unistyle

MENU

更新情報2021/07/02(金)内容を更新しました!

【例文あり】印刷業界の志望動機の書き方|合格者ES付き

【例文あり】印刷業界の志望動機の書き方|合格者ES付き

最終更新日:2021年07月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷業界は「双璧」と呼ばれる大日本印刷凸版印刷が存在しており、この2社に就活生の人気が集中する傾向にあります。

そんな印刷業界ですが、印刷業界に対しての志望動機を企業が求める人物像に合致させ、エントリーシート(ES)や面接で他の就活生と差別化することが重要になります。

そこで本記事では、印刷業界の志望動機の書き方をエントリーシート(ES)通過者の例文付きで紹介していきます。

基本的な志望動機の書き方

基本の志望動機

志望動機で自分の意思を伝えるためには、まず効果的に志望動機を伝えるためのポイントを把握することが大切です。志望動機で伝えるべきことは、以下の6つになります。これらを全てを押さえることで、選考官も納得の志望動機を伝えることができるでしょう。

この6つの項目に沿って考えることで、一貫性があり論理的な志望動機を制作できます。フレームワークの解説はエントリーシートの志望動機の書き方6ステップ|ES例文8選付で行われています。ベストはunistyleが提唱するフレームワークですが、文字数制限によって柔軟に取捨選択する必要があります。

後ほど本記事で紹介している印刷業界内定者の志望動機も、この6つをすべて網羅しているわけではなく、特に自分が伝えたい部分を抽出しています。「フレームワークの6つの要素を全て満たしているESでなければ評価されない・選考は通過しない」というわけではないことを認識していただければと思います。

面接官に熱意を伝えるESにするために、印刷業界の数ある企業の中で、どうしてその企業を希望しているのかということを論理性を保って説明することを心掛けましょう。

動画を通じて志望動機の書き方を確認したいという方は下記の動画も参考にしてもらえればと思います。

印刷業界で求められる人物像とは

印刷業界で求められる人物像とは

ここでは、上記で見てきた印刷業界の求められる人物像を解説していきます。

以下の人物像に合わせた志望動機を書くことで、自身が印刷業界や印刷業界の企業に合致する人材であることをアピールできます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

印刷業界で求められる人物像(1)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

印刷業界で求められる人物像(2)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

印刷業界で求められる人物像(3)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

印刷業界の志望動機の書き方

印刷業界の志望動機の書き方

基本的な志望動機の書き方や印刷業界に求められる人物像は何かを理解した上で、ここでは印刷業界の志望動機の書き方について解説していきます。

志望動機の理想形は上記の基本的な志望動機の書き方のフレームワークをすべて網羅することですが、実際には文字数制限などがあり、すべての要素を文中に挿入できることは稀です。

そこで、印刷業界を志望するうえで特にアピールすべき要素をピックアップして紹介します。

どうして印刷業界を志望したのか

まず始めに、どうして印刷業界を志望したのかをアピールすることが重要になります。

どれほど魅力的な志望動機を書いても、その業界を選んだ必然性がなければ、「他の業界でもできるのでは?」と選考官に思われてしまいます。

どうして印刷業界を志望したのかをアピールするためには、業界比較をきちんとしておくことが重要です。

以下は、業界比較をするための3つのステップになります。

業界比較の3つのステップ

(1)企業選びのポイントを明確にする
 ⇨どのポイントを一番重視するのかを明確にする

(2)業界比較すべき企業をビックアップする
 ⇨(1)のポイントと関連性の薄い企業やその業界は除く

(3)メリット・デメリット両方を含めて業界比較を行う
 ⇨良い面だけでなく悪い面もきちんと理解しておくことによって覚悟の強い説得力のある主張が可能となる

なぜその企業でなくてはならないのか

業界を志望しているアピールができたらそこからさらに掘り下げて、業界内でもなぜその企業を志望するのかを伝えておくことが重要です。

同じ業界であれば仕事内容が類似している場合も多くあります。そのため各企業の差別化がしっかりとできていなければ、他の企業でも良いのではないかと人事から思われてしまうこともあります。

「この企業だから志望している」ということが伝わるように、その企業ならではの特徴や強み踏まえて志望動機を伝えましょう。

企業の理念や社風ビジョンに基づく中期/長期計画はその企業ならではのポイントになるので、それらを軸に志望動機を考えるのも良いかもしれません。企業のHPやIR情報を参考に調べてみるのが得策です。

IR情報の読み解き方について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

参考:【IR情報(投資家情報)の読み解き方】就活生向けに分かりやすく解説

実現したいことや将来の目標

【志望動機とは】作成に向けたポイントを基礎から解説|テンプレ付」で解説しているように、社風はもちろん企業のビジョンと就活生の目指す将来像が一致していることは働いていく上で、大切な要素になります。

将来どんな目標を持っているかを伝えることで、企業は長く頑張ってくれそうだなという印象を持つでしょう。

その中で目標に向かってこのように努力していきたいと話すことができれば、きちんと計画性のある就活生だと評価されるとも考えられます。立てた目標が会社のビジョンや方針とマッチしていると企業により良い印象を与えられます。

また、上述されているように、一口に印刷業界と言っても様々な分野が存在し、分野によって職種や行う仕事内容も大きく変わります。

職種まで述べることで、「自分の志望している業種だからこそ実現できることや活躍できることがある」と主張する説得力が高まります。

上述されている職種ごとの仕事内容や志望する企業の職種一覧を見て、きちんと理解すると良いでしょう。

印刷業界内定者のエントリーシート(ES)の志望動機例文

印刷業界内定者の志望動機例文

ここまでは、印刷業界で求められる人物像、印刷業界の志望動機の書き方を見てきました。

ここからは、印刷業界内定者のエントリーシートを企業別に紹介していきます。実例を見ることで、印刷業界では実際にどのようなエントリーシートが評価されているのかが理解できるのではないでしょうか。

大日本印刷内定者のエントリーシート(ES)の志望動機例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

大日本印刷の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

凸版印刷内定者のエントリーシート(ES)の志望動機例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

凸版印刷の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

最後に

これまで印刷業界のビジネスモデルや動向を通して、求められる人物像とそれに合致した志望動機の例を見てきました。

前述したように印刷業界では、大手2社に学生の応募が集中する可能性が高く、他の就活生と差別化できる志望動機を考える必要があるでしょう。

本記事にある合格者のESに目を通して、印刷業界に対する志望動機を作成していただければと思います。

印刷業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

印刷業界志望の就活生向けLINEオープンチャット

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に印刷業界志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛 び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

 

印刷業界に関連する記事

印刷業界の「企業研究」に役立つ記事

凸版印刷」の企業研究を行いたい方はこちらから
大日本印刷」の企業研究を行いたい方はこちらから

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
59,787枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録