unistyle

MENU

更新情報2021/06/28(月)内容を更新しました!

KDDIの採用大学・文理・男女別採用人数|合格者ES付き

KDDIの採用大学・文理・男女別採用人数|合格者ES付き

最終更新日:2021年06月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KDDIの合格者ESはこちらから

「NTTドコモ・ソフトバンク」と並び、国内大手通信キャリアの中の1社であるKDDI。

従来の通信事業だけでなく、最近では「J:COM」や「auスマートパス」などの事業を数多く展開しています。

本記事では、KDDIの内定者実績を採用大学・男女別・文理別の3つの観点でまとめていきます。

KDDIの採用大学内訳

KDDIの採用大学は次のようになっていました。
※採用実績校は人数上位の大学のみ抜粋をしています。

各大学からの詳細な人数は各大学のホームページをご参照ください。

採用実績校:早稲田大学、明治大学、慶應義塾大学、東京理科大学、横浜国立大学、東京大学、立教大学、北海道大学、京都大学ほか

参考:就職四季報2020・2019・2018

東大京大を始めとした上位大学が中心であることが伺えます。

KDDIの男女別採用人数

KDDIの過去3年分の男女別採用人数は次のようになっています。

参考:就職四季報2020

KDDIの文理別の採用人数

KDDIの過去3年分の文理別採用人数は次のようになっています。

参考:就職四季報2020

KDDIは通信・IT企業ですが、理系・文系の比率がほとんど同じであることが伺えます。

KDDIの選考レポート

ここでは、KDDIの事務系総合職に合格した20卒の体験記を一部抜粋して紹介します。

KDDIの選考レポートはこちらから

本選考のフローについて結果連絡を含めてお答えください

エントリーシート+玉手箱→1次面接→2次面接→最終面接

本選考のためにした準備についてお答えください

なぜNTTではなくKDDIなのかについて答えられるように業界研究をすすめました。KDDIについての理解については、エントリーシート提出後、面接前に大学のOBOGに2回会わせてもらう機会に深めるようにしました。 
また、大学別採用の場合は1次面接でフィードバックや業界研究のアドバイスがもらえる為、そのアドバイスに沿って2次面接に向けた5Gに対する理解を日経新聞や5Gコンテストなどに目を通すことで準備をしました。

それぞれの面接およびGDについて、社員の人数および役職、面接を受ける学生の人数、面接会場、面接時間、質問内容、面接の雰囲気、面接の感想についてご記入ください。面接がない場合は「なし」とお答えください

1次面接:1対1で行われました。面接官が大学の0Bのためフィードバックが手厚くもらえます。 
2次面接:面接官2対学生1で行われます。面接官は大学のOBで、和やかな雰囲気でした。 
最終面接:面接官3対学生1で、和やかな雰囲気の中で基本的な質問のみされました。

本選考において評価されたと感じたポイントや選考において重視されていたと思う点についてお答えください

通信業界についての業界理解と企業比較ができていたこと、面接で緊張することなく答えることができたことが評価されました。 
実際に自分自身がKDDIで働く姿をイメージしてもらえるように心がけていましたが、そのイメージの掴みやすさは内定につながったと感じています。

面接において印象に残った・回答に困った質問をお答えください

2次面接の際に、「最近お札が変わるというニュースがありましたが、あなたなら5000円札に誰を選びますか。」と聞かれました。

面接・GDなど各選考フローにおいて心がけていたことをお答えください

実際に自分自身がKDDIで働く姿を面接官にイメージしてもらえるように心がけていました。 
また、熱意が伝わりやいよう、想いをぶつけるだけでなく、具体的に行いたいことや企業比較をした上でKDDIでしか行えない夢を伝えるようにしていました。 
また、ここの面接では毎回フィードバックが頂けるので、そのアドバイスを確実に次回に活かすようにしていました。

KDDIの本選考合格者ES 

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は54672枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

さいごに

今回は「NTTドコモ・ソフトバンク」と並び、国内大手通信キャリアの中の1社であるKDDIの内定者を大学別・男女別・文理別の観点から分析しました。ある程度の規則性はあるものの、該当年度でのデータであるためここでの数値が絶対であるということはありません。

KDDIはスマートフォンなどの個人向けサービスだけでなく、その高い技術力を活かし、通信を通じてあらゆる「社会課題の解決」に取り組んでおり、これからの成長が期待される企業です。

ぜひ本記事をもとにKDDIへの対策を進めていっていただけたらと思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
54,672枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録