Leverages 680*80
8239380009 87bd29048a

三菱商事のESと採用HPから考える三菱商事の求める人材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載開始日:2014年10月24日
最終更新日:2016年12月09日
16313views
 
三菱商事は、総合商社の中でも長年トップを守る企業であり、企業としての人気は絶大なものがあります。三菱東京UFJ銀行、三菱重工業とならび三菱御三家の一角ですが、三菱と言えば商事という自負があるのか、英語名ではMitsubishi Corporationとなっています。
 
三菱商事の求める人材も基本的には以前、紹介した三井物産の求める人材に近いものがありますが、今回も三菱商事の実際の働き方およびエントリーシートの内容から求める人材について説明したいと思います。
 
 
 
 
 
出資先である国内大手エンジニアリング会社の海外プロジェクトの獲得を支援すること。世界には有象無象のプロジェクト案件が転がっており、その実現性をきちんと見極めて受注にかからないと痛い目に遭いかねません。そうした情報収集力や目利き力は全世界のネットワークや広範な事業部門を持つ当社に大きなアドバンテージがあります。そのエンジニアリング会社ももちろん固有の情報収集機能は持っていますが、基本的には技術の会社。したがって、総合商社として接地面積の広い情報が役立つ局面が多々あると思っています。そういった強みを発揮し、相携えながら、より良質な案件の獲得につなげていくことが我々の役割です。なお、このような協業案件は、相手の立場を考えて動くことが鉄則。何年たっていても、心していなければならないことです。
三菱商事採用HPより一部引用)
 
三菱商事に限らず、商社の仕事とは後方支援的な仕事がメインになります。上記のケースのように技術の会社に対して、マーケティングやファイナンスやリサーチなど様々な業務を請け負い、ともに利益を生み出す仕組みを追求することが総合商社には求められています。共に利益を生み出す仕組みであり、かつ総合商社の存在感を示すことができなければ、「商社不要論」として単なる中抜きの会社として認識されてしまいます。だからこそ総合商社は海外プロジェクトの獲得支援だけでなく、プロジェクトを組成することになればプロジェクトに投資を行い、実際に人を派遣する事業投資を積極的に行うようになりました。事業投資を行うことで自らお金も人もだしともに経営していくことで、当事者として関わるようになっているのが現在の総合商社のビジネスと言えます。
 
上記のような仕事内容では下記のような人材が求められると言えます。
 
①価値観や立場の異なる事業会社や政府関係者と協力関係を築き、目標達成できる人材
②事業の当事者としてリーダーシップを発揮し、関係者をまとめ成果をあげることのできる人材
③事業関係者に対して主体的に提案し、提案内容をともに実行することで変化・変革を起こすことのできる人材
 
多くの関係者の調整役としてだけではなく、事業の当事者としてリーダーシップをもって方向性を決めたり、上記のような技術系の企業に新たな提案を行い、ともに提案内容を実行することで変化を起こすなど、多岐にわたるのが総合商社の仕事と言えるでしょう。上記を踏まえた上でエントリーシートを見ていきましょう。
 
 

三菱商事設問

 
どのように学業に取り組んだかについて教えてください。        
  
これまでの学生生活の中で挙げた実績や経験を教えてください。部活、サークル、スポーツ、趣味、ボランティア、インターンなど何でも結構です。
 
あなたが周囲から信頼されるために大切だと考えることは何ですか。なぜそう考えるのかを、設問(11)で回答した経験を交えて説明してください。
 
 
設問(11)で回答した活動において、最後までやり遂げ、達成感を得た経験について教えてください。
 
あなたが三菱商事で挑戦したいこと、実現したい夢について教えてください。その際、特に興味のある分野や事業があれば、具体的に触れて頂いても構いません。
 
 

一つ目の設問

 
どのように学業に取り組んだかについて教えてください。
 
学業への取り組みはどの総合商社でも聞かれます。経済に対する知識や国際貿易に関する知識などアカデミックな専門性を問われているわけではありません。ビジネスをする上で、自分が関わる物事を専門外の人にもわかりやすく説明できるかという頭の良さが見られていると思われます。複雑な物事をわかりやすくシンプルに説明するには、かなり詳しくそのことについて知っている必要があります。要領よく面接の前に勉強すればよいというものではなく、真剣に勉強しているかどうかが問われていると考えましょう。
 
仕事においてはアカデミックな専門性は特に必要にはなりませんが、常に吸収して吸収した物事をわかりやすく知らない人に伝えるというのは必要になってきます。
 
 

二つ目の設問

 
これまでの学生生活の中で挙げた実績や経験を教えてください。部活、サークル、スポーツ、趣味、ボランティア、インターンなど何でも結構です。
 
企業別選考対策ではいつも伝えている通り、企業が求める人材をある程度想定して自分自身の経験を選ぶことが求められます。上記で解説した求められる人材に当てはまる経験を自分はしてきていないか、下記のように考えて伝えることが求められています。
 
①価値観や立場の異なる事業会社や政府関係者と協力関係を築き、目標達成できる人材
学生時代の経験に当てはめれば、バイト先の店長、社員、学生アルバイトの三者と協力して何か成果を上げた経験であったり、部活においてレギュラー、補欠、マネージャー、監督など立場や考え方の違う人と協力して成果を上げた経験は当てはまると言えるでしょう。
 
②事業の当事者としてリーダーシップを発揮し、関係者をまとめ成果をあげることのできる人材
学生時代の経験に当てはめれば、ゼミにおいて主体的にゼミの運営に関わり、共同論文などの成果を上げることが当てはまるかもしれません。リーダーシップを発揮するといっても、必ずしも役職などが重要なわけではなく、組織に主体的に貢献する行動をさしているだけです。役職がなくともリーダーシップを発揮していると言える状況もあるのは頭の隅においておきましょう。
 
③事業関係者に対して主体的に提案し、提案内容をともに実行することで変化・変革を起こすことのできる人材
学生時代の経験に当てはめれば、サークルにおいて新入生勧誘の仕組みについて提案し、よい方向性に変化させ成果をあげた経験や、新規にイベントを企画して成果をあげた経験などがあげられるでしょう。
 
 

三つ目の設問

 
あなたが周囲から信頼されるために大切だと考えることは何ですか。なぜそう考えるのかを、設問(11)で回答した経験を交えて説明してください。
 
方法論+具体的な経験を聞くという手法です。多くの学生が「信頼されるために大切だと考えること」など学生だろうと社会人だろうと変わらない普遍的な方法論について聞かれると戸惑ってしまいがちですが、企業が面接で知りたいのはこの部分が話せるかどうかです。聞き方を変えれば「学生時代の学びを企業でどう活かすか?」、「あなたの強みを仕事でどう活かすか?」といった形になるでしょう。これらの質問も「信頼されるために大切だと考えること」が答えられれば簡単に答えられる質問であると思います。
 
三菱商事においては上記の働き方のケースでも言及されている通り、「信頼関係の構築」は非常に大事なことです。また下記のように挙げた求められる人材のそれぞれにおいても関係者と信頼関係を構築するのは必要になります。
 
①価値観や立場の異なる事業会社や政府関係者と協力関係を築き、目標達成できる人材
②事業の当事者としてリーダーシップを発揮し、関係者をまとめ成果をあげることのできる人材
③事業関係者に対して主体的に提案し、提案内容をともに実行することで変化・変革を起こすことのできる人材
 
「方法論」の部分はぜひとも自分自身の学生時代の経験からよく考えてほしいと思います。信頼関係だけでなく、「リーダーシップを発揮する上で重要なこと」、「周囲の協力を得るために必要なこと」など様々なパターンがあげられるでしょう。
 
 
 

四つ目の設問

 
設問(11)で回答した活動において、最後までやり遂げ、達成感を得た経験について教えてください。
 
ここも上記の通り、三菱商事で求められている人材であることを伝える経験がよいでしょう。その意味では受験勉強など個人で努力して達成感を得た経験は少し優先度が下がるのがわかるかと思います。人と協力して何か達成感を得た経験、そこでの学びや方法論について、三菱商事が求める人材に合致させて考えるのがよいでしょう。
 
 

五つ目の設問

 
あなたが三菱商事で挑戦したいこと、実現したい夢について教えてください。その際、特に興味のある分野や事業があれば、具体的に触れて頂いても構いません。
 
いわゆる志望動機の部分になります。
三井物産の解説でも書きましたが、総合商社の仕事は、①企業や組織に総合商社だからこそ提供できる変化を提案し、実行する仕事、②リーダーシップを発揮し、主体的にプロジェクトや組織の成功に貢献する仕事、③価値観や立場の異なるメンバーをまとめて目標を達成する仕事であると言えます。
 
これらの要素を理解した上で、志望動機について盛り込むことができるとよいでしょう。内定者の志望動機の一つとしては、下記のようなものが考えられます。
 
価値観や持っている能力が異なる人と協力して目標を達成する仕事がしたい
⇒学生時代の体育会経験から、能力の異なるチームメンバー、戦略マネージャー、庶務など様々な人が全力で組織に貢献し、目標達成することにやりがいを感じた
⇒総合商社であれば、政府関係者、技術を持った企業などと協力して全力で目標に向かっていけると感じた
⇒仕事においても学生時代の経験で学んだ「自ら主体的に行動することで協力が得られる」を大事に仕事をしていきたい
 
学生時代の経験部分については、体育会だけでなく、価値観や立場、能力の違う人が協力した経験であれば何でもかまいません。学生時代の経験を抽象化して、総合商社の仕事につなげ、さらに方法論によって仕事でも大切にしたい考えを伝えることができるでしょう。
 
 

最後に

 
わかりにくいと言われる総合商社の仕事も、具体的な事柄から抽象化して考えると何となくそのビジネスの重要な部分がつかめるのではないでしょうか。仕事内容の本質的な部分を理解した上で、学生時代の経験を抽象化して本質部分に結びつけることができれば自己PRも志望動機もかなり楽にできるでしょう。自己PRや志望動機で悩む時間よりも、実際に内定を得る過程において自分はどのような価値観を持っているのか考える時間の方が個人的には重要だと感じています。就職活動を通して社会と自分自身について真剣に考えてもらえればと思います。
下記コラムではストーリー性に優れた内定者のESを紹介していますので参考にしてください。
 

 

credit: djwtwo via FindCC

【参考】三菱商事内定者の回答

どのように学業に取り組んだか(200字以内)

私は理系で大学に入学しましたが、将来、より多くの人々と協働する仕事に就きたいという理由から経済学部進学を目標とし、学業に励みました。週六日のアメフト部の練習で限られた時間の中でも、勉強方法を工夫して両立させ、学部定員340人中10人分である理系枠での文転進学を果たしました。学部では経済学の基礎を学び、特に数理統計的立場から日本経済の成り立ちを読み解く、日本経営史という科目に力を注ぎました。


無料会員登録して三菱商事の選考情報を読む

Real alive

この記事のキーワード

その他おすすめコラム

10950974393 8776188049
国際石油開発帝石(INPEX)のESと採用HPから考えるINPEXの求める人材
一般会員 17497views
4125334331 c794d26385 z
野村総合研究所(NRI)のインターンESで書くべき内容とインターン概要
一般会員 9801views
5429538067 6e6206bbee
三井住友海上通過者・内定者のエントリーシート解説
無料会員 4191views
10665777624 a60968f7a7 z
オリエンタルランドWEB適性検査・WEBテストのレビュー
一般会員 7193views