unistyle

MENU

更新情報2019/06/15(土)内容を更新しました!

【21卒向け】三菱地所の冬期インターン内容とES・適性検査・面接突破方法|合格者ES付

5047 views

    【21卒向け】三菱地所の冬期インターン内容とES・適性検査・面接突破方法|合格者ES付

    掲載開始日:2018年05月16日
    最終更新日:2019年06月15日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    三菱地所のインターンES一覧はこちら

    三菱地所は不動産業界の中でも有数の企業です。今年も多くの応募があることが予測されます。例年募集人数が30人前後であるため、業界志望度とデベロッパー志望度の高い学生に絞ろうとしています。

    三菱地所のインターンシップはOB訪問を行う上で重要なコネクションができるので、三菱地所を志望している方にとっては絶好の場となるでしょう。

    本記事では、三菱地所の冬期インターンシップに向けて、前半で参加者のインターン紹介を、後半ではES回答方針と合格者の回答・解説、また筆記試験・面接対策も示していきます。また、最後にデベロッパー業界のインターン情報も紹介しています。

    三菱地所 インターン紹介

    ここでは、unistyleに寄せられたインターンレポートや20卒の最新情報を元に、三菱地所冬期インターンの内容を一部抜粋して紹介します。

    記事を通じて冬期インターンの雰囲気を感じ取っていただけたらと思います。

    インターンの詳細

     

     

    インターンの具体的な課題

    昨年度は、「常盤橋プロジェクトの内容を考える」というテーマでグループワークが行われました。また同時にフィールドワークや講義も実施され、最終日にプレゼンを行うという日程でした。

    インターンをより有意義なものにするために、企業研究やゼネコンとデベロッパーの違い、商業施設の作り方などを予習しておけば、スムーズにグループワークに入れるでしょう。

    インターンを通じて成長できる点

    三菱地所のインターンに参加するメリットとして、業界知識の幅を広げられること、現実に即した実践的な体験ができることが挙げられます。

    利回りといった不動産投資関連についてまでグループワークを行うことで、デベロッパーだけでなく、不動産投資Jリートなど、銀行、信託銀行、投資信託委託業者にまで興味を持つことができます。

    インターンを通じて内定が出るか

    選考には関係があるといった声はあるようですが、インターンそれ自体で内定が出るといったことはなさそうです。

    メンターを含む社員との交流

    グループワークを通じて、数名の社員さんが適宜アドバイスをしてくれる環境のようです。

    また、ランチや最終日の懇親会といった、社員さんと交流する機会が豊富に設けられています。状況次第では、個人的なFBがもらえる機会もあるかもしれません。

    三菱地所 インターンES設問

    ◆あなたが学生生活において、主体となって取り組んだ経験について、その結果どのような変化があったかを含めて、具体的に教えて下さい。 (500文字以下)

     

    ◆三菱地所のインターンシップに応募する理由について、どのようなことに興味・関心を持っているかを含めて教えて下さい。 (500文字以下)

     

    ◆これからの社会の変化を見据え、未来をより良くするために、東京駅前常盤橋プロジェクトにおいて、三菱地所ができることについて自由な発想でお書き下さい。

    設問1

    あなたが学生生活において、主体となって取り組んだ経験について、その結果どのような変化があったかを含めて、具体的に教えて下さい。 (500文字以下)

    設問の意図

    学生生活で取り組んだ経験についての設問です。志望者がその経験でどのように成長することが出来たかを聞いており、成長できた背景やそこでの苦労を見ていると言えるでしょう。

    また、同社の採用サイト内で「自社に共感し自分らしさを懸けても良いと思える場所であるかどうか」が問われると述べられています。

    これまでの多様な経験から生み出された自身というものを三菱地所のインターンシップないしは同社に入社後どう活かすことができるのかを明示することが大切になってくると考えます。

    意図を踏まえた回答方針

    三菱地所は求める人物像として、以下の5つの人物像を掲げています。

    ①「志ある人」②「現場力・仕事力のある人」③「誠実・公正である人」④「組織で戦える人」⑤「変革を起こす人」

    21年度卒のインターン選考においてもこの人物像が求められることに変わりはないでしょう。

    エントリーシートにおいて学生生活で取り組んだ「経験」が何だったのかに学生は気をとられがちですが、企業が見ているのは単に取り組んだ「経験」ではなく、どのような姿勢で取り組み、何を学びどのように成長することが出来たかのビフォーアフターを重点的に見ています。

    この設問で学生時代に取り組んだ経験についてどのように変化することが出来たのかを述べながら、求める人物像である「誠実さ」などをアピールできると良いでしょう。

    合格者の回答

    ではここで実際のインターン選考通過者のESをみてみましょう。

    私が学生生活において、主体となって取り組んだ経験は、大学の文化祭実行委員会に所属し、総務局長を務めたことです。総務局長の仕事は、委員が学校側と上手く連携をとる為の窓口となることでした。

    学校側は安全を第一に考えて規模を抑えようとしていましたが、委員側は来場者を楽しませることを最優先に考えているため企画が大きくなりがちでした。そのため、例年では多くの企画において、意見の衝突がありました。

    そこで、私は各責任者や学校側から考えを汲み取り、互いに理解を深めなければ協力体制が築けないと考えました。毎週の会議で各担当者と面談を行い、学校側に報告し、相互の要求に上手く折り合いを付けることで運営を円滑にしました。

    その結果、来場者数も目標を達成し、事件も起きず、名実ともに文化祭を成功させることができました。この経験から、運営を行うためには、組織と周囲の支えを上手く繋げることが出来なければ、大勢の来場者を笑顔にさせるといったような成功は収められないことを学びました。

    さらに、この経験を下の世代に継承させたことによって、毎年同じような課題にぶつかることを防ぐことができました。

    出展:三菱地所 インターンES合格者

    この回答は、課題に誠実に取り組む姿、また、衝突する二つの立場の意見を取り入れ、円滑に運営を進めることができたという点で人と人との繋がりを大事に考えている三菱地所の理念と一致したと考えられたのではないでしょうか。

    さらに、この経験から志望者が学んだ事実を元にして、採用担当に本人の人物像を想像しやすいように書かれています。

    設問2

    三菱地所のインターンシップに応募する理由について、どのようなことに興味・関心を持っているかを含めて教えて下さい。 (500文字以下)

    設問の意図

    インターンシップへの志望動機に関するオーソドックスな設問です。

    三菱地所のインターンシップは募集人数が30名程度と非常に少ないため、志望度が高く、なおかつ志望理由が明確な学生を採用すると考えられます。

    三菱地所のインターンシップでなければならない理由を述べるためには同社の企業研究は必須となりますので、以下などを参考にしつつ書き進めると良いでしょう。

    参考:三菱地所の特徴を解説|業績や社風から見る就活対策・企業研究
    →三菱地所の、ビジネスモデル・社風・選考情報などについて紹介した記事です。本選考向けの記事ですが、業界研究・企業研究にご活用いただけます。

    意図を踏まえた回答方針

    三菱地所にはチャレンジ精神が継承されています。

    自分が三菱地所のインターンシップでどのようなことにチャレンしたいか、またそれを実現していく強靭な意思を持っているのか、なども採用担当は見ていると考えられます。

    応募者数が多く募集人数が少ない三菱地所のインターンシップの募集において、自分がどれだけ、どのようなことを学びたいか、どのようなことにチャレンジをしたいかを明記しましょう。

    合格者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は32935枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    設問3

    三菱地所への理解度流動的な社会のトレンドをどう捉えているかが問われている設問だと言えるでしょう。

    東京駅前常盤橋プロジェクトはもちろん、三菱地所について調べて得た情報を踏まえて解答すると良い評価につながるのではないでしょうか。

    また、日頃から自治問題に関心を持ち、社会的課題を見つけられるかという点がポイントになります。

    意図を踏まえた解答方針

    不動産の仕事では、流動的な社会のトレンドを捉えてここに「住みたい」「訪れたい」「仕事環境を置きたい」と皆が思う環境を創出することが求められます。

     

    流動的な社会のトレンドをどう捉えているか、また柔軟な発想力などが見られていると考えます。

    社会的なトレンドが事実であるか、そこから求められる社会的課題、自分のアイデアがその課題をどう解決するかを明記しましょう。

    合格者の解答

    現在、合格者のレポートが提出されていないため省略させていただきます。

    三菱地所 インターン適性検査

    昨年度の三菱地所の適性検査は、玉手箱形式のWebテストで行われました。

    玉手箱のテストは問題形式が一定であるため、SPIに比べて対策はしやすいと思います。そのため玉手箱の対策自体にはそこまで時間をかけなくても良いでしょう。 この玉手箱を攻略するために最も必要となるのは素早く正確に解くことだと思います。

    問題集を1冊買い、実際に問題をいくつか解く事で素早く正確に解く練習をすると良いでしょう。

    来る本選考でも幾度も課せられるものですので、早めに対策を始めることは就職活動全体に対してプラスに働きます。

    また、テストセンターでの受験の場合、受験結果を他社での選考にも使うことができるため、早い時期に結果を出しておけば今後受験する必要が無く、その時間を説明会やES・面接準備などに使うこともできるため、この時期に対策を始めることは非常におすすめです。

    具体的な対策方法に関しては下記の参考記事をご確認いただき、万全の準備で臨んでいただきたいと思います。

    三菱地所 インターン面接

    三菱地所のインターン面接においては、「志望動機」や「学生時代頑張ったこと」といったESを基にした質問や、インターンに期待することなどが聞かれるなど、突飛な質問はされないようです。

    どれもESを書く上で考えるものなので、ESを書く際に考えた内容をうまく伝えられればよいでしょう。ES対策がそのまま面接対策につながるといえます。

    また、インターンの面接ということで、まだ面接に慣れていない方もいるかもしれません。

    そういった方は是非下記記事を参考にしていただき、しっかりと準備を整えて三菱地所の面接に臨んでいただきたいと思います。

    参考:面接における10の心構え
    →企業の選考として行われる面接において、いきなり行くのではなくまずは心構えとして知っていて欲しいことが書かれている記事です。

    ディベロッパー業界 インターン情報

     

    総合デベロッパー業界は、三菱地所以外にも住友不動産や東急不動産など多く存在しています。
     

    三菱地所以外のインターン情報も参考にしてみるといいかもしれません。

     

    最後に

    三菱地所のエントリーシートは学生時代に取り組んだことや志望動機などオーソドックスな設問であることがほとんどです。

    倍率の高い三菱地所インターンシップのエントリーシートの記入においては、シンプルな設問への回答のなかでも、志望度が高く動機がはっきりしており、なおかつ三菱地所の求める人物像にいかにマッチしているかを採用担当者にアピールできるようにしましょう。

    ESに書いた内容はそのまま面接でも聞かれると思われますので、是非万全な対策をしていただきたいです。

    三菱地所はOB訪問も採用の上で大事になってくるので、是非ともインターンシップに参加し、人脈をつくっておくといいでしょう。

    三菱地所の選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

    unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
    ・公式Twitterアカウント
    ・公式Facebookアカウント

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    32,935枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録