unistyle

MENU

更新情報2020/11/25(水)内容を更新しました!

【リクルーター面談の正しいマナーとは】基本マナーからメール・電話まで

【リクルーター面談の正しいマナーとは】基本マナーからメール・電話まで

最終更新日:2020年11月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リクルーター面談での態度や振る舞い、そして連絡を取る際のメールや電話など、リクルーターと接触する場合は様々な場面で"ビジネスマナー"が試されます。

ただ、就活生の中には「リクルーター面談・連絡におけるマナー」を理解しておらず、何が正解なのか疑問に感じている方も多いかと思います。

そこで本記事では、"リクルーター面談における基本マナー、そしてリクルーターと連絡を取る際に用いられるメールと電話のマナー"を分かりやすく紹介していきたいと思います。

リクルーター面談における基本マナー

リクルーター面談の基本マナー(服装・到着時間・話の聞き方・言葉遣い)

まずは、リクルーター面談における基本マナーを以下の4つの観点から紹介します。

  • 服装
  • 到着時間(待ち合わせ時間)
  • 適切な話の聞き方
  • 言葉遣い

マナー(1):服装

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は51961枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

マナー(2):到着時間(待ち合わせ時間)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は51961枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

マナー(3):適切な話の聞き方

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は51961枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

マナー(4):言葉遣い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は51961枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

リクルーターへのメールにおけるマナー

リクルーターへのメールにおけるマナー

"リクルーターへのメールにおけるマナー"の詳細は以下の記事をご覧ください。

【例文付】リクルーターへのメールの書き方と正しいマナー|日程調整・お礼

本記事の構成
メールの基本マナー
【リクルーター面談の日程調整】メールの例文
【リクルーター面談の日程調整】メールのポイント
【リクルーター面談のお礼】メールの例文
【リクルーター面談のお礼】メールのポイント
最後に

リクルーターへの電話におけるマナー

リクルーターへの電話におけるマナー

"リクルーターへの電話におけるマナー"の詳細は以下の記事をご覧ください。

【リクルーター面談の正しい電話マナーとは】日程調整・緊急の連絡
 

本記事の構成
電話の基本マナー
【電話例】リクルーターからの面談日程調整の連絡
【電話のポイント】リクルーターからの面談日程調整の連絡
【電話例】リクルーターへの緊急の連絡(遅刻)
【電話のポイント】リクルーターへの緊急の連絡(遅刻・欠席)
最後に

最後に

リクルーターへの適切なマナーとは(電話・メール)

本記事では、"リクルーター面談における基本マナー、リクルーターと連絡を取る際のメールと電話のマナー"を紹介しました。

多くの就活生は、社会人の方とビジネス上で関わった経験がほとんどないかと思いますが、記事内で紹介したマナーはいわば「できて当たり前のもの」になります。

つまり、"正しくできていなければ、それだけでマイナス評価をつけられる"という可能性も充分にあるということです。

本記事の内容を参考にしていただき、リクルーターに対する正しいマナーを学んでいただければと思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
51,961枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録