MENU

Bay 680*80

更新情報2016/12/09(Fri)内容を更新しました!

三井化学のESと採用HPから考える三井化学の求める人材

掲載開始日:2014年11月28日
最終更新日:2016年12月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

素材メーカーは目立たない製品を扱っていることから就活生からの人気、特に文系学生からの人気はそこまで高くないと言えます。一方で海外売上高比率が高く、業界内のシェアも高い競争力の高い優良企業が多いと言われています。今回は素材メーカーの中でも総合化学メーカーとして、原料から素材製品までを一貫して手がけている三井化学の採用HPとエントリーシートから求める人材を考えたいと思います。
 
なお、同業界にあたる東レについては既に求める人材について書いていますので参考にしてください。
 
 
 
担当している製品は、三井化学の機能製品事業のルーツのひとつであるワックス。塗料の質をよくしたり、プラスチックの成型加工をしやすくしたりと、幅広い産業で様々な用途に使われる材料です。
私は日本およびインド、タイ、インドネシア、シンガポール、韓国など、中国以外のアジア地域の140社を担当。数が多いため、商社などと協力して、効率よく迅速な対応を行っています。
営業担当として一番うれしかったのは、韓国で新規の契約を獲得できた時。お客様のニーズを掘り起こし、当社製品の特性を試してもらうという努力を1年間続け、ようやく採用されました。
機能材料の営業は、製品の様々な特性を理解し、お客様の用途を考え、それに応じた営業資料を自分で作成し、根気よく通いながら提案し、テストしていただき、お客様と一緒に育てていくビジネスです。その創り上げていくプロセスが最後に契約というかたちに結実したときに大きな達成感を味わうことができます。
(三井化学採用HPから一部引用)
 
三井化学の事務系の働き方は、上記の通り、メーカーに対して、三井化学の素材を使えばどのような製品ができるのか考え、提案していくスタイルになります。営業先のメーカーの担当者と信頼関係を構築し、ニーズを引き出し、一緒に製品を作っていくことが求められます。製品開発においては、研究部門の人とも連携しながらどうすれば顧客のニーズに応えることができるのか営業、研究部門、顧客と三者が協力して行います。このような仕事では下記のような人材が求められていると考えられます。
 
①営業先のメーカー、研究開発の橋渡し役として価値観や立場の異なるメンバーと協力関係を築き、新規製品の開発に繋げることのできる人材
②営業先メーカーと一対一の信頼関係を構築し、その企業の課題や問題点を引き出し、自社の製品を持って解決ができることを提案し、成果に繋げることのできる人材
③営業先メーカー、研究開発など様々な関係者をまとめてよりよい製品作りを主体的にリードできるリーダーシップのある人材
 

三井化学設問内容

 
学生時代に打ち込んだ事を教えて下さい。 400 文字以内
あなたの強みは何ですか?また弱みは何ですか? 200 文字以内 これまでに一番苦労した経験について教えてください。またそれをどのように克服しましたか? 400 文字以内
入社〜中期間(5〜10年後)のキャリアイメージを教えてください。 200 文字以内
あなたが就職活動において大切にしていることや、企業選びのポイントを教えてください。 200 文字以内
 
 

一つ目の設問

 
学生時代に打ち込んだ事を教えて下さい。 400 文字以内
 
いわゆる学生時代頑張ったことです。上記の通り、三井化学が求める人材であることを伝えることのできるエピソードがよいでしょう。学生時代の経験で言えば、例えば、研究室において、教授、院生、協力的なゼミのメンバー、体育会などで積極的に参加しないメンバーなど様々な考えを持った人をまとめて共同論文を書き上げた経験などから語れるでしょう。
 
 

二つ目の設問

 
あなたの強みは何ですか?また弱みは何ですか? 200 文字以内
 
強みについては上記の三井化学が求めている人材に合致する能力がよいでしょう。個人として努力して成果をあげることができるといった個人に紐づく強みだけでなく、周囲と協力して成果をあげられるなど組織の中で活かせる強みだとより評価される可能性が高いかもしれません。
 
下記の内定者のエントリーシートでは、「真摯な姿勢と粘り強い行動力を持って、周囲を巻き込んでいけることである」を強みとしてあげています。
 
 
 

三つ目の設問

 
これまでに一番苦労した経験について教えてください。またそれをどのように克服しましたか? 400 文字以内
 
苦労した経験についても、上記の通り、三井化学が求めている人材に合致するものをあげるとよいでしょう。もちろん上記二つの質問で、組織の中でどういった役割を果たすことができるのか十分に説明している場合は、補欠からレギュラーになったなど、個人としての努力系の話に焦点を当てるのもよいかもしれません。
 
下記の内定者は高校時代にバレーボール部を作った経験を書くことで、周囲と共に目標を達成できることを伝えています。
 
 
 

四つ目の設問

 
入社〜中期間(5〜10年後)のキャリアイメージを教えてください。 200 文字以内
 
素材メーカーは一般になかなか知られることのない業界のため、仕事理解が十分か確認する上でこのような質問をしていると考えられます。どの部門で働きたいのか、どのように成長していきたいのか具体的に仕事を理解していることを示せるとよいでしょう。
 
下記の内定者は、提案営業のノウハウと化学業界の理解を深めるために営業を志望し、その後は法務や経理などバックオフィスを経験することで再度、営業に配属された際に経験を活かしたいと語っています。
 
 
 

五つ目の設問

 
あなたが就職活動において大切にしていることや、企業選びのポイントを教えてください。 200 文字以内
 
いわゆる企業選びの軸です。多くの学生が自分の経験に紐づかないままに、「成長できる企業がいい」、「働いている人が輝いている企業がいい」などと漠然とした企業選びの軸を語りがちですが、あくまで自分の経験に基づき、その業界の仕事に適正があることを示すことが求められています。
 
企業選びの軸の設定方法については下記のコラムを参考にしてください。
 
 
 
下記の内定者は海外で育った経験や世界的イベントでのボランティア経験から、「日本の技術力をもって、強い日本を世界に発信することができる企業」というのを企業選びの軸として設定しています。
 
 
 

最後に

 
企業選びの軸は多くの学生が戸惑うものですが、自分の経験からどんな仕事なら向いているかを伝えることを意識するとある程度イメージできるのではないでしょうか。上記の内定者の「日本の技術力をもって、強い日本を世界に発信することができる企業」という企業選びの軸であれば、海外展開しているメーカー、商社、金融なども当てはまると言えるでしょう。当てはまる業界をそれぞれ比較しながらなぜメーカーなのか、なぜ商社なのか語れると志望動機はほぼ完璧と言えます。下記のコラムも参考に志望動機については考えてみてください。
 
 
また、引き続き三井化学内定者のエントリーシート解説も行っております。是非ご覧ください。
 

credit: YLegrand via FindCC

三井化学内定者の回答(5~10年後のキャリアイメージ)

入社〜中期間(5〜10年後)のキャリアイメージを教えてください。 200 文字以内

入社後の数年間で営業を経験し、提案型営業のノウハウと化学業界の理解を深めた後に、法務又は経理に携わりたいと考えている。法務で契約におけるポイントや急所に対する感覚を磨いたり、経理で全社的な目線でコスト意識を身につけたりすることで、再度営業に配属された際にそれらの経験を活かしたい。そして、ゆくゆくは目標である「日本の技術力をもって、強い日本を世界に発信する」ことができる営業マンになりたい。


三井化学内定者の回答(就職活動において大切にしていること、企業選びのポイント)

あなたが就職活動において大切にしていることや、企業選びのポイントを教えてください。 200 文字以内  

「日本の技術力をもって、強い日本を世界に発信する」ことができるかを軸としている。
海外で育ちながらも日本を人一倍意識し、誇りに思うようになったこと。一方で現在の世界における日本の苦境に悔しさを覚えるようになったことから、日本人として世界を舞台に働きたいと考えている。そしてIMF世銀総会ボランティアでの企業の最先端技術の紹介を通し、日本の技術力は依然世界に通用すると強く実感し冒頭の想いを抱いていた。"


    Meetscompany 336*280
    Open 336*280
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle