unistyle

MENU

更新情報2019/09/30(月)内容を更新しました!

グループディスカッションの役割とは?司会・書記・タイムキーパーの対策方法を徹底解説

グループディスカッションの役割とは?司会・書記・タイムキーパーの対策方法を徹底解説

最終更新日:2019年09月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「グループディスカッションの役割ってどんなものがあるの?」「各役割でどのように行動したら良い評価がもらえるか知りたい」

そんな就活生に向けて、本記事ではグループディスカッション(GD)の役割や、それぞれの役割の注意点を紹介しています。

役割について詳しく知りたいと思っている就活生はぜひ参考にしてみてください。

グループディスカッション(GD)に役割は必要?

グループディスカッションに役割は必要か「グループディスカッションにおいて役割がないと良い評価はもらえない?」そんな疑問を持ってる就活生も少なくないと思います。結論から言うとそんなことはありません。

裏を返すと、役割があるからといって良い評価がもらえるというのも間違いです。

確かに役割に立候補している就活生に対して、「この子は積極性があるな」という印象を持つことはあるかもしれませんが、グループディスカッション(GD)の評価基準は積極性だけではなく、「基本姿勢」「理解力」「主張力」「リーダーシップ」の4つの基準で評価しているため、例え役割がなかったとしても十分に評価してもらうことは可能です。

グループディスカッション(GD)の評価基準についてより詳しく知りたい就活生は以下の記事を参考にしてみてください。

グループディスカッション(GD)の役割を決める目的

グループディスカッションで役割を決める目的グループディスカッション(GD)においてなぜ役割を決める必要があるのでしょうか?それは役割を決めることによって「個人のやるべきことが明確化され、議論をスムーズに進めることができるから」です。

具体的に説明すると、例えば「書記」という役割を決めずに議論を始めたとします。議論の内容のメモをとる人はいるとは思いますが、特に役割を決めずにみんながメモをとっていた場合、「他の人もメモとってるよね」と考えてしまい、それぞれのメモの内容が薄くなってしまったり、メモをとるべきところがチーム内でずれてしまう可能性があり、結論を出す際にあまり活用できないメモになってしまう可能性が考えられます。

そうならないためにも各自の役割を決めることで、それぞれが自分の役割に責任を持つことができ、よりスムーズかつ効率的に議論を進めることができると言えます。

グループディスカッション(GD)の役割はいつ決めれば良いか

グループディスカッションの役割はいつ決めるか役割はいつ、どのように決めればいいかについて説明します。

役割を決めるタイミングはグループディスカッション(GD)の進め方とは?6つのコツとテーマごとの進め方をわかりやすく解説でも述べていますが、グループディスカッション(GD)の工程の中で一番先に行います。つまり議論を始める前に役割を決めるということになります。

以下の画像のようなイメージになります。

どのように役割を決めるかに関しては、まず先に「司会」を決めます。司会を決めたら、そこからは司会を中心に他の「書記」「タイムキーパー」を決めていくようにしましょう。

グループディスカッション(GD)の役割

グループディスカッション(GD)の役割には主に以下の3つがあります。

役割●司会

●書記

●タイムキーパー

先程も述べましたが、役割があるだけではもちろん評価は上がりません。役割を通してどのようにチーム貢献できるかが評価を上げるためには必要となるため、以下でそれぞれの役割とその注意点を紹介していきます。

グループディスカッション(GD)の役割:司会

司会の役割司会の最も重要な役割は、意見を引き出し、議論を活性化させることです。メンバーが発言しやすい空気を作り、短い時間の中で効率的に議論を進行させなければいけません。

そのため以下のような人は司会に向いていると言えます。

  • 論理的思考力がある人
  • 傾聴力がある人
  • 理解力がある人
  • リーダーシップがある人

続いてグループディスカッション(GD)で司会をやりたい人に向けて意識してほしいことを以下で紹介します。

意識すべきこと

●メンバーの意見を聞くときは相槌を打ちながらしっかりと聞く
●チームで出た意見を整理する
●発言できていない人に発言の機会を与える
●書記やタイムキーパーと連携をとる

自らが意見するのはもちろんですが、それ以上に周りを見て発言できていない人に意見を求めるなど、メンバーへの心配りが必要となります。

グループディスカッション(GD)はメンバー全員が納得のいく結論を出さなければいけないため、チームの一部だけで盛り上がっていたり、司会自身が自分の意見のみを強く主張していないかに注意するようにしてください。

司会はただ周りを見て話を振るだけではなく、タイムキーパーや書記と連携しながら、チームで出ている意見を整理し、議論を進めることも必要となります。

またグループディスカッション(GD)には"クラッシャー"という議論をぶち壊す人が存在します。チームの中にクラッシャーがいた場合、司会はそのクラッシャーに対応しなければなりません。

以下の記事ではクラッシャーにどう対応すべきか詳しく解説しているので、クラッシャーが現れた際の対策方法を知りたい就活生は参考にしてください。

グループディスカッション(GD)の役割:書記 

書記の役割書記の役割は、チーム内で出た意見をメモに残すことです。

書記に向いている人は以下のスキルがある人だと言えます。

  • 文章力がある人
  • 傾聴力がある人
  • 全体を俯瞰できる人

続いてグループディスカッション(GD)で書記をやりたい人に向けて意識してほしいことを以下で紹介します。

意識すべきこと

●アイディアの共通点を見つけ、簡潔にまとめておく
●異なる意見の場合は対立点がどこなのか書き出しておく

ただメモを残すだけでなく、メモを見て議論をまとめ方向性を修正したり、実は議論に貢献できる役割と言われています。

一見簡単そうに見える書記ですが、全ての発言のメモを取りながら自分の意見も述べるのは意外と難しく、メモを取るだけで終わってしまうパターンも多々あります。

そのため、書記の役割を担った場合は、自分の意見もしっかりと発表し、ただメモをするだけにならないように気をつけてください。

グループディスカッション(GD)の役割:タイムキーパー

タイムキーパーの役割タイムキーパーは、議論の時間を管理する役割です。

タイムキーパーに向いている人は以下のスキルがある人だと言えます。

  • 状況把握力がある人
  • 逆算して行動できる人

続いてグループディスカッション(GD)でタイムキーパーをやりたい人に向けて意識してほしいことを以下で紹介します。

意識すべきこと

●時間を伝えるだけにならないようにする
●時間管理をしつつアイデアを出したり、意見を述べるようにする

グループディスカッション(GD)において最も重要なことは良い結論を導き出すということなので、時間配分通りに進めるということは非常に大切になります。

グループディスカッション(GD)には時間制限がありますが、盛り上がってしまうと時間を忘れがちになってしまい、意見をまとめる時間がなくなってしまうということもありえます。

そのため、自らもしっかりと意見を発表しながら司会と連携をとり、司会のサポートをしてあげるようにしてみてください。

具体的には、「最初に決めた予定ではもうまとめなければいけない時間なので、意見出しは終わりにしてそろそろまとめを始めましょう」といった感じで議論を進めてみてください。

グループディスカッション(GD)の役割:役割がない人

グループディスカッションにおいて役割がない人役割がない人は、アイディア出しを積極的に行いましょう

「これは間違ってるかな?」と考えすぎてしまうと、なかなかアイディアが集まらず議論が活性化しなくなってしまいます。アイディア出しの時は、質より量と言われているので、気にせずたくさんアイディアを出すようにしましょう。

アイディアを述べる場合は、グループディスカッション(GD)の進め方とは?6つのコツとテーマごとの進め方をわかりやすく解説で述べている定義付けの際に決めた定義に沿って発言するようにし、以下のフレームワークを意識して述べるようにしましょう。

また、司会のサポートをしてあげるというのも一つの手段です。

司会は、司会進行をしつつ周りに気を配り、自分の意見も述べるというハードな役割です。そのため、全てを完璧にこなしている人はなかなかいません。

そういった場合に積極的に司会をサポートしてあげることで、周りを見ることができているという評価を得ることができるので、役割がなかった場合はぜひ意識してみてください。

最後に

グループディスカッションでは役割は重要ではない本記事ではグループディスカッション(GD)の役割について紹介しました。

先程も述べましたが、グループディスカッション(GD)において役割があるからといって良い評価がもらえるというわけではありませんが、役割をうまく活かすことができれば、良い評価をもらえる可能性もあります。

そのため、グループディスカッション(GD)の選考で何かしらの役割に挑戦しようと思っている就活生は本記事を参考にしてみてください。

グループディスカッション(GD)の役割について理解できたら、次はグループディスカッション(GD)の練習方法について理解しましょう。

以下の記事からグループディスカッション(GD)の練習方法について知ることができます。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
44,936枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録