unistyle

MENU

更新情報2018/11/26(月)内容を更新しました!

【20卒向け 三菱地所】冬期インターン体験記とES・適性検査・面接攻略|合格者ES付

2759 views

    【20卒向け 三菱地所】冬期インターン体験記とES・適性検査・面接攻略|合格者ES付

    掲載開始日:2018年05月16日
    最終更新日:2018年11月26日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    三菱地所は不動産業界の中でも有数の企業です。近年は不動産業も好調であり、今年も多くの応募が集まるでしょう。募集人数30人未満であるため、業界志望度とデベロッパー志望度の高い学生に絞ろうとしています。

    三菱地所のインターンシップはOB訪問を行う上で重要なコネクションができるので、三菱地所を志望している方にとっては絶好の場となるでしょう。

    本記事では、三菱地所の冬期インターンシップに向けて、前半で参加者のインターンレポートを、後半ではES回答方針合格者の回答・解説、また筆記試験・面接対策も示していきます。

    三菱地所 インターンレポート

    ここでは、unistyleに寄せられたインターンレポートを一部抜粋して紹介します。

    レポートを通じて冬期インターンの雰囲気を感じ取っていただけたらと思います。

    インターンの雰囲気

    インターンシップが始まるまで自己紹介の時間などを設けてくれ、とても良い雰囲気だった。

    周りの学生は体育会系が多く、役割もしっかり分けながら勧めていくので、効率よく楽しみながら行えた。ただ専門分野の部分が多く、まちづくりを行うための資料があってもなかなか始めは進まなかった。

    しかし、お互いの大学でも得意分野、私の場合は経済面、など皆でサポートし合うことができるような協調性を持つ学生が多く、最終的には完成した。

    メンターを含む社員との交流

    グループワーク中も常に10人ぐらいの社員さんが近くを歩いて下さり、わたしたちが悩んでいるとこうするといいんじゃない?だったり、ここから始めるといいよといったアドバイスをくださった。



    プレゼンの時は3班1組になり発表し合う。その時社員さんは一人ひとり得意分野が違う人らしく、フィードバックの際に違う角度でコメントをいただいた。

    インターンを通して内定は出るか、また終了後に企業からのアプローチはあったか

    選考には関係あるみたいだが、内定には関係ない。東大、早慶の友達をたくさん使ったが、誰も後日連絡はなし。

    アプローチは無いが、参加したことへのお礼のメールはきた。

    インターンを通じて成長した点

    不動産にもともと興味があり、インターンシップを志望したのだが、利回りなどを計算してまでリアルなまちづくりを行う不動産投資関連についてまでグループワークを行うと思わなかった。

    しかし、このインターンシップを通して、デベロッパーだけではなく、不動産投資Jリートなど、銀行、信託銀行、投資信託委託業者にまで興味を持つことができ、就職活動の幅がとても広がった。

    成長した点は、このインターンシップを終えた後不動産投資の本、マンションは10年で買い換えなさいという本を読み、知識をより深め、三菱UFJ信託銀行に内定を頂けたという点だと思う。長期的な面で成長できたと思う。

    志望度の変化

    やや志望度があがった。

     

    志望度が上がった点に関しては、デベロッパーという作業はもともと計算や利回り、利率、賃料など理系の分野が多く、かつ地道な作業ということは知っていたが、文系でも活躍できる分野が多くあることを知ったから。

    テナント仲介やゼネコンとの契約締結。こういった文系でもとても重要な仕事を出来ることを知れたのはとてもでかく、志望度が上がった大きな点である。

    インターンを希望する後輩へのアドバイス

    グループワークといっても、そこらへんの企業のインターンシップとは桁近いの内容。

    デベロッパーについてだけではなく、仕事内容まで多少は知識がないとグループワーク中もやることが限られてしまい、せっかく大企業のインターンシップに参加したのに何も得ずに終わってしまう。

    なので会社のホームページはもちろん、ゼネコンとデベロッパーの違いや商業施設の作りなど(地下は食料品が多いなど)最低限の勉強はすべき。

    三菱地所 インターンES設問

    ◆あなたが学生生活において、主体となって取り組んだ経験について、その結果どのような変化があったかを含めて、具体的に教えて下さい。 (500文字以下)

    ◆三菱地所のインターンシップに応募する理由について、どのようなことに興味・関心を持っているかを含めて教えて下さい。 (500文字以下)

    設問1

    あなたが学生生活において、主体となって取り組んだ経験について、その結果どのような変化があったかを含めて、具体的に教えて下さい。 (500文字以下)

    設問の意図

    学生生活で取り組んだ経験についての設問です。志望者がその経験でどのように成長することが出来たかを聞いており、成長できた背景やそこでの苦労を見ていると言えるでしょう。

    また、同社の採用サイト内で「自社に共感し自分らしさを懸けても良いと思える場所であるかどうか」が受験資格(の一つ)だと述べています。

    これまでの多様な経験から生み出された自身というものを三菱地所のインターンシップないしは同社に入社後どう活かすことができるのかを明示することが大切になってくると考えます。

    意図を踏まえた回答方針

    三菱地所は求める人物像として、以下の5つの人物像を掲げています。

    ①「志ある人」②「現場力・仕事力のある人」③「誠実・公正である人」④「組織で戦える人」⑤「変革を起こす人」

    20年度卒のインターン選考においてもこの人物像が求められることに変わりはないでしょう。

    エントリーシートにおいて学生生活で取り組んだ「経験」が何だったのかに学生は気をとられがちですが、企業が見ているのは単に取り組んだ「経験」ではなく、どのような姿勢で取り組み、何を学びどのように成長することが出来たかのビフォーアフターを重点的に見ています。

