unistyle

MENU

更新情報2019/05/28(火)内容を更新しました!

【21卒向け】JT(日本たばこ産業)インターンES選考攻略|合格者ES付

【21卒向け】JT(日本たばこ産業)インターンES選考攻略|合格者ES付

最終更新日:2019年05月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JTのインターンES一覧はこちら

「人のときを、おもう。JT」。テレビCMも多く流れ、誰もが1度は見かけたことがある企業なのではないでしょうか。

そんなJTの中核事業であるたばこ事業は国内シェア6割超え、世界シェアは第3位です。

シェア率の高いたばこ事業だけではなく、冷凍麺や冷凍米飯を取り扱う「テーブルマーク」の加工食品事業や日本、米国の会社とグループを結び医薬品事業も展開しています。

本記事では20卒のJTのインターンシップ合格者のESに沿って解説していきます。

JTとは

JTは、国内で唯一のたばこメーカーです。国内でのシェアが60%以上とたばこメーカーとしての印象が強いJTですが、近年では加工食品・医薬品分野にも力を入れているのが特徴です。

また、国内だけに留まらず世界各国にJTの商品は広がっているため、グローバルに働きたい就活生は是非JTも視野に入れてみるべきだと思われます。

JTは業界分類では食品メーカーにカテゴライズされ、基本的にはたばこというモノを作って売るというメーカー一般にあるビジネスモデルとなっています。そのモノの対象が近年ではたばこだけでなく医薬品・加工食品と増やされているということになります。
参考:JT(日本たばこ産業)の志望動機対策|事業内容の理解なくしてES通過なし

JTインターンシップ体験記

ここからは実際にJTのインターンシップに参加した19卒の学生の声を一部抜粋して記載します。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

JTインターンシップ選考フロー

21卒のインターンシップの情報がまだ解禁されていない為、19卒のインターンシップの情報をもとに記載しています。19卒のインターンシップの選考は次の様になっていました。

・ES、Webテスト→集団面接(学生:面接官=2:1)

オーソドックスなインターン選考となっています。JTは、インターンに参加することで本選考で有利に働くこともあるようです。本選考対策にもなるので、JTを志望する学生は積極的に応募しましょう。

JTインターンシップES解説

設問①:これまでの人生で、あなた自身の成長を最も後押しした言葉はなんですか?その理由もあわせてお答えください。他人からもらった言葉でも、自らたどり着いた言葉でも、どちらでも構いません。(400~1000文字)
設問②:あなたは、将来どんな60歳を迎えたいですか?自由にお答えください。(400~1000文字)

JTのインターンシップのESは2問構成になっています。よくある「ガクチカ」「自己PR」とは違い、難しい設問に感じられますが、ESを通して学生のパーソナルな部分を測ろうとしているようにも感じられます。ここからは、実際に20卒のインターンシップのESを用いて解説をしていきます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

JT(日本たばこ産業)は、食品の事業展開をしていることもあり、食品メーカーを目指す学生からの志望も高い企業です。

同社の中核企業のたばこ事業においては、130以上の国や地域に事業展開していることからグローバルな成長企業でもあります。

たばこの販売経路もいままでの主流であるBtoCだけでなくコンビニエンスストアなどBtoBへの変化や、紙巻きたばこから加熱式たばこへの市場の変化があるなど、今後の市場拡大が非常に注目が集まっています。

消費者に近い立ち位置にいる企業であり、流行への変化に対応することから、時代の流れに敏感な学生にとって魅力的な企業であると思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
36,217枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録