unistyle

MENU

更新情報2020/12/21(月)内容を更新しました!

【人材業界研究完全版】仕事内容・ランキング・今後・志望動機を解説

【人材業界研究完全版】仕事内容・ランキング・今後・志望動機を解説

最終更新日:2020年12月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「リクナビ」や「マイナビ」といった求人広告サービスなどを提供している人材業界は、就活中の皆さんにとって馴染みのある業界です。

しかし、「人材業界とは何か」や「どのような種類があるのか」、「今後の将来性はあるのか」など、人材業界についてその全貌を知っている就活生は多くありません。

そこで本記事では、人材業界に関する業界研究を種類・仕事内容・魅力・売上、平均年収・今後・志望動機・自己PRなどの視点から、ステップ毎にわかりやすく解説していきます。

漠然と人材業界について興味を持っている方は、この記事を通じて、人材業界とは何かについて具体的に説明できるようになりましょう。

なお、後半な記事ほどコアな情報を多く含むものになるため、順序通りに読み進んでいくことをおすすめします。

人材業界とは?種類やビジネスモデル、市場規模

人材業界とは?種類やビジネスモデル、市場規模まず初めに、就活生の皆さんは「人材業界とは何か」について説明できるでしょうか。

就職活動を行う上で、人材業界が提供しているサービスを活用しますが、人材業界に具体的にどのような種類やビジネスモデルがあるのかを説明するのは難しいかと思われます。

また、「どこまでが人材業界の括りになるのか」や「どれくらいの規模感なのか」について疑問に感じる就活生も少なくありません。

そこで以下の記事では、人材業界について「概要・種類や各ビジネスモデル・市場規模」の3つの観点から簡単にわかりやすく解説しています。

3分程度で読み終える内容なので、まずはこの記事を読んで、人材業界に対する基本的な知識をつけていきましょう。

【業界研究】人材業界とは?概要やビジネスモデル、市場規模を解説

・人材業界とは
ー人材業界の概要
ーHR業界との違い人材業界の種類や各ビジネスモデル
ー(1)人材紹介
ー(2)人材派遣
ー(3)求人広告
ー(4)人材コンサルティング
・人材業界の市場規模

人材業界の仕事内容や働く魅力、向いている人

人材業界の仕事内容や働く魅力、向いている人人材業界とは何かについて理解した後は、人材業界の仕事内容や働く魅力、向いている人について解説していきます。

人材業界と一口で言っても、様々な職種や仕事内容が存在し、働き方も多岐に渡ります。

以下の記事では、人材業界の職種を3つの種類に分けて紹介し、各職種の仕事内容についてわかりやすく解説しています。また、人材業界ならではの働く魅力や人材業界に向いている人の特徴についても詳しく紹介しています。

「人材業界になんとなく興味はあるけど、仕事内容については少ししか知らない」という就活生には必見の記事となっております。

【人材業界の仕事研究】職種・仕事内容・魅力・向いている人を解説

・人材業界の職種や仕事内容とは
ー営業職
ーキャリアアドバイザー(CA)/コンサルタント職
ー企画・マーケティング職
・人材業界の魅力とは
・人材業界に向いている人とは

人材業界の売上・平均年収が高い企業ランキング

人材業界の売上・平均年収が高い企業ランキング次のステップでは、人材業界の売上・平均年収ランキングについて解説していきます。

就活生の皆さんは、人材業界に属する企業が「どれくらいの売上を出しているのか」や「平均年齢〇〇歳の従業員に対して年収はどれくらい支払われているのか」などについて知っていますでしょうか。

以下の記事では、人材業界の売上・平均年収ランキングを紹介していくとともに、各ランキングの上位企業の概要や事業内容などについてもわかりやすく解説しています。

人材業界の売上・平均年収ランキングを知ることは、上位企業の概要や人材業界・企業の大まかな規模感を把握することに繋がります。

以下の記事を参考に、人材業界・企業の理解を深めましょう。

【最新版】人材業界の売上・平均年収が高い企業ランキング

・人材業界の売上ランキング
・人材業界の平均年収ランキング

人材業界の今後はどうなる?最近のトレンドや将来性、課題

人材業界の今後はどうなる?最近のトレンドや将来性、課題次のステップでは、人材業界の今後について紹介していきます。

就活生の皆さんは、自分が志望する業界の今後について詳しく知っているでしょうか。

就活生にとって、志望する業界について「最近は何が主流で今後はどうなっていくのか」や「将来性があるのか」、「課題は何か」などの今後を知っておくことは、自分のキャリアを考える上で極めて重要です。

以下の記事では、人材業界を志望する就活生に向けて、人材業界の最近のトレンド・今後の将来性や課題をわかりやすく解説しています。

人材業界の最近のトレンドや今後の将来性、課題を知ることで、人材業界で働く姿をより具体的にイメージすることができます。

以下の記事を参考に、人材業界で働く姿をイメージし、人材業界への志望度や自分のキャリアについて再確認してみましょう。

人材業界の今後はどうなる?最近のトレンドや将来性、課題を徹底解説

・人材業界の最近のトレンド
・人材業界の今後の将来性や課題

人材業界の志望動機の書き方|ES例文付

人材業界の志望動機の書き方|ES例文付次のステップは、人材業界の志望動機の書き方についてです。

志望動機の内容は業界ごとに大きく変わります。加えて、志望動機の完成度は業界理解の深さに比例します。

したがって、人材業界での志望動機の書き方を理解することで、より人材業界への理解度を上げることができます。

以下の記事では、人材業界の志望動機の書き方をエントリーシート(ES)通過者の例文付きでわかりやすく解説しています。

【ES例文付き】人材業界の内定レベルの志望動機の書き方

・基本的な志望動機の書き方
・人材業界とは
└人材業界の概要や種類
└人材業界の魅力
・人材業界の志望動機の書き方
・人材業界のエントリーシート(ES)通過者の志望動機の例文

【ES例文有】人材業界での自己PRの書き方|求める人材も紹介

人材業界の志望動機の書き方|ES例文付人材業界を完璧に理解する最後のステップは、人材業界の自己PRの書き方についてです。

自己PRでは、自身の強みやアピールポイントをきちんと認識した上で、志望企業の求める強み・能力とマッチさせることが重要です。

したがって、自己PRの完成度は自己分析と業界理解の深さに比例します。人材業界での自己PRの書き方を理解することで初めて人材業界の完璧に理解したと言えるでしょう。

以下の記事では、人材業界の自己PRの書き方について、人材業界が求める人材やエントリーシート(ES)通過者の例文を踏まえてわかりやすく解説しています。

【ES例文有】人材業界での自己PRの書き方|求める人材も紹介

・企業が自己PRを聞く意図とは
・基本的な自己PRの書き方
・人材業界が求める人材とは
└人材紹介が求める人材とは
└人材派遣が求める人材とは
└求人広告が求める人材とは
└人材コンサルティングが求める人材とは
・人材業界での自己PRの書き方
・人材業界のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文

最後に

人材業界研究はこれで完璧!人材業界について、「種類・仕事内容・魅力・売上、平均年収・今後・志望動機・自己PR」など様々な視点から解説してきました。人材業界に対する理解は深まったでしょうか。

人材業界への理解を深めた後に、再度自分のキャリアについて考えてみて、本当に自分が人材業界を志望するのかどうか確認してみると良いでしょう。

また、これから選考を受ける方などは、さらに企業研究や選考対策をしていきましょう。

人材業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

人材業界志望者向けオープンチャットの紹介

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に人材業界志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録