    この設問で学生時代に取り組んだ経験についてどのように変化することが出来たのかを述べながら、求める人物像である「誠実さ」などをアピールできると良いでしょう。

    合格者の回答

    ではここで実際のインターン選考通過者のESをみてみましょう。

    私が学生生活において、主体となって取り組んだ経験は、大学の文化祭実行委員会に所属し、総務局長を務めたことです。総務局長の仕事は、委員が学校側と上手く連携をとる為の窓口となることでした。

    学校側は安全を第一に考えて規模を抑えようとしていましたが、委員側は来場者を楽しませることを最優先に考えているため企画が大きくなりがちでした。そのため、例年では多くの企画において、意見の衝突がありました。

    そこで、私は各責任者や学校側から考えを汲み取り、互いに理解を深めなければ協力体制が築けないと考えました。毎週の会議で各担当者と面談を行い、学校側に報告し、相互の要求に上手く折り合いを付けることで運営を円滑にしました。

    その結果、来場者数も目標を達成し、事件も起きず、名実ともに文化祭を成功させることができました。この経験から、運営を行うためには、組織と周囲の支えを上手く繋げることが出来なければ、大勢の来場者を笑顔にさせるといったような成功は収められないことを学びました。

    さらに、この経験を下の世代に継承させたことによって、毎年同じような課題にぶつかることを防ぐことができました。

    出展:三菱地所 インターンES合格者

    この回答は、課題に誠実に取り組む姿、また、衝突する二つの立場の意見を取り入れ、円滑に運営を進めることができたという点で人と人との繋がりを大事に考えている三菱地所の理念と一致したと考えられたのではないでしょうか。

    さらに、この経験から志望者が学んだ事実を元にして、採用担当に本人の人物像を想像しやすいように書かれています。

    設問2

    三菱地所のインターンシップに応募する理由について、どのようなことに興味・関心を持っているかを含めて教えて下さい。 (500文字以下)

    設問の意図

    インターンシップへの志望動機に関するオーソドックスな設問です。

    三菱地所のインターンシップは募集人数が30名程度と非常に少ないため、志望度が高く、なおかつ志望理由が明確な学生を採用すると考えられます。

    三菱地所のインターンシップでなければならない理由を述べるためには同社の企業研究は必須となりますので、以下などを参考にしつつ書き進めると良いでしょう。

    参考:三菱地所の特徴を解説|業績や社風から見る就活対策・企業研究
    →三菱地所の、ビジネスモデル・社風・選考情報などについて紹介した記事です。本選考向けの記事ですが、業界研究・企業研究にご活用いただけます。

    意図を踏まえた回答方針

    三菱地所にはチャレンジ精神が継承されています。

    自分が三菱地所のインターンシップでどのようなことにチャレンしたいか、またそれを実現していく強靭な意思を持っているのか、なども採用担当は見ていると考えられます。

    応募者数が多く募集人数が少ない三菱地所のインターンシップの募集において、自分がどれだけ、どのようなことを学びたいか、どのようなことにチャレンジをしたいかを明記しましょう。

    合格者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は24027枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    三菱地所 インターン適性検査

    三菱地所の適性検査では、去年度はSPIにて行われました。

    SPIにおいては、解答のスピードが高得点の鍵となるので、問題集を繰り返し解き形式に慣れましょう。

    SPIは対策本やインターネット上でダウンロードできる問題集も電子出版されており、対策がしやすいです。

    来る本選考でも幾度も課せられるものですので、早めに対策を始めることは就職活動全体に対してプラスに働きます。

    また、テストセンターでの受験の場合、受験結果を他社での選考にも使うことができるため、早い時期に結果を出しておけば今後受験する必要が無く、その時間を説明会やES・面接準備などに使うこともできるため、この時期に対策を始めることは非常におすすめです。

    具体的な対策方法に関しては下記の参考記事をご確認いただき、万全の準備で臨んでいただきたいと思います。

    三菱地所 インターン面接

    三菱地所のインターン面接においては、「志望動機」や「学生時代頑張ったこと」といったESを基にした質問や、インターンに期待することなどが聞かれるなど、突飛な質問はされないようです。

    どれもESを書く上で考えるものなので、ESを書く際に考えた内容をうまく伝えられればよいでしょう。ES対策がそのまま面接対策につながるといえます。

    また、インターンの面接ということで、まだ面接になれていない方もいるかもしれません。

    そういった方は是非下記記事を参考にしていただき、しっかりと準備を整えて三菱地所の面接に臨んでいただきたいと思います。

    参考:面接における10の心構え
    →企業の選考として行われる面接において、いきなり行くのではなくまずは心構えとして知っていて欲しいことが書かれている記事です。

    最後に

    三菱地所のエントリーシートは学生時代に取り組んだことや志望動機などオーソドックスな設問であることがほとんどです。

    倍率の高い三菱地所のインターンシップのエントリーシートの記入で、シンプルな設問への回答のなかでも採用担当に志望度が高く動機がはっきりしており、なおかつ三菱地所の求める人物像にいかにマッチしているかをアピールできるようにしましょう。

    ESに書いた内容はそのまま面接でも聞かれると思われますので、是非万全な対策をしていただきたいです。

    三菱地所はOB訪問も採用の上で大事になってくるので、是非ともインターンシップに参加し、人脈をつくりたいですね。

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    24,027枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録