MENU

Libcon 680*80

更新情報2016/12/09(Fri)内容を更新しました!

アビームコンサルティングのESと採用HPから考えるアビームコンサルティングの求める人材

アビームコンサルティングのESと採用HPから考えるアビームコンサルティングの求める人材

掲載開始日:2015年07月24日
最終更新日:2016年12月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回紹介するのは東京・大手町にあるアビームコンサルティングです。マッキンゼーやボストンコンサルティングのような戦略コンサルティングを中心としている会社とは異なり、上流の 戦略からBPR、システム実装、アウトソーシングまで一貫したサービスを提供する幅広い業務を行っています。また「日本発、アジア発のグローバルコンサルティングファーム」を掲げ、3つの総合力(業界×サービス×グローバル)、「Real Partner」を特徴としたアジア最大級の総合コンサルティングファームです。欧米流のグローバルスタンダードを単に当てはめていくのではなく、日本企業の意思を尊重しつつ、現地の価値観(文化や慣習)を重視した日本流のコンサルティングスタイルをとることが特徴で、スポーツ領域等特殊な業界にも強みを持っています。

今年度、アビームコンサルティングは17卒向けにサマーインターンを実施しますが、16卒アビームコンサルティングの本選考ESも良問になっておりますので、コンサルティング業界を受けようと考えている方は参考にしていただければ幸いです。


また、同じコンサルティング業界であるマッキンゼーやボストンコンサルティンググループの記事も参考になると思うので、確認してみてください。

◆マッキンゼーのESから考えるマッキンゼーが求める人材
 

◆BCGのESと採用HPから考えるBCGが求める人材


◆16卒アクセンチュア本選考ESで書くべき内容

◆IBMのESと採用HPから考えるIBMの求めている人材
 

 

求める人物像

求める人物像
1、自ら考え行動できる人
2、周りを巻き込んで前に進める人
3、チャレンジを楽しめる人
4、負けない人
どのようなことにも強い意志を持って取り組むタフさを持っている人
アビームコンサルティングHPより抜粋)


コンサルティング会社はクライアントの課題に対して解決策を提案します。クライアント企業の人が中にいても気づくことのできなかった問題や課題に対しての提案が中心となるため、「自ら考え行動できる人」「チャレンジを楽しめる人」という人が求められる人物像になります。
またアビームコンサルティングの主要なIT分野・システム開発となるといわゆるSier的な要素も強く、クライアントと長い時間をかけて信頼関係構築⇒ニーズ・課題の抽出⇒提案⇒実行という仕事内容になります。したがて困難にあたっても逃げず、最後までやり抜くという「負けないこと」「どのようなことにも強い意志を持って取り組むタフさを持っていること」も重要となってきます。
加えて必要なのは論理的思考力だけではなく、長い時間クライアントと苦楽をともにする人間性の部分になります。また外部の人間の立場として企業がよりよくなる方策を考え、実行までのプランニングを行うことになりますが、そのためプランを提案するだけではなく実際に内部の人を動かしプランを実行するという「周りを巻き込んで前に進める」「リーダーシップ」という力も必要になります。

元マッキンゼーの採用担当をしていた伊賀氏の著作の中にも、コンサルティング業界志望者の中でケース面接ばかりが注目されているのを危惧していることが書かれています。マッキンゼーの解説記事にもあるように、論理的思考力は前提としてその先のリーダーシップが重要であると考えられます。


またなぜ企業は学生にリーダーシップを求めるのかということは有名ブロガーのちきりんさんが自身のブログで解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

参考:なんで全員にリーダーシップを求めるの?

 

設問内容

1.あなたが自分で考え行動し、結果(成果)を残した最も大きな経験を教えてください。

2.あなたが一番苦労した場面と、それをどう乗り越えたのかを教えてください。

3.あなたが物事に取り組むにあたり軸としている考え方は何ですか
またその理由とそれに基づくエピソードを教えてください。

 

1つ目の設問

1.あなたが自分で考え行動し、結果(成果)を残した最も大きな経験を教えてください。

 

いわゆる「学生時代に力を入れたこと」ととらえて良いでしょう。ここでは先に引用したアビームコンサルティングの求める人物像を意識しながら、学生時代のゼミやサークル・学生団体の経験について「自分で考えて行動したこと」について述べるのが良いでしょう。上記の求める人物像の中でも「自ら考え行動できる人」「周りを巻き込んで前に進める人」に焦点を当てた設問と言えます。受験勉強等個人として高い目標に挑戦したという話をあげる人がいると思いますが、コンサルティング業界の仕事内容を考慮するとチームとして何か行動した経験の方が共感される可能性が高いのではないかと考えられます。


2つ目の設問

2.あなたが一番苦労した場面と、それをどう乗り越えたのかを教えてください。

 

上記で説明した求める人物像の中でも「チャレンジを楽しめる」「負けない精神力」に焦点を当てた設問だと言えるでしょう。苦労した場面に対し乗り得るために様々な解決策があるのに対しなぜ、その解決策を選定したのか理由まで書くとにコンサルティング業界の仕事に必要な論理的思考力のアピールにもなります。またその中で自分はどのような役割(リーダーシップ)を取ったのかを述べると自分の人柄を伝える自己PRになります。
面接ではこの設問に対し一歩踏み込んでどう乗り越えたのではなくなぜ乗り越えられたのか・何をモチベーションとして頑張れたのか問われることもあります。これは次の設問である「自分の物事に取り組む軸」と一貫している必要があり、またここまで問われることを想定しながらエントリーシートを書くと面接でも一貫性のある回答が期待できます。

 

3つ目の設問

3.あなたが物事に取り組むにあたり軸としている考え方は何ですか

またその理由とそれに基づくエピソードを教えてください。

 

これはその人自身の価値観についての設問です。クライアント企業の中の人でも解決できない仕事を依頼され、多くの困難が予想される中で、応募者はどのような信念を持って仕事に取り組むのかその姿勢について質問されています。正解不正解はなく、むしろ「なぜ◯◯という軸を持って取り組むのか」という理由の方が重要になります。なぜそのような軸を持つようになったのか・どのような生い立ちのきっかけがあるのかをきちんと明示すると、読み手に対する説得力も増します。


「あなたの人生で大切にしている軸は何ですか?」という設問に対して気もあるので、こちらも一読してみてください。

参考:「あなたが日ごろ大切にしている軸(モットー)は何ですか?」という設問に対する内定者の回答事例集
 

最後に

アビームコンサルティングの求める人物像は、コンサルティング業界の他の多くの企業にも当てはまるものだと考えます。「コンサルティング」という仕事内容の境界が曖昧になり、戦略だけでなくシステム開発まで一貫してクライアントに価値を提供するファームが増えている中、企業文化の何が自分の中に響いたのか、そしてなぜそれが響いたのかを自分らしく論理的に伝えられるよう考えていただければ幸いです。


参考:「同業の中でもなぜうちの会社か?」という質問に驚くほど簡単に答える三つのアプローチ
 

photo by Tim Green

アビームコンサルティング通過者の回答

◆自分で考え行動し、結果(成果)を残した最も大きな経験を教えてください。
※入学試験は除く (全角200文字以上400文字以内)  

 
歌唱力の向上である。私は現在大学において男声合唱団に所属している。私は入団した当初全くの合唱初心者であり、自分の歌唱力の低さが悩みであった。しかし自分一体に何が足りないのか分からなかった。そこで歌の上手い先輩何人かに直接歌唱指導を頼み込んだ。その中で自分に足りないものの答えに辿りついた。ブレスコントロールつまり腹式呼吸が苦手だったのだ。それ以来毎晩寝る前に腹式呼吸の練習をした。具体的には息を長く保つ練習と一度に強く吐く練習を15分程度行なった。三ヶ月程経つと練習の効果が見えてきて、正しい腹式呼吸により安定して歌うことが可能になった。私は自身の歌唱力を向上させたことにより自信を持ち、曲中のソロにも立候補し、そしてソリストに選ばれるようになった。かつての自分と同様に歌唱力の自身のない団員へのフォローも行うようにもなった。歌唱力が向上したおかげで前向きで他人を思いやる人間になれたのだ。


    Idom ignition 336*280
    18campaign 336*280
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle