unistyle

MENU

更新情報2021/06/10(木)内容を更新しました!

【不動産業界】仕事内容や職種(営業・企画・管理)の役割をわかりやすく解説

【不動産業界】仕事内容や職種(営業・企画・管理)の役割をわかりやすく解説

最終更新日:2021年06月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産業界の仕事内容を知ることは志望動機を書く際にも自己PRを書く際にも必ず必要です。

自分が本当にやりたいことを把握するためにも、まずは仕事内容を知るようにしましょう。

本記事では不動産業界の仕事内容を「営業」「企画・開発」「管理」という観点から紹介していきます。

不動産業界の仕事内容

不動産業界の仕事内容不動産業界の仕事内容は大きく分けて「開発」「流通」「管理」の3つに分けることができます。

詳しくは以下の記事で解説しているので、チェックしてみてください。

不動産業界の職種

不動産業界の職種ここでは不動産業界の職種について紹介していきます。

営業

営業は不動産業界で最も人数が多い職種であり、一般的に新入社員は営業に配属されるケースが多いと言われています。

営業と一言で言っても以下のように様々な営業のタイプがあります。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

管理

管理では物件の管理業務全般を担っています。大きく分けると以下の4つに分類することができます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

不動産業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に不動産業界志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

不動産業界志望者向けグループに参加したい方はこちらをクリック

最後に

不動産業界の仕事内容本記事では不動産業界の仕事内容について紹介しました。

「営業」「企画・開発」「管理」とそれぞれ行う仕事内容は全く異なるため、自分がやりたい仕事とは何なのかを、自己分析や業界研究を通してしっかりと考えるようにしましょう。

本記事では不動産業界の仕事内容や職種について解説してきました。こちらの動画では不動産業界の全体像について紹介していますので、こちらもあわせてご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,290枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録