unistyle

MENU

更新情報2022/02/04(金)内容を更新しました!

【厳選10選】効果的な業界研究を行うために活用すべきオススメのサイト

【厳選10選】効果的な業界研究を行うために活用すべきオススメのサイト

最終更新日:2022年02月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動では必要不可欠となる業界研究。

業界研究を行う際は、本やサイトを活用したり、業界セミナーに行くなど様々なやり方があります。

そこで本記事では、様々な方法の中から業界研究に活用できるサイトを厳選して紹介し、各サイトの特徴、及びその特徴から導き出されるオススメしたい就活生のタイプを簡潔にまとめて説明していきます。

業界研究オススメサイト

業界研究おすすめサイト

業界研究をする際にオススメのサイトを紹介します。

業界研究は、闇雲に行って良いものではありません。

例えば、市場規模を知りたいのか年収を知りたいのかなど、自分がどのような情報を知りたいのかを明確にした上で、最適なサイトを選ぶようにしてください。

業界研究の目的・やり方を改めて確認したい方は、以下の動画も参考にしたのち、サイトをご覧ください。

業界研究のオススメサイト:日本経済新聞

業界研究のサイト・日本経済新聞日本経済新聞の電子版です。

日本経済新聞の主な特徴は以下の通りです。

  • 経済や企業、政治、マーケットなど様々な分野のニュースが掲載されている
  • 時事問題対策に最適
  • 情報の信頼性が非常に高い

上記の特徴から日本経済新聞をオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 時事問題対策をしたい方
  • 志望業界について現在の潮流を詳細に知りたい方
日本経済新聞のサイトはこちらから

業界研究のオススメサイト:市場規模マップ

業界研究おすすめサイト・市場規模マップ市場規模マップは業界の規模を可視化できるサイトです。

市場規模マップの主な特徴は以下の通りです。

  • 各業界の市場規模が可視化されており、ひと目で理解できる
  • 小規模の業界については見れなくなっている

上記の特徴から市場規模マップをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 成長産業や市場規模が大きい業界で働きたい方
  • 特定の業界ではなく、業界全体を俯瞰したい方
市場規模マップのサイトはこちらから

業界研究のオススメサイト:帝国データバンク

業界研究のサイト・帝国データバンク帝国データバンクでは各業界の動向を簡潔に紹介されています。

帝国データバンクの主な特徴は以下の通りです。

  • 各業界の動向が簡潔に紹介されている(業界動向や展望を快晴から雷雨までの7段階のお天気マークで解説している)
  • 業界ごとに今後の取組や動向などもポイントとして簡単にまとめられている

上記の特徴から帝国データバンクをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は63649枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

業界研究のオススメサイト:年収ラボ

業界研究のサイト・年収ラボ年収ラボでは、100以上の業界と3,500を超える企業の平均年収や賃金動向が掲載されています。

年収ラボの主な特徴は以下の通りです。

  • 100以上の業界と3500を超える企業の平均年収や賃金動向が掲載されている
  • 業界別、企業別、職種別、資格別にランキングやグラフを用いて掲載されているため、簡単に年収や年収の推移を知ることが可能

上記の特徴から年収ラボをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 年収を軸に業界比較をされたい方
  • 様々な観点から年収を比較したいと考えている方
年収ラボのサイトはこちらから

業界研究のオススメサイト:NewsPicks

業界研究のサイト・NewsPicksこちらも日本経済新聞と同様のニュースサイトになります。

NewsPicksの主な特徴は以下の通りです。

  • 基本的には日本経済新聞と同様のニュースサイト
  • ニュースを知ることができるだけでなく、専門家の解説などをコメントで読むことが可能

上記の特徴からNewsPicksをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 多角的な知見を得たい方
  • 専門家の意見を交えて世の中を俯瞰したい方
NewsPicksのサイトはこちらから

業界研究のオススメサイト:マイナビ業界研究大図鑑

業界研究のサイト:マイナビ業界研究大図鑑マイナビ業界研究大図鑑では、身の回りにあるモノ、例えばインテリアなどにどういった業界がどのように関わっているのかを知ることができます。

