MENU

Bay 680*80

更新情報2016/12/09(Fri)内容を更新しました!

丸紅の面接過去質問リスト38選

掲載開始日:2014年10月21日
最終更新日:2016年12月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
就職活動や転職活動においては、選考過程における面接の比重は高く、総合商社においても面接を3〜4回程度実施し、じっくりと対象者の評価を行っているようです。16卒では丸紅が秋期インターンシップを開始しています。(詳細はこちら)恐らくエントリーシート提出後には1回〜2回程度の面接を経て、インターンシップ参加が可能になると思われます。今回は過去の丸紅で課された質問について、グループ分けして紹介します。どのような回答が望ましいかについては、下記の総合商社が求める人材系のコラムを参考にしてください。
 
 
 

学生時代の経験に関する質問

 
・学生時代に最も力を入れたことについて教えてください。
・学生時代に取り組んだことについて、なぜ取り組んだのか教えてください。
・学生時代に取りくんだことについて、苦労したこと、困難だったことについて教えてください。
・学生時代に取り組んだことについて、学んだこととそれが現在どのように活かされているか教えてください。
 
定番と言える学生時代頑張ったことに関する質問になります。16卒丸紅インターンのエントリーシートで書くべき内容でも書いた通り、学生時代頑張ったことを通して、総合商社という業界で働くのにふさわしい人物かどうかを面接官は知りたいと感じています。どういった人材が求められており、どのエピソードであればそれを伝えることができるのか考えた上で伝えるようにしましょう。
 
なお、面接における質問の意図については下記のコラムも参考にしてください。
 
 
 

あなた自身に関する質問

 
・自己PRを含めて自己紹介をしてください。
・周りからどんな人と言われるか教えてください。
・今までで一番の挫折経験について教えてください。
・どのようなタイプのリーダーだったのか教えてください。
・周りをまとめる際に苦労した経験について教えてください。
・周りをまとめる際に一番大切にしたこと、心がけたことについて教えてください。
・あなたの長所と短所について教えてください。
 
自己PRやあなた自身に関する質問についても、上記の学生時代頑張ったこと同様に、総合商社という業界で働くのにふさわしい人材かどうかを見極めようとしてされています。重要なのは、リーダーシップ経験よりも、「周りをまとめる際に一番大切にしたこと、心がけたことについて教えてください。」のように、「方法論」の部分であると言えます。実績を並べ立ててリーダーシップをアピールするよりも、リーダーとしてふさわしい考え方やリーダーとしての方法論があるかどうかをアピールした方が説得力があるでしょう。詳しくは下記のコラムも参照してください。
 
 
また自己PR関連の質問の意図については下記のコラムも参考にしてください。
 
 
 

学業に関する質問

 
・専攻内容について詳しく教えてください。
・その専攻内容を勉強した理由について教えてください。
・(成績表を見ながら)どの科目に力を入れたかおよびその科目が実生活においてどのように活きるのか教えてください。
 
学業についての質問は非常に多いのですが、特にアカデミックな勉強内容そのものが求められているわけではありません。総合商社だから経済や経営について勉強してきた学生が有利といったことはありません。その学問を選んだ理由や専攻内容を知らない人にもわかりやすく説明できるかどうかを通して、その人自身の頭の良さを評価されているものだと思います。上記の質問にある通り、アカデミックな勉強内容が実生活にどのように活かされるのか端的に説明できるとよく勉強しており、高いレベルで物事を理解していることを伝えられるように思います。
 
 

志望動機に関する質問

 
・企業選びの際に重視することについて教えてください。
・他にはどんな業界を受けているか教えてください。
・他業界ではなく総合商社を志望する理由について教えてください。
・他の総合商社ではなく丸紅を志望する理由について教えてください。
・丸紅の中でもどの事業や部門に入りたいのか具体的な部署について教えてください。
・希望の配属先に配属されなかったらどう考えるのか教えてください。
・入社したらやってみたいビジネスについて教えてください。
・入社5年後のビジョンについて教えてください。
・(理系学生に対して)なぜ研究者ではなく文系就職をしたいのか理由を教えてください。
・(理系学生に対して)なぜメーカーではなく、総合商社を志望するのか理由を教えてください。
 
総合商社は志望動機をかなり重視するように感じています。①企業選びの上で重視することは何か⇒②企業選びに合致する業界はどのような業界か⇒③他業界ではなく総合商社が第一志望の理由⇒④総合商社の中でも丸紅を志望する理由⇒⑤丸紅の中で興味のある事業・部署⇒⑥総合商社の中でやりたいビジネスといった流れで大枠から整理して、論理的に一本筋の通った回答をすることが最低限求められています。
 
志望動機に関する質問の意図については下記のコラムを参考にしてください。
 
 
 

その他思考力を問う質問

 
・アベノミクスが商社に与える影響について教えてください。
・(インド滞在経験があったと回答)なぜバンガロールはIT産業が盛んなのか自分なりの考えを教えてください。
・(挑戦できる環境が重要と回答)挑戦とは何だと思うのか教えてください。
・(挑戦できる環境が重要と回答)挑戦しづらい環境で挑戦する方がよりレベルの高い挑戦だとは思いませんか。
・(エネルギー事業に興味があると回答)シェールガスの開発により、今後、ガスは余剰が出ると考えられるがどうすべきか教えてください。。
・(エネルギー事業に興味があると回答)余剰になるエネルギーに対してどのように需要を刺激するべきだと考えるか教えてください。
・最近のニュースで最も関心のあることについて教えてください。
・(エネルギー事業に興味があると回答)エネルギー問題について、原発問題と石油使用による地球温暖化およびエネルギー輸入による貿易収支の悪化についてあなたなりの意見を教えてください。
・(新興国に興味があると回答)どうやって新興国の生活レベルを向上させるべきだと思うか、自分の考えを教えてください。
・今後の為替がどのように推移すると思うか、あなたの意見を教えてください。
・TPPについて日本はどうすべきだと思うかあなたの意見を教えてください。
・TPPについて総合商社に与える影響についてあなたの意見を教えてください。
・(新興国に興味があると回答)具体的にどの国が狙い目かあなたの意見を教えてください。
・最後に質問や言い残したことがあればどうぞ。
 
総合商社の面接においては上記のように世の中の問題や課題についてどの程度関心があり、深く考えることができているのかが問われているケースが散見されます。こういった問題は準備するのが非常に難しいのですが、基本的にはあなたの回答について深堀するケースが多いので、常日頃からニュースに関心をもち、新聞を読むだけでなく、ニュースについて解説されたブログやTwitterなどで様々な考え方に触れておくと質問にも答えやすくなるでしょう。
 
原発問題について、上記では聞かれていますが、「原発が悪い!」など片方からの見方だけでなく、原発を使用しないことによるデメリットなども含めて考えた意見が求められていると言えます。TPPについてもTPPに参加することによるメリットとデメリットについておさえた上で自分の考えがあるかどうかが問われていると言えます。
 
 

最後に

総合商社は人気が高く、多くの学生が応募してくるため、競争も激しく、そのため面接においても学生について深く質問するケースの面接が多いように感じます。面接においては上記のように質問される内容はある程度決まっており、入念に準備することが可能です。しっかりと準備を行い、自信を持って答えることができた上で、後は運と縁の世界になると思いますので、志望度の高い業界については入念に準備することをおススメします。
 
 

credit: photosteve101 via FindCC

【参考】丸紅内定者の回答

学業において熱心に取り組んだこと(300文字以内)

ゼミ活動に熱心に取り組みました。具体的には、大学のゼミで行ったバングラデシュの農村でのフィールドワーク調査と結果の分析・論文執筆作業です。内容としては、バングラデシュで起きた干ばつが農村の家計と教育状況にどのような影響を与えているかについてバングラデシュの農村で3週間ほどかけて調査しました。調査方法としては、100項目以上の質問について農村の全家計である約350家計を一軒一軒まわることで回答を得ました。私は、現地でのフィールドワーク調査中は現地語の通訳とともに質問表の回答を集める調査員としての役割を果たし、調査後は分担して論文を書く作業と韓国の大学での研究交流会での想定質問の準備を担当しました。


    Meetscompany 336*280
    Simplex 336*280
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle