unistyle

MENU

更新情報2018/04/05(木)内容を更新しました!

16卒武田薬品工業のインターンシップESで書くべき内容

16卒武田薬品工業のインターンシップESで書くべき内容

掲載開始日:2014年12月10日
最終更新日:2018年04月05日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

インターン設問

①今回のインターンシップに応募した理由をご記入ください。(200文字以内)
②あなたが大学生活で力を入れて取り組んでいることについて(努力したこと、苦労したことなど)をご記入ください。(400文字以内)

設問に対する考え方

本選考・インターンシップに関係なく、志望する企業がどのような人材を求めているのか、仕事内容から考えることから始めましょう。今回の場合であれば、武田薬品工業のMRとはどのような仕事なのか、どういった人材を企業として求めているのか考えるところから始めるべきです。
下記のコラムで、武田薬品工業が求める人材について解説しているのでよく読んでいただければと思います。
武田薬品のMRの仕事では、何よりもまず数字が重要な仕事であり、個人のノルマの達成が求められるということです。顧客である医師と信頼関係を構築し、医師のニーズに応える形で自社の薬剤を提供するということが求められます。医師との信頼関係構築のために時には接待などが求められる業界とも言われています。
個人として強いプレッシャーのもと、結果を残すことができる人材が強く求められていると言えるでしょう。これは証券会社や銀行など個人の営業成績にノルマがある仕事は全て同じだと考えられます。

一つ目の設問

①今回のインターンシップに応募した理由をご記入ください。(200文字以内)
MRという仕事に興味を持ったきっかけとなる経験とセットで語ると伝わりやすいでしょう。「医療に興味を持つ中でMRという仕事に興味を持った」という説明でもよいでしょうし、「明確な数字という結果が求められる仕事に興味を持った」という説明も考えられます。
武田薬品という企業の仕事をある程度でよいので、イメージした上で自分自身の過去の経験と結びつけて語れるようにしましょう。

二つ目の設問

②あなたが大学生活で力を入れて取り組んでいることについて(努力したこと、苦労したことなど)をご記入ください。(400文字以内)
これについても、①課題や悩みを抱えている人と信頼関係を構築し、その人の課題を解決した経験(医師と信頼関係を構築し、課題を解決に繋がる経験)もしくは、②個人として努力をし、成果をあげた経験(個人のノルマを達成することに繋がる経験)のどちらのアプローチでもよいでしょう。新聞配達の営業やクレジットカード販売の営業ノルマ達成などの経験を語る内定者も多くいます。

最後に

武田薬品工業のような薬剤メーカーは、医療に関わるという崇高なイメージと実際の泥臭い仕事内容のギャップが大きい業界と言われています。
企業のブランドイメージに惹かれるだけでなく、MRという仕事が実際にどのようなものであるか十分に理解した上で志望して、入社後とのギャップを埋める作業は必要です。入社後とのギャップを埋めるためにもインターンにはぜひ積極的に参加してみてください。

【参考】武田薬品工業内定者の回答「自身で認識している強み・弱みをご記入ください。(100文字以内)」

何事にも当事者意識を持ち、目標達成に向けた戦略を自ら考え貪欲に実践できることが自身の強みであると考える。その一方で、昔から大雑把で何気ない不注意から細かいミスを人よりも多くしてしまう点が弱みである。

【参考】武田薬品工業内定者の回答「この職種を志望する理由をご記入ください。(150文字以内)」

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は18069枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【参考】武田薬品工業内定者の回答「大学生活で自らが積極的に取り組み・得られた成果の中で他人に対して誇れるものと、その成果を出すために自らが主体的に取り組んだ内容についてお書きください。」

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は18069枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

photo by Martin Thomas

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    unistyle
    18,069枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録