unistyle

MENU

更新情報2018/12/03(月)内容を更新しました!

KDDIのES徹底解説!選考通過者の志望動機・ガクチカ分析

KDDIのES徹底解説!選考通過者の志望動機・ガクチカ分析

掲載開始日:2018年04月12日
最終更新日:2018年12月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIはNTTドコモ、ソフトバンクと並ぶ国内大手通信キャリアの1社です。au WALLETやJ:COMなど通信事業以外のビジネスも幅広く行っているため、学生の中でも認知度が高い会社となっているでしょう。

本年度のESは、KDDIで成し遂げたいことという志望動機に加え、学生時代にチームで頑張ったことというオーソドックスな内容になっています。

この記事ではKDDIが求める人材、事業内容を参考にしつつ、本年度の設問について解説していきます。
選考の全体像について把握するにはまずは以下の記事からご参照ください。

参考:KDDIの採用情報から考えるES・テスト・面接対策|19卒
→ビジネスモデルの分析、求める人材像の考察、選考フローなど、KDDIの選考を突破するために最低限必要な情報を網羅した記事です。

本記事のコンテンツ
KDDIの本選考ES設問
 ┗設問1、2
 ┗設問3
最後に

KDDIの本選考ES設問

◆KDDIであなたが実現したいことを教えてください。(100文字以内)
◆なぜKDDIで実現したいか、入社後のキャリアパスを踏まえて教えてください。(300文字以内)
◆あなたがチームで力を入れて取り組んだ経験について、自身の役割を踏まえ教えてください。(300文字以内)

上記3つの設問について順番に解説していきます。

設問1、2

◆KDDIであなたが実現したいことを教えてください。(100文字以内)
◆なぜKDDIで実現したいか、入社後のキャリアパスを踏まえて教えてください。(300文字以内)

設問の意図

志望動機に関する設問ですが、入社後に実現したいことを述べさせることで学生が自分のキャリアプランをしっかり描けているか、どの程度企業理解ができているかを探ろうという意図が窺えます。何故その成し遂げたいことは他の通信会社ではなくKDDIでしか出来ないことなのかまでをはっきりと示すことが求められると言えるでしょう。

意図を踏まえた回答方針

KDDIは安定的な通信料収入を用いて様々な新規事業(au でんき、au WALLETなど)を創出しており、人々の生活の当たり前としてKDDIのサービスを浸透させようとしています。このことから、通信事業だけでなくライフデザイン事業にも積極的に進出して行こうという狙いが見て取れます。

このような事情を踏まえて志望理由では、通信関係のみならず人々の生活に貢献したいという軸で書くと良いでしょう。また、KDDIではチャレンジ精神を重んじる企業風土でもあるようですので、積極的に新しいサービスや企画提供に関わりたいと述べると評価を得られると考えます。(もちろんなぜ関わりたいのかの説明は面接時に必須になるでしょう)

キャリアパスに関しては、企業HPの社員インタビューやOBOG訪問を行い自分が将来こうなりたいと思う社員が辿ってきた経歴を参考にすると現実味があり、説得力があるものになるでしょう。

内定者の回答事例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は33516枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

設問3

◆あなたがチームで力を入れて取り組んだ経験について、自身の役割を踏まえ教えてください。(300文字以内)

昨年度とは違った内容の設問になっていますが、突飛な内容のものではないので書きにくいというものではないと考えます。

設問の意図

学生時代に頑張った経験を尋ねている設問ですが、チームで力を入れて取り組んだこと、その中での役割を記載するよう指定されているため、設問の意図としては周りと協働しながらどのような立ち回りで動けるのかを見ていると言えるでしょう。

具体的には、KDDIでは多くの事務系社員が営業職に就きます。そこでは、開発部門とお客様の仲介役という立場上、異なる環境にいる人々や彼らの要求を把握し、まとめる力が求められていると考えられます。そのため、チームワークを発揮した経験について知りたいという思惑があるのでしょう。

意図を踏まえた回答方針

KDDIには12もの職種があり、職種の数だけ仕事内容やミッションがあります。とはいえ、全体で目標を達成するには共通の目的意識を持ち各関係者が一丸となって仕事に取り組むことが求められます。そのため価値観や異なる立場にいる人々と協力し成果をあげることが出来る人材をKDDIは欲していると考えられます。

また、自身の役割を明確にすることで、集団の中でどのような働き方をするのかを見ようとしていると考えられます。このような類の設問に関して、リーダーシップを発揮した経験でなければいけないと思っている学生もいるかと思いますが、大事なのはリーダーといった肩書ではなく、あくまで組織の中で自分の役割は何なのかを理解し、最大限組織に貢献できるのかを考え行動に移せる人材を企業は欲しいと考えているでしょう。
これらを今一度考えた上で、以下の記事で紹介されているフレームワークに沿って書いていくと良いでしょう。

 参考:【完全ガイド】評価されるガクチカ(学生時代頑張ったこと)の書き方|例文付 
→学生時代に頑張った経験の書き方について解説しています。回答を作成する際に活用できるフレームワークの紹介もしています。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は33516枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

KDDIは日々の生活に身近な企業なため多くの学生が志望するでしょう。ただ馴染みのある会社で通信に興味があるから、といった志望理由では中々評価されないと感じます。

入社後に何をしたいのか、どのように会社に貢献していきたいのかはっきりと思い描いている学生は評価されると思います。unistyleでは先輩のESが多く閲覧できるので、それらを参考にESを書いていきましょう。

参考:KDDIの企業研究
こちらのページからKDDIの選考レポートやESをご覧になれます。ぜひ参考にしてください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
33,516枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録