グループディスカッションに関する就活テクニック

「グループディスカッション(GD)」に関連する記事をまとめています。 GDの目的は「時間内に質の高い結論を導くこと」であり、評価される上で重要なのは「どれだけ議論に貢献できるか」です。 GDについて、司会やタイムキーパーなどの「役割」や、共感を示す・目を見て頷くといった「姿勢」に終始したアドバイスが散見されますが、これらはいずれも貢献のいち手段に過ぎず、そこにフォーカスするのはナンセンスだと考えています。手段が目的化し、「よい結論を導くための議論への貢献」という視点が抜け落ちてしまうためです。 議論に貢献するためには、前提として、自分一人でも論理的に結論まで導くことができる能力が求められます。周囲への気遣いなどはその後の話です。 また、GDのテーマも①課題解決、②売上アップ、③事業立案、④抽象テーマ、⑤意思決定などある程度パターン化できるため、それぞれのパターンについて基本的な議論の進め方をインプットしておくとよいでしょう。

グループディスカッション に関する就活テクニック 9 件

現在ES掲載数

77,053

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録