unistyle

MENU

更新情報2022/10/27(木)内容を更新しました!

「就活が怖くて動けない…」今すぐ対処法を実践し内定を獲得しよう!

5126 views

「就活が怖くて動けない…」今すぐ対処法を実践し内定を獲得しよう!

最終更新日:2022年10月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張って就活をしているのになかなか内定がもらえず、このままどこからも内定がもらえないのではないかと不安に感じている就活生も多いのではないでしょうか。

ずっと選考に落ち続けてしまうと自分の存在自体を否定されたような気持ちになり、就活をするのが怖いと感じてしまうこともあると思います。

就活に対して怖いと感じることは当然のことで、誰もが不安や恐怖を抱えながら就活しています。

しかし過度な恐怖心はトラウマや心の病気など、自分を苦しめてしまう原因になってしまいます。

「就活が怖い…」と感じている就活生は、本記事で紹介している”就活が怖いと感じる原因と対処法”を参考にして就活を乗り越えていきましょう。

就活が怖いと感じる原因と対処法

就活が怖いと感じる原因と対処法

就活の何に恐怖を感じているのか、具体的に理解していないとすべき対処法もわからないため、まずは就活の中でも何に恐怖心を抱いているのかを明確にしましょう。

以下で就活が怖いと感じる主な原因を紹介しますので、自分に当てはまるものを探し、対処法を参考にしてみてください。

  • 就活が怖いと感じる原因(1):面接が怖い
  • 就活が怖いと感じる原因(2):選考結果を待つ時間が怖い
  • 就活が怖いと感じる原因(3):選考に落ちることが怖い
  • 就活が怖いと感じる原因(4):周囲の期待が怖い
  • 就活が怖いと感じる原因(5):ブラック企業に入社してしまうのが怖い
  • 就活が怖いと感じる原因(6):社会人になることが怖い

就活が怖いと感じる原因(1):面接が怖い

就活生は普段同世代との関わりが中心であり、社会人と話すことに慣れていないことが多いため、社会人を前にして過度に緊張してしまう人もいると思います。

そのような人は、まず社会人と話すことに慣れましょう。大学のOB・OGやバイト先の社員など、身近な人を相手に練習してみてください。また、大学のキャリアセンターや就活イベントなどで模擬面接を受けてみるのもオススメです。

他にも、面接にトラウマがあり怖いと感じてしまう就活生もいるかと思います。

このような就活生は過去の面接で圧迫面接をされた、質問に答えられず固まってしまったなど、理由は様々ですが、過去のうまくいかなかった経験が原因となり恐怖心を抱いてしまう人が多いです。

面接の恐怖を克服するには、面接の経験を積むか対策をするしかありません。面接対策の仕方について詳しく知りたいという方は以下の記事をご確認ください。

就活が怖いと感じる原因(2):選考結果を待つ時間が怖い

就活は選考を受けたら終わりではなく、選考結果を待たなければいけないため、就活期間中はずっと気持ちが緊張状態になっている人も多いでしょう。

選考結果がすぐ出る企業もあれば、数日かかる企業や合格者のみに連絡する企業など様々なタイプがあるため、「いつ結果が出るんだろう…」とソワソワしてしまう就活生も少なくないはずです。

選考結果が気になって他のことが手につかなくなってしまったり、気持ちが落ち込んでしまう人も多いと思います。

気持ちは非常にわかりますが、終わってしまった選考の合否を気にするよりも、選考中の自分自身を振り返る方が次の選考のためにも有意義な時間を過ごすことができます。

具体的にはどのような質問を聞かれてどう答えたか、回答に詰まってしまった質問はなかったか、面接のマナーで不安になったところはなかったかなどを振り返ると良いでしょう。

就活が怖いと感じる原因(3):選考に落ちることが怖い

選考に落ちることへの恐怖心は就活生であれば誰もが感じています。

今まで経験してきた学校のテストや受験などと異なり、就活は過去の経験や強みなど自分自身をアピールした上で合否が下されます。

そのため、選考に落ちてしまった場合に自分の人生や人格を否定されたような気持ちになり、自分は駄目な人間なんだと思い込んでしまう人が多いです。

しかし、決してそんなことはありません。企業はあなたを駄目な人間だと思い落としてるのではなく、自社とマッチしているか、自社であなたの強みを活かせるかという観点で合否を判断しています。

つまり、選考に落ちたからといって落ち込む必要はないでしょう。その企業は自分に合わなかっただけと次の選考に気持ちを切り替えましょう。

気持ちの切り替えがうまくできないという就活生は実践経験をどんどん積むことをオススメします。面接に恐怖を感じるのは経験が少ないからかもしれません。実践経験を積むことで、完全には克服できなくても、少なくとも今よりは恐怖心は軽減するはずです。

いきなり企業の本番面接を受けるのではなく、就活イベントやキャリアセンターで模擬面接を受けることから始めても問題ありませんので、まずは自分のできることから経験値を増やしていきましょう。

就活が怖いと感じる原因(4):周囲の期待が怖い

周囲の期待が怖いと感じる人もいるでしょう。

例えば、兄弟や親戚が大手企業に就職していて、親から自分も大手企業に就職することを期待されている、周りの友達から「〇〇さんなら大手企業狙えるよ!」と言われプレッシャーを感じているなど、様々な理由があると思います。

「期待に答えなきゃ…」と過度に自分を追い込んでしまうと焦りが出てしまい、本来の力が発揮できなくなってしまうこともあるため、周りの声よりも自分に合う企業を探すことを一番に意識しましょう。

就活が怖いと感じる原因(5):ブラック企業に入社してしまうのが怖い

ブラック企業のニュースを見たり、ブラック企業で働いている先輩の話を聞いたりして「自分もブラック企業に入社してしまったらどうしよう…」と不安に感じることもあると思います。

ブラック企業といっても人それぞれブラックだと感じる基準は異なるため、まずは自分の中でどのような企業がブラック企業に当てはまるのか考えてみてください。

そこがはっきりしていないとそのような企業への入社を防ぐことは難しいです。

自分にとってのブラック企業の基準が明確になったら、企業研究を行う際にその基準をクリアしているかを確認するようにしましょう。

就活が怖いと感じる原因(6):社会人になることが怖い

具体的に何が怖いかはわからないけど社会人になることがなんとなく怖いと感じる人も多いのではないでしょうか。

長かった学生人生が終わり、これからは社会に出て一人の大人として働かなければなりません。学生時代にアルバイトをしていた就活生もいると思いますが、正社員として企業で働くのとでは仕事の中身も責任の重さも全く異なります。

また、多くの企業は土日休みで平日は毎日朝から夜まで働かなければなりません。アルバイトでもそんなに働いたことがないという人は、毎日朝から夜まで働くということに不安を感じている人もいるでしょう。

このような不安は、社会人になった後のことがイメージできていないからこそかもしれません。

そのため、自分はどんなことに特に不安を感じているのかを具体化し、周りにいる社会人の先輩に「どのような働き方をしているのか」「どんな生活を送っているのか」など具体的な社会人の生活について聞き、少しでも社会人になった後の楽しみを見つけられるようにしましょう。

怖いと思いながら就活を続けてしまうリスク

就活を怖いと思いながら続けるリスク

ここまで就活を怖いと感じる原因について紹介してきました。就活に対して怖いという感情を持つことは当然で、多くの就活生が同じような不安を抱えながらも就活に取り組んでいます。

しかし、就活を怖いと感じるのは当然の反応とはいえど、あまりにも過度な恐怖を感じている場合はできるだけ恐怖をなくすよう心掛けるべきでしょう。

過度な恐怖心を抱えてしまうと、緊張や不安により面接などでうまく話せず結果的に不合格になってしまい、その失敗から「またうまく話せなかったらどうしよう…」とさらに不安を感じるようになり、悪循環にはまってしまいます。

悪循環が続いてしまうとそれがトラウマとなり、選考を受けることすらできなくなってしまう可能性があります。その状態までいってしまうと克服するのに時間がかかってしまうため、できるだけ早く、そして少しでも多く恐怖心を取り除くことが大切です。

また、トラウマまでとはいかなくても怖いと思いながら就活を続けることで、自身の強みや魅力をうまくアピールできずに就活がどんどん長引いてしまうリスクもあります。

内定がもらえず悩んでいる人がすべきこと

就活がうまくいかない人がすべき選考対策

上記では怖いと思いながら就活を続けてしまうリスクについてお伝えしてきましたが、恐怖心を取り除くために最も効果的なのは”選考対策を十分に行うこと”です。

ここでは就活がうまくいっていない人がすぐにやるべき選考対策を紹介していきます。

書類選考と面接の2つのフェーズに分けて紹介していきますので、自分はどちらで落ちることが多いのかを明確にしてから自分に必要な内容を参考にしてみてください。

書類選考対策(1):自己分析

書類選考で落ちてしまう人は、まず一番にすべき自己分析が不足している可能性があります。

自己分析を行うことで自分の強み・弱みや価値観・思考がわかります。それらがわかることで、企業選びの軸が明確になり、自分に合う企業や職種を選ぶことができます。

企業にアピールすべき強みを知るためにも、自己分析は徹底的に行いましょう。なお、自己分析を行う際は以下のステップに沿って進めていきましょう。

(1)自分を客観的に判断できるデータを準備する

過去の経験を振り返る前に、適性検査や学歴など客観的なデータを用意しましょう。

客観的なデータを用意しておくことで、これから進めていく自己分析をブレることなく最後までやり抜くことができます。

(2)過去の自分自身の出来事を把握する【自分史の作成】

自分の印象に残っている過去の出来事を洗い出します。

幼少期・小学校時代・中学校時代というように、時系列ごとに書き出していくとスムーズに整理ができ、自己分析が行いやすくなります。

(3)過去の経験に感情を付け足す【モチベーショングラフの作成】

ある程度過去の出来事を洗い出し終えたらモチベーショングラフを作ってみましょう。

モチベーショングラフとは、過去の出来事を振り返った時に自分はどんな時にモチベーションが上がり、どんな時にモチベーションが下がるのかをグラフに表したものです。

(4)過去の出来事を深掘りする

先ほど記載したモチベーショングラフの中から出来事をピックアップし、深掘りしていきましょう。

過去の出来事を深掘りしていくことで、自分の根源的な欲求や価値観を理解することに繋がります。

上記の様に「なぜ?」と深堀りを繰り返すことで、自分の本質的な部分にたどり着くことができます。今回の場合だと承認欲求がモチベーションの源であるということが分かるでしょう。

(5)過去の出来事に対して「どんな行動をとったか」を考える

深掘りした出来事に対して「自分はどんな行動をとったか」を考えていきます。

深掘りした出来事に対して「自分はどんな行動をとったか」を考えることで、ESや面接で「挫折した時にどう乗り越えましたか?」「困難な経験にぶつかった時あなたならどうしますか?」と問われた際に、論理的に答えることができるようになります。

(6)過去の出来事を振り返り「共通点」を探す

これまで考えてきた内容を一度振り返ります。

振り返る際は、モチベーショングラフが上がっているタイミングや下がっているタイミングに見える共通点も記入してみましょう。

上がるタイミング、下がるタイミング以外にも、一番高いときは〇〇な時、下がっている時には〇〇と考えているなど、自分の思考の癖を見つけることもできるかもしれません。

(7)職種など企業選びの軸を考える

この工程が自己分析において最も重要な作業になります。

これまで分析してきた内容を振り返り、自分に合う職種や仕事内容、企業の特徴、合う人の特徴などを分類して、企業選びの軸を考えていきます。

以下の流れで考えてみてください。

◆楽しかったこと・嬉しかったことの共通点を書き出す
 ↓
◆辛かったこと・苦しかったことの共通点を書き出す
 ↓
◆それらの共通点を「働く際に企業に求めること」に置き換えてみる
 ↓
◆働く上で求めるもの・大事にしたいこと・これは嫌だと思うものに分ける
 ↓
◆優先順位をつける

ここまで自己分析の進め方について紹介してきましたが、より詳しいやり方が知りたいという方は以下の記事を参考にしてみてください。

書類選考対策(2):業界研究

志望動機がうまく書けないという就活生は業界知識が不足している可能性があります。そのため、業界研究に取り組むのが望ましいでしょう。

業界研究を行う目的は「企業や業界の情報を得て、自分の企業選びの軸と合致しているか」を知ることです。

業界研究を行うことで志望動機に深みが出るというメリットもあります。入社後のミスマッチを防ぐため、志望企業への熱意をアピールするためにも業界研究は必ず行いましょう。

志望動機では数ある業界の中でなぜその業界を志望しているのかをアピールしなければならないため、志望業界のビジネスモデルや役割については十分に把握しておきましょう。 

実際に行う際は以下のステップに沿って進めていきます。

(1)どのような業界があるかを知り、気になる業界を選ぶ
(2)業界のビジネスモデルを理解する
(3)職種+求められる素養を考える
(4)業界ごとの繋がりから業界比較をする
(5)その企業に受かるための対策をする

         各ステップの詳細は以下記事でわかりやすく解説しているため、業界研究を行う際はぜひ読んでみてください。

書類選考対策(3):企業研究

業界研究を行うことで業界の仕組みや役割については理解できたと思いますが、業界の中でも企業ごとに特徴が異なるため、志望動機を作成する際は企業研究をしっかり行った上で作成するようにしましょう。

志望動機ではなぜその業界を選んだのかを伝える必要があると上述しましたが、それに加えてその業界の中でもなぜその企業を選んだのかを伝えることも重要になります。

志望動機を書く際に企業を選んだ理由で詰まってしまう人は企業知識が不足している可能性があるため、再度企業研究を行ってみてください。

企業研究を行う際は以下の観点について調べてみましょう。

✓業界内の特別なポジション・強みを把握する
✓社風・企業理念を理解する
✓企業で働く"人"を知る

 企業研究の具体的な方法については以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

書類選考対策(4):ESの適切な書き方を学ぶ

エントリーシートでは、エピソードの大きさよりも伝え方が重要です。

つまり、いくら素晴らしい強みやエピソードを持っていたとしても、エントリーシートの書き方が良くなければあなたの魅力は伝わりません。

特に志望動機、自己PR、ガクチカはエントリーシートの中でも重要項目であり、どの企業でも聞かれる設問となっているため、書類選考を突破するためにも上記3つの精度を高める必要があります。

そのため「エントリーシートの書き方がいまいちわからない」「書類選考がなかなか通らない」という人は以下で「志望動機・自己PR・ガクチカ」のフレームワークを紹介していますので、自分のエントリーシートと照らし合わせながら参考にしてみてください。

■志望動機のフレームワーク

(1)成し遂げたいこと・目標
(2)きっかけとなる経験
(3)企業選びの軸
(4)他に受けている業界および他の業界ではダメな理由
(5)具体的に取り組みたい仕事
(6)業界の中でもその会社の理由

 ■自己PRのフレームワーク

(1)長所
(2)長所を表すエピソード
(3)課題・目標
(4)努力や工夫
(5)結果
(6)どう会社に貢献したいか

 ■ガクチカのフレームワーク

(1)結論
(2)動機
(3)目標と困難
(4)取組みと結果
(5)人柄
(6)学び

 それぞれ書き方の詳細は、各記事を参考にしてください。

書類選考対策(5):ESを添削してもらう

なかなか書類選考に通らず「このままではどこからも内定がもらえないんじゃないか」と不安を感じている就活生は、エントリーシート作成後に第三者に添削してもらいましょう。

理由としては、第三者に読んでもらうことで自分だけでは気づけなかった改善点に気づくことができるためです。

特に自己PRやガクチカなどのエピソード部分は、書いている本人は当然そのエピソードの内容を知っているため、作成した文章を読んでも内容が薄いなどということに気づきにくいからです。

そのため、添削をしてもらうことで内容を知らない人が読んでもその時の状況を想像することができるか確かめてみましょう。

続いては面接で落ちている就活生がすべきことを紹介していきます。

面接対策(1):頻出質問に対する回答を準備しておく

面接で落ちやすいという就活生は、面接でよく聞かれる頻出質問に対して「この質問が来たらこの内容を答える」といったように事前に回答を準備しておきましょう。

回答を準備するには、まず面接ではどのような質問を聞かれるのかを把握する必要があります。以下の記事で面接での頻出質問を紹介していますので、回答を考える際に参考にしてみてください。

面接対策(2):面接マナーを学ぶ

面接で落ちやすい人は面接マナーが守れていない可能性があります。

マナーが守れているか否かであなたに対する印象がガラリと変わる可能性もあるため、知らないもしくは自信がないという人は今すぐに理解するようにしましょう。

そのような人に向けて、以下の記事では面接マナーを「服装」「持ち物」「髪型・髪色・メイク」「訪問・受付・控室・入室・着席・退室」「メール」「電話」の6つに分類し、それぞれ解説しています。

面接前に一度目を通してみてください。

 面接対策(3):面接練習をする

面接に臨む前には必ず面接練習を行いましょう。

その際はただ闇雲にやるのではなく、以下のポイントを意識して行うようにしてください。

✓面接の頻出質問を理解しておく
✓身だしなみや姿勢などに気をつける
✓本番の雰囲気を想定した上で取り組む

面接練習の方法は多数存在します。そのため、以下で紹介する方法の中で自分に必要なもの、取り組みやすいものを選んで行ってみてください。

練習方法

(1)質問への回答を書き出して深堀りしていく
(2)面接の受け答えを録画・録音する
(3)志望企業以外の選考(面接)に参加する
(4)面接の受け答えを友達や家族に聞いてもらう
(5)面接の受け答えを社会人やOB・OGに聞いてもらう
(6)友達(就活生)の面接官役をする
(7)キャリアセンターを活用して模擬面接をする
(8)就活イベントに参加して模擬面接をする
(9)就活エージェントを利用して模擬面接をする

それぞれの詳細については以下の記事で紹介していますので、そちらを参考にしながら練習してみましょう。

一人で就活するのが怖い人はプロに相談してみよう!

就職エージェントneo

「就活が怖いと感じる原因と対処法」や「内定がもらえず悩んでいる人がすべきこと」は理解していただいたかと思いますが、とは言え「選考を受けるのが怖い…」「また選考に落ちたらどうしよう…」と、不安や恐怖を感じている人も多いと思います。

少しでも就活に対して不安がある人は、一人で抱え込まず、就活のプロである就活エージェントに相談するということも一つの手段として考えてみてください。

就活エージェントとは、専任のキャリアコンサルタントが就職活動の始めから終わりまでを支援してくれる人材紹介会社が提供するサービスで、就活生であれば誰でも無料で利用することができます。

就活エージェントの仕組みは上記図のようになっており、企業と就活生の間に入り、キャリアアドバイザーが自分の強みや考え方に合う企業を提案してくれます。つまりエントリーや日程調整などもすべて就活エージェント経由で行うことできるという点が特徴です。

ここまで簡単に就活エージェントについて紹介してきましたが、もっと詳しく知りたいという人に向けて、以下の記事で詳しく紹介しています。

「就活エージェントに興味はあるけど、どこのサービスを利用したらいいかわからない」という人には、unistyleの親会社であるネオキャリアが運営している就職エージェントneoがオススメです。

就職エージェントneoでは、年間2,000社以上の求人を保有しており、その中からあなたに合った企業を紹介してもらうことができます。

さらに内定支援実績は約40,000件を誇っているため、誰でも安心して利用することができるというのもオススメポイントです。

少しでも興味があるという方は下記の画像をクリックして、気軽に利用してみてください。

就活エージェント

まとめ

就活が怖いと感じる人は対策しよう

本記事では就活が怖いと感じる原因と対処法、そして怖いと思いながら就活を続けてしまうリスクや内定がもらえない人がすべき選考対策について紹介してきました。

就活を怖いと感じるのは当然の反応ですが、あまりにも強い恐怖心や不安を感じている場合、就活がうまくいかなくなってしまう原因になり得ます。そのため、就活の何に怖いと感じているのかを明確にし、できるだけ早く恐怖心を取り除けるようにしましょう。

そうすることであなたが今すぐすべき対策が見えてくるはずです。

一人で乗り越えられる自信がないという人は、あなたの周りにいる家族や友達に相談するか、就活エージェントに就活をサポートしてもらうことをオススメします。

自分に合ったやり方で少しずつ恐怖を克服していきましょう。

【関連記事】
就活相談は悩み別に相手を変えよう!選び方やコツを紹介
就活がめんどくさい!そんなあなたに効率良く内定を獲得する方法を伝授
就活がうまくいかない人の特徴8選と対処法を紹介!
「いつまで経っても就活が終わらない…」原因と対処法を知って内定を獲得しよう!
就活が不安なのは当たり前!うまく向き合って内定を獲得しよう
就活がつらいと感じるのはうまくいっていないから?やるべき選考対策を紹介
「就活したくない」やる気がない人の対処法や出遅れ就活生がすべき対策3選
【NNTに悩んでいる就活生必見】原因と対策を知って、納得内定を獲得しよう!
「就職浪人はしない方が良い?」デメリット&対策3選を紹介

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
69,795枚以上の企業ES・選考情報が見放題
(2022/6/9時点)
unistyleに無料会員登録