MENU

Bay 680*80

更新情報2016/12/09(Fri)内容を更新しました!

4781view

ブリヂストンのESと採用HPから考えるブリヂストンの求める人材

掲載開始日:2015年10月23日
最終更新日:2016年12月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や世界の輸送機関の要とも言える存在となった車ですが、タイヤのシェアでは世界1位を誇るブリヂストン。馴染みのある方もたくさんいるのではないでしょうか。親近感からエントリーする方もいるかと思いますが、メーカーという業界の理解や社員の働き方をしっかり把握した上で受けて頂きたいと思います。
今回はブリヂストンのESと採用HPから、ブリヂストンが求める人材を考えていきます。

採用HPから見るブリヂストンでの働き方

私たちは事業推進の原動力となる人材を募集しており、「目的に向け周囲と協調し、かつ主体的に挑戦できる方」に入社頂きたいと考えています。
「ゴール」や「あるべき姿」を考え、自ら目標を立て、その達成の為に周囲と協力関係を築き、時に議論をし、意見をぶつけ合いながら仕事を進められる方。困難にぶつかったとしても、目前にある壁を乗り越えようとする気持ちで仕事に臨める方。
そんな方に是非お越し頂きたいと思います。
参考:【新卒採用募集要項 事務系志望の方への採用担当者からのメッセージ】

上記は事務系を志す方に求められる姿勢です。しかしながら技術系の方にとっても同じことが言えるでしょう。研究開発においてもチームで開発を行い、直面した問題に対してチームで情報収集をして解決に導く姿勢が求められるからです。unistyleの記事でも紹介した「企業に伝えるべき5つの強み」が文章として明確に求められた形となっています。
したがって、メーカー・特にブリヂストンでは下記のような能力が求められると言えます。

①社内の事務系、技術者、社外の関係者など価値観や立場の異なる人と協力して成果を上げることの出来る人材
②リーダーシップを発揮して協力してくれる人々に対して方向性を共有し、自ら提案・行動し、意見をぶつけあいながら成果をおさめることができる人材
③周囲の協力を得ながら今までにない仕組みや技術を追求し、成果を上げることの出来る人材

ここまで、採用HPから見るブリヂストンの求める人材を見てきました。
ここからはESの設問から、ブリヂストンに必要とされる人材の要件を考えていきます。

参照:人気企業内定者に共通する、企業に伝えるべき5つの強み

 

ブリヂストンES設問

【設問1-1】 ※
あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?(50字以内)
大学進学予定者を対象とした、グローバル人材育成を支援する東進ビジネススクールの入学募集活動
【設問1-2】 ※
【設問1-1】の内容に取り組む時に、どのような目標をたてましたか?(50字以内)
【設問1-3】 ※
あなたが取り組んだことについて、下記の4点を盛り込んだ内容で記述してください。(600字以内)
1.なぜそれに力をいれたのか
2.具体的にどのようなことを行ったのか
3.どのような壁にぶつかり、その状況をどのように乗り越えたのか
4.その経験を経てあなたの行動がどのように変わったか、
また、その学びを今後どのように活かしていくのか
※力を入れて取り組んだことが最終的に成功/失敗したか、での評価はしません。

【設問2】 ※
あなたにとって当社はどんな会社ですか?
そのイメージの中で、どの部分があなたの志向とマッチして、今回の応募に至りましたか?
そう感じられた理由とともにご記入ください。
(100字~200字程度)

【設問3】 ※
あなたが最も得意とすること、または、最も自信があることは何ですか?
一言で記述してください。
(10字以内)
※設問1(力を入れて取り組んだこと)と関連するものでも、しないものでも、どちらでも構いません。

設問1について

【設問1-1】 ※
あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?(50字以内)
大学進学予定者を対象とした、グローバル人材育成を支援する東進ビジネススクールの入学募集活動
【設問1-2】 ※
【設問1-1】の内容に取り組む時に、どのような目標をたてましたか?(50字以内)
【設問1-3】 ※
あなたが取り組んだことについて、下記の4点を盛り込んだ内容で記述してください。(600字以内)
1.なぜそれに力をいれたのか
2.具体的にどのようなことを行ったのか
3.どのような壁にぶつかり、その状況をどのように乗り越えたのか
4.その経験を経てあなたの行動がどのように変わったか、
また、その学びを今後どのように活かしていくのか
※力を入れて取り組んだことが最終的に成功/失敗したか、での評価はしません。


「内定レベルの学生時代頑張ったことが10分で書ける学生時代頑張ったことのフレームワーク」が整理されていれば難しくないでしょう。与えられる文字数は総計700字と多いので、ある程度詳細に書くことが求められています。自らの学生時代の経験で最も自信を持って話すことができる内容を記入する必要があります。この設問を通して上述の「企業に伝えるべき5つの強み」を示せると良いでしょう。部活やアルバイトの経験であれば、「3.リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を達成する」や「4.価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる」強みを示しやすいのではないでしょうか。

参照:内定レベルの学生時代頑張ったことが10分で書ける学生時代頑張ったことのフレームワーク
参照:人気企業内定者に共通する、企業に伝えるべき5つの強み
 

 

設問2について

【設問2】 ※
あなたにとって当社はどんな会社ですか?
そのイメージの中で、どの部分があなたの志向とマッチして、今回の応募に至りましたか?
そう感じられた理由とともにご記入ください。
(100字~200字程度)

いわゆる志望動機を示す設問と言えます。上記の採用HPを読み込んだ上で、ブリヂストンに対する理解を示せると良いでしょう。HPの中では以下のフレーズがフォーカスされております。

「真のグローバル企業」
「業界において全てに『断トツ』」
「更に上」を目指す姿勢
参考:【新卒採用募集要項 事務系志望の方への採用担当者からのメッセージ】

自らの志向を示す上では「企業に伝えるべき5つの強み」の中でも、特に「5.今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる人材」であることを示せると良いと思います。下記の内定者のESでは「内定レベルの自己PRが簡単に書ける自己PRのフレームワーク」を基に、自らの強みとその形成過程を語ることで説得力を持たせています。
参照:【内定】エントリーシート(11)
 

設問3について

【設問3】 ※
あなたが最も得意とすること、または、最も自信があることは何ですか?
一言で記述してください。
(10字以内)
※設問1(力を入れて取り組んだこと)と関連するものでも、しないものでも、どちらでも構いません。

 

自己PRを端的に示す必要があります。設問1と関連するものを記述するならば、メリットとして一つのことに真摯に取り組める印象を与えることができるでしょう。関連しないものであっても、「複数エピソードを語ることで自己PRの説得力を補強しよう!」で記載の通り複数のエピソードから一貫した自分の強みを押すことで、面接官に納得感を抱かせることができます。いずれにしても「企業に伝えるべき5つの強み」のうち一つに的を絞ってアピールすると良いと思います。

参照:「複数エピソードを語ることで自己PRの説得力を増そう!
 

まとめ

いかがでしょうか。16卒のブリヂストンのES選考段階では、例えこの段階で失格になったとしてもその後の選考に再度エントリーすることができましたが、闇雲に書くことは得策とはいえません。学生時代頑張ったことや自己PR、志望動機を自分自身で整理して書き上げることが必要です。本記事含めunistyleに掲載中の企業別選考対策やテクニック一覧をその一助としていただければ幸いです。

 

    Meetscompany 336*280
    Simplex 336*280
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle