Bay 680*80
2959834115 85e3e55753

ボストン・コンサルティング・グループの面接過去問リスト26選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載開始日:2014年11月01日
最終更新日:2016年12月09日
12694views

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループなどに代表される戦略コンサルの面接においては、「ケース面接」と言われる特徴的な面接形式が採用されていることが有名です。ケース面接において受検者の地頭が問われているのは間違いないでしょう。
しかし一方で、そうした思考力の部分ばかりがフィーチャーされ過ぎている面もあります。コンサルタントは知的な職業ですが、立案した戦略を実行する段階においては、いかにクライアントからの信頼を得るかという人間性の部分が重要になってきます。面接選考過程においても、「地頭の部分で足切りを行う → 価値観や人間性を見極める」という順序で行われているようです。
また、ボストン・コンサルティング・グループでは採用HP内で求める人材について定義しており、①インテレクチュアル(思考力)、②インターパーソナル(人間性)、③成長力の3つを挙げています。
詳しくは下記コラムを参照していただければと思います。
 
 
今回はボストン・コンサルティング・グループの面接過去問についてまとめました。
 
 

ケース問題など思考力を問う質問

 
・1年間の東海道新幹線の利用者数を計算してください。
→利用者を1.5倍にする方法はないか。
・スマートフォン経由の通信販売の市場規模はいくらか計算してください。
→その市場規模を1年で4倍にするためにはどんな施策を行えばいいでしょうか。
・(iPhoneを使っている人に対して)1ヶ月でiPhoneの売上を2倍にする方法を考えてください。
・山手線の1日の乗降者数は何人いるでしょうか。
・東京都内には何台のタクシー車両があるでしょうか。
・東京都内の八百屋の数を求めてください。
・日本にある傘の本数を計算してください。
・日本では毎年何組が結婚するか計算してください。
・日本に高校は何校あるでしょうか。
・日本にサッカーボールはいくつあるでしょうか。
・今この瞬間にサッカーをしている人の数は何人いますか。
・あなたの所属しているサークルを使ってお金を稼ぐ方法を考えてください。
・50年後に携帯電話はどうなっていると思いますか。
 
思考力を問う質問は、①計算のみ(フェルミ推定)、②売上アップ方法など(ビジネスケース)、③その他(50年後の携帯電話など)の3種類に大別されます。また、フェルミ推定のテーマなどは面接官がその場で考えるということもあるようです。
「サッカーが趣味です → 日本のサッカー人口を求めてください」
「今日は山手線と◯◯線を使ってきました → 山手線の乗降者数を求めてください」
「テニスサークルに所属しています → テニスサークルを使って稼ぐ方法を考えてください」
「コーヒーが好きです → 最寄りのスターバックス店舗の売上はいくらか計算してください」
このように、あなたの自己紹介などに基づいて出題されることも予想されるため、自分だったらどのような内容の質問が飛んできそうかということは少し考えておいてもよいでしょう。
また、BCGで課されたケース問題の回答例は筆記・面接ともに無料会員限定で公開しているため参考にしてください。
 
 

あなた自身に関する質問

 
・自己PRを含めて自己紹介をしてください。
・周りからどんな人と言われるか教えてください。
・周りからどんな人だと思われたいのか教えてください。
・5年後、10年後にはどんな人間になっていたいですか。
・あなたが大切にしている価値観と具体的なエピソードを教えてください。
・あなたの周囲にはどんな人が多いですか。また、どんな人と一緒にいたいと思いますか。
・目標とする人はいますか。また、逆にこんな風になってはいけないと思う人はいますか。
・あなたの長所と短所について教えてください。
 
こちらはあなたの人間性・成長性を見極めるための質問になります。クライアントとの信頼関係を構築できる人間なのか、キャリアイメージや目標はあるのか、総合的に判断してコンサルタントにふさわしい人材かどうかを見られています。周囲との関係性にスポットを当てた質問に対しては、周囲から信頼を得るための「方法論」を語れるよう準備しておきましょう。10年後の目標といった質問に対しては、長期的なキャリアビジョンの中で、ファーストキャリアとしてコンサルタントを選択することとの整合性も問われます。こちらは次の志望動機にもつながってきます。
 
 
 

志望動機に関する質問

 
・企業選びの際に重視することについて教えてください。
・他にはどんな業界を受けているか教えてください。
・その中でもコンサルティング業界を第一志望としている理由を教えてください。
・コンサルティング業界の中でもBCGへの就職を希望する理由を教えてください。
・あなたの目標の達成のためには、コンサルタントになることが本当に最善の選択なのでしょうか。
 
「コンサルティング」という言葉は耳障りがよく、そのため、実際には単なる憧れだけでコンサルティング業界への就職を希望している学生も多いと思います。企業選びの軸→軸に一致する業界→その中でもなぜコンサルか→コンサルの中でもなぜBCGか(ここはあまり難しく考えなくてよいのですが)、翻って、そもそもコンサルをファーストキャリアとする必然性はあるのか。これらの質問に論理的に筋の通った回答ができなければ、単にカッコよさそうなイメージだけで応募していると判断されてしまうでしょう。
志望動機に関しては下記コラムも参考にしてください。
 
 
 

最後に

 
コンサルの面接は①思考力を見極める質問、②人間性・成長性を見極める質問とに大別されます。①で足切りされては元も子もないのですが、②の部分についても決して軽視することなく語れる準備をしましょう。
外資系コンサルは就職活動の中でも特に難関とされる業界ですが、志ある優秀な学生には是非チャレンジしていただきたいと思います。
また、ボストン・コンサルティング・グループ含む外資系コンサルのエントリーシートはすべて無料会員登録のみで閲覧できます。こちらもケース問題回答例などと合わせて参考にしていただければと思います。
 
 
 

credit: woodleywonderworks via FindCC

無料会員登録してボストン・コンサルティング・グループの選考情報を読む

Real alive

この記事のキーワード

その他おすすめコラム

5494014657 9c39929295
IBMのESと採用HPから考えるIBMの求めている人材
一般会員 10302views
Picture1
strategy&のインターンシップ攻略、ESおよびグループディスカッション対策【unistyleインターン攻略】
一般会員 1236views
9650337613 7f49f279ea z
三菱総合研究所インターンシップ攻略・面接よりもESが厳し目の選考【unistyleインターン攻略】
一般会員 1492views
18036500448 4cab0961ce z
キーエンスの採用HP・面接から考えるキーエンスの求める人材
一般会員 5555views