unistyle

MENU

更新情報2019/12/25(水)内容を更新しました!

リクルーター面談で課される質問とは?選考突破に向けた具体例と対策方法

リクルーター面談で課される質問とは?選考突破に向けた具体例と対策方法

最終更新日:2019年12月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リクルーター面談は、「選考とは関係なしに若手社員と面談するもの」というイメージを持っている就活生もいるかもしれませんが、"選考フローの一つとして組み込まれている・選考における評価に影響している"場合も珍しくありません。

そして、そういった意図でリクルーター面談を行っている企業は"本選考の面接と同様の質問を課す"ことが多く、入念な面接(リクルーター面談)対策をしておかなければ、評価にマイナスの影響を与えてしまう可能性もあります。

そこで本記事では、リクルーター面談で課される各質問の意図・目的に加え、"質問の具体例と回答方法"を紹介します。

志望動機に関する質問

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は37838枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

ガクチカ(学生時代頑張ったこと)に関する質問

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は37838枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

自己PRに関する質問

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は37838枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

就活の軸(企業選びの軸)に関する質問

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は37838枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

現在の就活状況に関する質問

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は37838枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

リクルーター面談の質問・対策・回答方法とは

本記事では、"リクルーター面談で課される質問の回答方法や具体例"などを紹介しました。

リクルーター面談が「選考フローの一つとして組み込まれている・選考における評価に影響している」企業の場合は、"本選考の面接と同様の質問が課される"ことがよくあります。

本記事を参考にしていただき、"リクルーターの意図・目的に沿った論理的な回答"ができるよう、対策を進めていただければと思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
37,838枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録