マイナビ業界研究大図鑑の主な特徴は以下の通りです。

  • モノ・コト毎にステークホルダーが簡潔に図式化されている
  • 各業界の現状・展望、業界関連用語が多数掲載されている

上記の特徴からマイナビ業界研究大図鑑をオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 身近なモノといった観点から業界研究をしたい方
  • 図やイラストで学びたい方
マイナビ業界研究大図鑑のサイトはこちらから

業界研究のオススメサイト:リクナビ就職ジャーナル

業界研究のサイト:リクナビ就職ジャーナル

リクナビ就職ジャーナルの主な特徴は以下の通りです。

  • ハッシュタグ毎に記事がまとめられており、「仕事選びのヒント」といったコラムが多数掲載されている
  • キャリアアドバイザーをはじめとする専門家の方が記事を執筆している

上記の特徴からリクナビ就職ジャーナルをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 具体的に志望業界が決まっておらず、業界選択する上でのヒントが欲しい方
  • 専門家の方の意見を交えて業界研究を進めたい方
リクナビ就職ジャーナルのサイトはこちらから

業界研究のオススメサイト:あさがくナビ 業界MAP

業界研究のサイト・あさがくナビ

あさがくナビは、様々な業界の基本情報や最新の情報までを知ることができるサイトです。

あさがくナビの主な特徴は以下の通りです。

  • 登録学生の8割以上が中堅・中小企業志望となり、中堅・中小・ベンチャー企業の新卒採用に強みを持つ
  • 各業界の「注目データ」「企業動向」「トピックス」の観点から簡潔に説明されている

上記の特徴からあさがくナビをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 中堅・中小企業を志望している方
  • 各業界についてサッと確認したい方
あさがくナビ 業界MAPのサイトはこちらから

業界研究のオススメサイト:unistyle

業界研究のサイトunisyleでは、各業界の業界研究記事が多数掲載されています。

unisyleの主な特徴は以下の通りです。

  • 47925枚のESが掲載されており、選考レポートが充実している
  • 業界・企業研究記事が充実しており、様々な観点で比較可能

上記の特徴からunisyleをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 様々な業界を知った上で、就職活動を進めたいと考えている方
  • 一つのサイトで業界研究や企業研究、選考対策を行いたい方
unistyleのサイトはこちらから

業界研究のオススメサイト:ONE CAREER

業界研究のサイト・ONE CAREERONE CAREERもunistyleと同様のサービスを行っています。

ONE CAREERの主な特徴は以下の通りです。

  • unistyleと同様にESが多数掲載されている
  • 合同説明会に登壇する優良企業数が非常に多い

上記の特徴からONE CAREERをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 一つのサイトで業界研究や企業研究、選考対策を行いたい方
  • 合同説明会で効率よく業界研究や企業研究を行いたい方
ONE CAREERのサイトはこちらから

OB訪問アプリ

OB訪問のアプリOB訪問アプリは、実際に社会人に会って話を聞くといった業界研究の手段を提供しているアプリです。

OB訪問アプリの主な特徴は以下の通りです。

  • 社会人と会って話を聞くことで自分が知りたい情報を得ることが可能
  • 出身大学に関係なく、OB訪問できるアプリが存在する

上記の特徴からOB訪問アプリをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

  • 現場で活躍されている社会人から直接情報を得たい方
  • 自分の出身大学に志望企業のOB・OGが在籍していない方

以下の記事で「OB訪問のオススメアプリ」を紹介しているため、OB訪問をしたいと考えている就活生はぜひ参考にしてみてください。

経済レポート.COM

経済レポート.COM

経済レポート.COMは、日本の名だたるシンクタンクの調査レポートを一堂に集めているサイトです。

経済レポート.COMの主な特徴は以下の通りです。

  • シンクタンクの調査レポートをカテゴリー別に集めているサイト
  • 新型コロナ禍における日本・世界経済の動向や業界単位での分析などもされている

上記の特徴から経済レポート.COMをオススメしたい就活生のタイプは以下の通りです。

 

  • 知識武装して他の就活生と差別化したい方
  • 業界知識と考える力を身に着けたい方
経済レポート.COMのサイトはこちら

最後に

業界研究のサイト本記事では業界研究に活用できるサイトを紹介しました。

サイトによって得られるものも異なるため、自分が業界研究を通して何を知りたいかに合わせてサイトを選ぶ必要があります。

自分に合ったサイトを活用し、ぜひ業界研究に役立ててみてください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
63,649枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録