unistyle

MENU

更新情報2021/11/11(木)内容を更新しました!

おすすめの玉手箱対策アプリ7選と無料で試せるwebサイトを紹介!

おすすめの玉手箱対策アプリ7選と無料で試せるwebサイトを紹介!

最終更新日:2021年11月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「玉手箱の対策をするために何をしたらいいのか分からない、、、」という悩みを抱えている就活生もいるのではないでしょうか。

本記事では、おすすめの玉手箱対策アプリと無料で試せるwebサイトを紹介します。

アプリやサイトで玉手箱のテストを試してみたい、苦手分野をさらに鍛えたいという方はぜひ参考にしてください。

効果的な玉手箱対策とは

効果的な玉手箱対策とははじめに、玉手箱対策に効果的な勉強方法を紹介します。玉手箱対策におすすめのアプリやサイトを紹介する前に、選考を通過するための玉手箱対策に何が求められるのかを理解しましょう。

玉手箱に関する基本情報や問題形式、対策方法を詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてください。
【玉手箱:完全対策】言語・計数・英語の例題や最新の出題企業を掲載

玉手箱対策に効果的な方法は、以下の3つが挙げられます。

  • 玉手箱の問題傾向を掴む
  • 時間配分を調整する
  • 本番の問題を解く

玉手箱の問題傾向を掴む

【玉手箱:完全対策】言語・計数・英語の例題や最新の出題企業を掲載で解説されている通り、玉手箱の出題科目と形式は言語3種類、計数3種類、英語2種類の計8種類の問題パターンとなっています。

各科目において1つの形式の問題しか出題されないため、問題形式を理解し、解き方を身に付けることが重要です。

数多くの問題をこなし、玉手箱特有の問題形式に慣れることが選考通過の鍵となります。

時間配分を調整する

玉手箱の特徴は、問題を解く時間が短いことが挙げられます。例えば、計数問題の四則逆算では50問の問題を9分で解かなければなりません。そのため、1問あたり約11秒で問題を解く必要があります。

自分が解ける問題か、どの問題に時間をかけるか判断する力が求められます。練習問題をこなし、時間配分の感覚を磨きましょう。十分な問題数がある対策本や対策アプリを選択することも重要です。

選考通過者のなかには、計数問題に暗算で対応できるように対策した人もいます。

本番の問題を解く

玉手箱の対策で効果的な方法は、本番の問題を解くことです。実際の玉手箱に触れることで、問題形式に慣れることができます。

対策本や対策アプリなどで玉手箱の問題を練習した後には、本番同様にパソコンで玉手箱の問題を解いてみることや、志望度の低い企業の玉手箱を受験して力試しをすることをおすすめします。

おすすめの玉手箱対策アプリ7選

おすすめの玉手箱対策アプリ7選効果的な玉手箱対策を解説したところで、おすすめの玉手箱対策アプリを7つ紹介します。どの対策アプリを選んでいいか分からないという方は、ぜひ参考にしてください。

1つめのおすすめの玉手箱対策アプリは、こちらです。

玉手箱 WEBテスト 問題集

玉手箱 WEBテスト 問題集

こんな就活生におすすめ

・無料で玉手箱を対策したい人

・多くの問題を解きたい人

こちらのアプリは、問題数が多く様々な問題にチャレンジできます。1問ごとに制限時間が設けられているため短時間で解く練習をしたいと考えている人にオススメです。

しっかりした計算が必要な問題も含まれているため、移動中には向きませんが、家で落ち着いて練習するにはちょうど良いアプリです。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

おすすめの玉手箱対策サイト2選

おすすめの玉手箱対策サイト2選

続いて、玉手箱対策ができるおすすめのサイトを2つ紹介します。

1つめの玉手箱対策ができるおすすめのサイトは、こちらです。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

以上が、おすすめの玉手箱対策アプリ・サイトの紹介でした。最後に、アプリやサイトを使った対策をする際の注意点を紹介します。

  • 問題数が少ない場合がある
  • 苦手分野を補うために利用する

効果的な玉手箱対策とはで解説したように、玉手箱の問題は回答時間が短く、素早く答えを出すことが求められます。そのためには、問題形式に慣れること、数多くの問題を解くことが不可欠です。アプリやサイトで出題される問題数では不十分な場合もあるため、対策本での対策を行うことをおすすめします。

アプリやサイトだけで対策を完結させるのではなく、計数問題に対応するために暗算アプリを活用するなど、対策本で苦手だと感じた部分を補うためにアプリやサイトを活用することも役立つでしょう。

玉手箱の対策本について、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。
玉手箱対策のオススメ本を23卒向けに4冊紹介!出題企業一覧も掲載

最後に

おすすめの玉手箱対策アプリとサイト本記事では、効果的な玉手箱対策とおすすめの対策アプリ7選、無料で試せるwebサイトを紹介しました。

出題パターンが限られている玉手箱は、多くの問題をこなし、形式に慣れることが対策として有効的です。

多くの問題数に対応できること、自分の苦手分野を鍛えられることを意識して、アプリやサイトを選んでみてください。選考通過に向けた玉手箱対策を進めていきましょう。

また、unistyleの公式YouTubeチャンネルでは、玉手箱に関する動画を公開しています。

記事だけでなく、動画を通じても玉手箱対策に取り組みたいという就活生は、ぜひ下記の対策動画をご視聴ください。

7分でわかる!玉手箱(非言語)の計数の答え方|Webテスト対策講座

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録