多岐に渡る専門商社を統合して総合商社となっています。

専門商社

専門商社は、特定の分野や業種に置いてトレードや事業投資などを行う「専門家」の商社のことを指します。総合商社とは異なり、特定の分野や業種で商いを行っており、クライアントは大手から中小など無数に存在しています。海外ではこの形態の商社が一般的です。日本では、事業投資などに力を入れている総合商社と違い、トレードや金融事業が業務の中心となっています。

専門商社
家具のアイリスオーヤマ、日本の映像や音楽、玩具などをトレードしているハピネット、プリンターなどで有名なエプソン販売など

商社の事業は大きく分けて「物流」「金融」「情報」「事業投資」の4つがあり、専門商社はそのどれか、多くて2つを取り扱っています。

日鉄物産(旧日鉄住金物産)とは


1997年設立の日鉄物産(旧日鉄住金物産)は、国内31カ所(2018年9月30日現在)に拠点を持ち、2069名(2019年3月1日現在)の従業員を擁する複合専業商社だと謳っています。

専門商社は特定の分野で特定の事業を行っていますが、複合専業商社は異なる事業を専業として一つの会社で展開しするものです。日鉄物産(旧日鉄住金物産)は4つの分野で、それぞれがプロフェッショナリズムと高い専門性をもって事業を行っているため、専門商社ではなく、複合専業商社ということになります。鉄鋼、産機・インフラ、繊維、食糧の4つを事業の柱としクライアントにトータルソリューションを提供しています。

以下でそれぞれの事業内容について詳しく説明します。

鉄鋼事業

鉄鋼事業は、各関係企業の製品を幅広く扱っており、長い年月をかけて築いてきたきめ細かな国内・海外の販売網を活かし、鉄鋼製品を供給しています。

また、国内およびアジアを中心とする各国に広がるコイルセンター等の加工・流通拠点を最大限活用し、鋼板、鋼管、条鋼、建材等の鉄鋼製品を、お客様のニーズに応えてプレス成形、切断、切削し、納入するというサービス体制を構築しています。

産機・インフラ事業

産機・インフラ事業本部は、4ビジネスユニットで構成されており、様々な素材から機械加工、ユニット部品、それらに関わる工作機械などの設備販売、さらにインフラとしての電力供給を含む工業団地まで、一貫したトータルサービスを提供しています。

4ビジネスユニットとは下記の通りです。

4ビジネスユニット
1.機能マテリアル ユニット
2.自動車部品 ユニット
3.機械・鉄道 ユニット
4.インフラ ユニット

繊維事業

繊維事業は、素材の開発・調達から製品の企画・生産・物流までを一貫して手掛け、マーケットに対応した総合企画の提案やグループ会社の機能強化を図り、メーカー型商社の機能を果たしています。

食糧事業

食糧事業は、他社に先駆けて手掛けたビーフ、ポーク、チキン等の輸入食肉の分野では、海外の有力パッカー、飼育から加工まで一貫して手掛ける生産工場と連携し安定した輸入を行い、取扱シェアでは常にトップクラスに位置しています。

日鉄物産(旧日鉄住金物産)のインターン内容


日鉄物産(旧日鉄住金物産)の21卒向けインターンは2つコースがあります。以下は日鉄物産(旧日鉄住金物産)採用HPの引用です。

気軽に体験 1/2DAY 商社で働くを体感する

■プログラム概要
半日で実施するコンパクトなワークショップです。
商社ビジネス理解ワークを通して、商社の歴史や役割、ビジネスモデルなど、基本的な理解を深めていただくことができます。
また、社員との交流・質疑応答の時間も設けています。

■開催日程
2019年7月ごろより順次開催予定
北海道・東京・大阪・九州にて開催予定

■交通費・宿泊費に関して
1/2DAYワークショップ参加に際し、交通費等の支給はありません。

■募集人数
各日程60~80程度

■留意事項
本プログラムは、今後の採用選考活動とは一切関係ありません。

引用:日鉄物産(旧日鉄住金物産)採用HP

みっちり向き合う 5DAYS 日鉄物産(旧日鉄住金物産)で働くを体感する

■プログラム概要
5日間を通して、商社ビジネスをじっくりと理解していただくプログラムです。
商社のビジネスを疑似体験するミッションに挑戦していただきます(ワーク形式)。
ミッションを通して、ビジネスマナーや仕事の進め方など、社会人の基本を学ぶことができる他、現場社員からのフィードバックや、社員との交流の機会も多く設けています。

■開催日程
2019年8月26日 (月) 〜8月30日 (金)
東京本社にて開催予定

■募集締切
2019年7月1日


■交通費・宿泊費に関して
5DAYSインターンシップ参加に際し、食事代の補助、交通費の全額支給、東京本社へ通うことが困難な方には宿泊費の手配をいたします。

■募集人数
最大30名程度

■留意事項
本プログラムは、今後の採用選考活動とは一切関係ありません。

引用:日鉄物産(旧日鉄住金物産)採用HP

日鉄物産(旧日鉄住金物産)の求める人物像


日鉄物産(旧日鉄住金物産)は求める人物像をHPで明記していませんが、採用担当メッセージではこのように述べています。

現状に満足することなく、新しい価値を生み出したい。
失敗を怖れることなく、常に前を向き歩み続けたい。

社員一人ひとりの想いが新たな挑戦を生み、
私たちのビジネスを無限大に拡げていきます。

どんなに規模が大きくなろうとも現場主義を徹底し、
「この道では誰にも負けない」プロフェッショナルとして、
世界各地で活躍・成長を続けていきます。

情熱・好奇心・向上心をもって挑戦し続けたい。
更なる成長を実現したい。
そして、自分の世界を拡げていきたい。

そんな志をもった
未来の商社パーソンをお待ちしています。

日鉄物産株式会社 採用チーム一同

引用:日鉄物産(旧日鉄住金物産)採用担当メッセージ

世の中に情報が溢れ、求められる価値が目まぐるしく変わる現在において、新たな価値を生み出し続けることが必須となってきています。

固定概念に囚われず世の中のニーズをキャッチし、新たな価値を創造する力や徹底的に取り組める力は求められるでしょう。

また、フランクな社風だと言われる日鉄物産(旧日鉄住金物産)は、会社の看板ではなく自分の中身で商売をしている人が多く、他の商社と交流することもあるため、コミュニケーション能力は必須と言えるでしょう。

上記をES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?に照らし合わせて考えると、下記に当てはまると考えられます。

■価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる
■今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる

日鉄物産(旧日鉄住金物産)のインターン選考フロー


日鉄物産(旧日鉄住金物産)の21卒対象の選考フローは下記の通りです。

ES→Webテスト

本記事ではWebテストまでしか記載していませんが、Webテストの後に面接がある可能性もあります。選考フローの情報に関しては随時チェックしてみてください。

日鉄物産(旧日鉄住金物産)のインターン選考エントリーシート対策


21卒向けのインターン選考の設問は以下の通りです。

■学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容(200文字以内)
■自分の特徴(性格の長所・短所、特徴について)について説明してください。(400文字以内)
■これまでの人生で決断したことを3つ挙げてください。(各50文字程度)
■①について具体的に説明してください。(400文字以内)
■当社の事業本部のうち、興味のある事業本部を教えてください。(最大2つまで選択可)
<鉄鋼事業本部/産機・インフラ事業本部/繊維事業本部/食糧事業本部/企画管理本部/どこでもよい>
■興味のある事業本部について、その理由を教えてください。(200文字以内)
■当社のインターンシップに参加して学びたいこと、身につけたいことを教えてください。(400文字以内)
■「働く」を一言で言い換えてみてください。(50文字以内)

下記でそれぞれの回答方法について解説します。

学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容(200文字以内)

ここでは、純粋に学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容を書きましょう。

200字と限られているので、取り組んだ内容とその結果何が身についたかを書けていれば大丈夫です。

自分の特徴(性格の長所・短所、特徴について)について説明してください。(400文字以内)

ここでは自己PRを問われています。企業が自己PRを聞く理由は①自社の求める強み・能力を持っているか②キャラクターが自社にマッチしているかを知るためです。

自己PRや強み・弱みを書くのに参考になる記事を挙げておくので、書く際には参考にしてみてください。

これまでの人生で決断したことを3つ挙げてください。(各50文字程度)

①について具体的に説明してください。(400文字以内)

この設問では、人生で決断したこと3つそれぞれを50字程度で回答を書く形きます。そして次の設問で3つ挙げた中で1つ具体例を述べます。

この設問から企業は学生の判断軸を見極めようとしています。

そのため”何を決断したか”ではなく、”なぜそれを決断するに至ったのか”ということが重要になります。

「決断したタイミング、なぜその決断をしたか、決断をするときの判断軸は何だったのか、その決断の結果がどうだったか」を盛り込めると良いでしょう。

3つ挙げたエピソードのうち一番上に記述した内容についてを具体的に説明をすることになります。そのため自分が一番書けそうなエピソードがあるものを一番上に持ってくるなど、戦略的に記述しましょう。

当社の事業本部のうち、興味のある事業本部を教えてください。(最大2つまで選択可)
<鉄鋼事業本部/産機・インフラ事業本部/繊維事業本部/食糧事業本部/企画管理本部/どこでもよい>

興味のある事業本部について、その理由を教えてください。(200文字以内)

この設問では、純粋に事業本部について興味がある理由を、企業研究で知った内容をもとに書きましょう。

当社のインターンシップに参加して学びたいこと、身につけたいことを教えてください。(400文字以内)

ここでは自分の将来のなりたい像から逆算したキャリア観を書きましょう。

文章の構成としては、「学びたいこと」を端的に書きその後で、「将来のなりたい像から逆算したキャリア観」を書きます。どんな事を身に着けたいのか具体的なイメージがあると、人事に共感してもらえるESを作成することが出来ます。

「働く」を一言で言い換えてみてください。(50文字以内)

この設問で企業は価値観や働く上でのモチベーションを見ようとしています。

自分にとって仕事とは何なのか、答えはないので自分なりの答えを提出しましょう。

下記に参考になる記事を載せておくのでこちらも併せてご覧ください。

日鉄物産(旧日鉄住金物産)のインターン選考Webテスト対策


日鉄物産(旧日鉄住金物産)のWebテストはESを提出した後に案内が送られてきて受験する形になります。

日鉄物産(旧日鉄住金物産)がどの形式を採用しているかわかりませんが、下記にWebテスト対策の記事を載せておくので、参考にして対策してみてください。

最後に


鉄鋼、産機・インフラ、繊維、食糧の4つのコア事業を複合的に展開する日鉄物産(旧日鉄住金物産)のインターン内容からインターン選考対策までをご紹介しました。

「人を育て人を活かし、人を大切にする企業グループを創ります」と企業理念の一項目にあるように、新人総合職全員を対象とした短期海外研修、若手社員の海外留学・研修制度など、さまざまな教育研修制度を展開しています。

興味がある方は、本記事で企業理解を深め、インターン選考対策をしっかり行った上で、インターンにチャレンジしていただければと思います。

関連記事
・日鉄物産(旧日鉄住金物産)の企業研究はこちらから
メタルワンの企業研究
伊藤忠丸紅鉄鋼の企業研究
伊藤忠食品の企業研究
三菱食品の企業研究

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
36,949枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録