MENU

Banner 680 80 0913

更新情報2016/12/15(Thu)内容を更新しました!

大和証券のESと採用HPから考える大和証券が求める人材

7809view

大和証券のESと採用HPから考える大和証券が求める人材

掲載開始日:2016年12月15日
最終更新日:2016年12月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、日系証券会社の二大巨頭の一角を占めると言われる大和証券が求める人材についてESと採用HPから探っていきたいと思います。ビジネスモデルや社風については、「野村證券・大和証券の事業・社風・選考内容比較【unistyle業界研究】」で紹介しているので是非ご覧になってください。

「証券というと野村證券」のイメージを持つ学生が多いと思いますが、大和証券は、東洋経済の男子学生就職人気ランキングでも野村証券と共にトップ10に入り、ほぼ同順位に位置し続けて高い人気を誇っています。

まずは実際に採用HPから求める人材について考えてみましょう。以下は大和証券新卒採用HPからの引用です。1.総合営業職部門、2.総合特定職部門に分化して考えます。

1.総合職営業部門

証券会社の営業職というと、「個々人の営業」というイメージが強いかと思いますが、実際のところどのようになっているのでしょうか。HPから仕事の様子・雰囲気を探ってみましょう。

今の自分があるのは、社内で共に働く上司・仲間の存在があったからこそだと思います。新人の頃、成果が上がらず悩んでいるとき、的確なアドバイスをくれた上司、相談相手になってくれた先輩がいたことで、モチベーションを維持することができました。社員同士のつながりは、大和証券の強さです。様々な困難に遭遇しながらも、支え合い深め合う仲間がいるから、より仕事が面白くなるし、新人や若手もその中で成長できると考えています。

参考:大和証券 2017年度新卒採用HP

個人の営業でゴリゴリ押し切るスタイルで若手に経験を積ませながら、精鋭を量産していく野村證券と比較して、大和証券では先輩・後輩が近い距離で密に関わりながら仕事をしていくようです。他にも、大和証券では近年では女性が働きやすい環境を創るなどして女性役員が増加傾向にあるなど、他社との違いもありますが、基本的には「大多数がリテール営業」という実情には変わりないので、求められる能力自体は近いのかもしれません。

証券会社総合職の仕事の形態は、個人での売上高に順位付けをすることによって社員をモチベートしていくとも言われていますが、その個人の売上は主に資産家を相手取った営業です。若いうちは飛び込み営業に行くこともしばしばあるようで、そのような中で求められるスキルというのは個人でバリバリ仕事をこなしていけるメンタリティであると言えるでしょう。

また、お金を預けようにも、社員が自分のために汗を流してくれる人間でなかったら預けたいとは思いません。関係者との信頼関係を築ける人間が証券会社の営業マンとして求められていると言えるのではないでしょうか。

営業としての個人スキルを「人気企業内定者に共通する、企業に伝えるべき5つの強み 」に照らし合わせると、証券営業マンとしては不可欠な「1.個人として努力し、成果をあげることができる」、「2.関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」の2つの要素が重要になってきます。取引する相手が資産家であれ、法人であれ資産運用や投資案件など、取り扱う金額が非常に大きいので、最初は見知らぬ相手でも「この人にならお金を預けられる」と思われるようになるだけの信頼感が不可欠です。

2.総合職特定職部門(今回はIBD)

特定分野に注力する当分野で最も知名度が高いのは投資銀行部門、いわゆるIBDです。今回説明するこの部門では、国内外の企業から相談を受けて課題発見を進めつつ、M&A・株式発行・特定業界への知見等のノウハウを駆使しながら提案を行う仕事です。もちろん、この仕事では弁護士や会計士など、社内外の人材もチームに組み入れて大規模な仕事に取り組むので、「チームワーク」が非常に大事です。

今回は、IBD部門については日興証券のページにより詳細な記載があったので、そちらを参考にさせていただきました。こういった業務では相手方のニーズを汲み取ること、異なる価値観を持つチーム員と最大の利益を出すことが求められています。「人気企業内定者に共通する、企業に伝えるべき5つの強み 」に照らし合わせると、「4.価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる」、「5.今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」がより重要になってきます。特に、会社の合併に関わる場合などは、会社にとって前例のない取り組みを始めることは多々あるはずです。職種によって求められる能力が少しずつ変わってくるということです。

大和証券の質問

(1)学生生活(これまで)で最も力を入れた事、もしくは入れている事と、その理由をご記入下さい。(200字)
(2)当社及び選択したコース・部門を志望する理由、入社後のキャリアプランをご記入ください。(300字)
(3)証券営業という仕事の醍醐味、やりがいや難しさをどのようにお考えですか?ご記入下さい。(300字)

学生時代に頑張ったこと、志望動機と将来の目標、仕事のイメージができているか(本当に志望しているかを確認)を問うています。


一つ目の質問

学生生活(これまで)で最も力を入れた事、もしくは入れている事と、その理由をご記入下さい。(200字)

引用:大和証券 エントリーシート(15)

ここでは、自分の経験から培われた個性・長所が会社・部門の求めているものと合致するかということについて聞こうとしています。学生時代に力を入れたことの中でも、個人としての個性・長所を発揮したエピソード・人からニーズを引き出し、信頼関係をいちから築いたエピソードなどを述べることができるといいかもしれません。「内定レベルの学生時代頑張ったことが10分で書ける学生時代頑張ったことのフレームワーク 」を参照して、エピソードに盛り込む要素を確認してみてください。営業の仕事は個人で成果を上げることも大事ですが、個人の成果もチーム員のサポートがあってこそのものです。特に大和証券の社風として、「先輩・後輩が蜜に関わり、互いに相談し合いながら成果を出す」というものがあるので、そういう「チームで連携を取りながら」「チーム全体の前進を意識して」という点を意識してみてもいいかもしれません。

二つ目の質問

当社及び選択したコース・部門を志望する理由、入社後のキャリアプランをご記入ください。(300字)

引用:大和証券 エントリーシート(15)

会社の志望理由を問うています。ここでは、成し遂げたいことが自らの経験から導かれているものか、またその成し遂げたいことが志望企業のビジネスモデルで達成可能かということを問われる場だと想定すると良いと思います。志望動機の書き方は「内定レベルの志望動機が10分で書けるフレームワーク 」を参照しつつ志望動機を練ってみましょう。特に、同じ企業であっても職種によって求められる人材像が少しずつ違ってくるので要注意です。

営業にしろIBDにしろ、実体のない商品(金融商品など)を扱うので、メーカーの場合とは異なり「モノ自体を信用しているから買う」という発想に顧客は中々至りません。一人の人間として顧客の信頼を得るという地点から仕事はスタートするので、「自分が第三者の信頼を勝ち得たエピソード」などからそういったことを生業にしたいと思った経緯、自分が経験したエピソードに基づいた形での将来の目標などを語れると評価されるはずです。なお、そういった目標や夢が、証券会社のビジネスモデルで達成可能だとなおよいです。

志望動機は、その会社の憧れやいいと思う点を挙げるのではなく、その企業の仕事内容に適正があることを過去の経験から説明することです。学生時代の経験をある程度抽象化して、企業の働き方に繋げる必要があります。以下の記事を参考にしてみてください。

三つ目の質問

証券営業という仕事の醍醐味、やりがいや難しさをどのようにお考えですか?ご記入下さい。(300字)

引用:大和証券 エントリーシート(15)

OB訪問や説明会・座談会を通じて企業研究・理解がキチンと出来ているかを問うています。ここでは、自分が志望する職種で働く社員の苦労を聞く機会を創ると良いでしょう。あまり業界に興味がわかない時期・状況でも、一人の社員に会うことで考えが変わることもあります。面接などの本選考がまだ先の段階から少しずつ色々な企業の人に会ってみることをお勧めします。

最後に

業界研究・企業研究は、憧れを強めるためのものではなく、自分に合致している企業・社風を見つけるためのプロセスの一環です。実際に面接官と面接して初めてわかることも多々ありますが、事前の研究で探っておくことは自分に合う企業に内定することの近道になるはずです。

photo by Takashi Toyooka

    Obogtokyo
    Eventspecial17526
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle