OB訪問・リクルーターに関する就活テクニック

「OB訪問・リクルーター」に関連する記事をまとめています。 どちらも社員と話す中でその企業での働き方を知ることができる場ではありますが、根底の心構えとしては「アウトプットを評価される場」として認識するべきです。面接と変わりません。 OB訪問やリクルーター面談においては、学生から社員への逆質問がメインになると考えられ、そこで評価されるために重要なことは「自分なりの仮説を持つ」ことだと考えています。仮説は大きく次の3つです。 ①その企業のビジネスに対する理解は適切か ②自分の伝えたい強みや素養はその企業が求めるものに合致するか ③自分の志望動機はその企業を志望する上で適切か(社員から見て納得感があるか) OB訪問やリクルーター面談を通して仮説を検証していく中で、企業とのマッチ度合いを見つつ、アウトプットのブラッシュアップを行いましょう。また、ぶつける仮説やコミュニケーションの精度が高ければ評価もされると思います。

OB訪問・リクルーター に関する就活テクニック 12 件

現在ES掲載数

78,131

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録