unistyle

MENU

更新情報2019/06/15(土)内容を更新しました!

【21卒向け】ユニリーバのインターン選考(ES・面接)対策

【21卒向け】ユニリーバのインターン選考(ES・面接)対策

掲載開始日:2019年06月06日
最終更新日:2019年06月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユニリーバのインターンES一覧はこちら

代表的なブランドとして、Dove、アックス、レセナ、Liptonなどを扱っているユニリーバ。世界では毎日9,000万世帯がユニリーバの製品を購入しています。

本記事ではユニリーバのインターン内容からマーケティング部門の具体的な選考対策まで紹介します。

ユニリーバとは

ユニリーバは1930年に設立された世界最大級の消費財メーカーです。400以上のブランドを保有し、190ヵ国でビジネスを展開しています。

ユニリーバは「ビジネスの成功のためには、ともに働くすべての人々、コミュニティ、環境に対する最高水準の企業行動規範が必要だ」という企業行動原則があります。

ユニリーバの事業内容としてはパーソナルケア・食品と2つがあり、以下でそれぞれの製品例を挙げています。

パーソナルケア▶Dove、Lux
食品▶Lipton、BEN&JERRY'S

また、ユニリーバは研究開発にも力を入れており、研究拠点は日本を含め、世界に90ヶ所以上あります。そのトップに立つのが、英国、オランダ、北米、インド、中国の6カ所にある中央基礎研究所です。そこでは世界各国から集結した研究者が日々新しいテクノロジーの開発に携わっており、生活習慣やニーズを知り尽くした各地域・国の研究施設で製品に活用され、世界中の市場へ届けられています。

【参考】ユニリーバHP

ユニリーバのインターン内容

どの部署においても、色々な業務の体験をしながら、実務に近い課題解決のプレゼンテーションを作成し、最終日にユニリーバ・ジャパンの役員の前で発表を行います。役員からの貴重なフィードバックがもらえる他、役員やマネジャーに直接質問する時間などもたくさん設けられています。

期間:2019年8月1日~8月23日

応募資格
●国内外の大学1年生~既卒3年目(就業経験は問わない)まで応募可能 
●国内外の大学院修士課程・博士課程の方も応募可能 
●基礎的な英語力のある方(TOEIC換算800点以上)
応募部署
●マーケティング
●カスタマーディベロップメント
●サプライチェーン

ユニリーバの求める人材像 

私たちは、事業にかかわる多くの人々、組織、環境に対して、誠実を旨とし、敬意を持って事業を行っています。これは、ユニリーバの社会的責任の中核です。

ユニリーバの製品は、工場での製造工程だけでなく、ライフサイクルのすべての段階で持続可能なものでなければなりません。世界が直面する大きな課題の解決につながる変化を起こすために、消費者の皆さま、サプライヤー、政府、NGO、他社を含む社外のパートナーと連携しています。

引用:ユニリーバHP

上記の内容を考察すると、ユニリーバは多様な価値観を持った人との協働から新たな価値を生み出そうとしているということが言えます。

つまり、ユニリーバの求める人材の一要素として「多様性に肯定的で、自分と異なる考え方や価値観を持った人とも積極的に関係を築いていける」というものがあるのではないでしょうか。

これは、unistyle関連コラムのES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?で紹介されている「価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげられる」という強みに深く関連していると思います。

また、「世界が直面する大きな課題の解決につながる変化を起こすために」とあることから、ユニリーバでは「自分自身が常に問題意識やクリエイティビティをもって仕事に臨めること」そして「周囲とアイデアを共有し協力しながらそれを形にしていくということ」が求められていると考えられます。

そのため、上述の関連コラムにおける「関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」「今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」などの強みも該当していると思います。

上記をまとめると、以下3つの素養が求められることが分かります。

「価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげられる」
「関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」
「今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」

ユニリーバのインターン選考フロー

以下は20卒サマーインターンの選考フローになります。

ES

Webテスト

グループディスカッション

個人面接

選考フローは「ES・webテスト・グループディスカッション・面接」の4段階ということで、それぞれについて詳しく確認していきます。

今回紹介する選考対策は全て「マーケティング部門」になります。

ユニリーバのインターン選考ES対策 

以下は過去の設問内容なので、対策の参考にしてください。

●エントリーした部門を志望した理由

●あなたが率先して他の人を巻き込み、チームで困難を乗り越えて高い目標を達成した経験について教えて下さい

対策

上記の設問は志望動機と自己PRについて聞かれています。以下で1つずつ詳しく解説します。

志望動機

企業が志望動機を聞く理由としては、「自社のインターンへの志望度を知りたい」「インターンに参加する際のモチベーションを知りたい」の2つがあります。

ですので、上記2つの理由を網羅する論理的な志望動機を伝え、選考官に「だからこの人は弊社の選考を希望しているのか」と思ってもらう必要があります。

また、志望動機に関しては、ただ単純に「参加したい理由」を述べるだけではなく、「そのインターンで何を学びたいのか?何を経験したいのか?」という内容を述べ、その上で「参加したい理由」を伝えるようにしましょう。

その際は以下のフレームワークを参考に考えてみてください。

​​

自己PR

上記の設問はガクチカについて聞かれています。

ガクチカを聞かれる意図としては「経験自体のレベル・スペックの把握」「自社に合う・マッチする人材か知るため」の2つがあります。

ガクチカを書く際は、「実績自体のインパクトがどれだけあるか」「書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか」に注意して書くようにしましょう。また、その際は本田技研工業の求める人材像を意識して書くと良いと思います。

詳しい書き方は以下のフレームワークを参考にしてください。

ユニリーバのインターン選考Webテスト対策

以下は20卒対象の内容です。

実施場所:自宅
時間:30分
形式:企業オリジナル

ユニリーバのWebテストは企業のオリジナルで、ゲームのような形式だそうです。

ユニリーバのインターン選考面接対策

以下は20卒対象の内容です。

時間:30分
人数:面接官1人、学生1人

質問内容

●学生時代に頑張ったこと、その深掘り
●なぜユニリーバか
●趣味・最近興味があるもの
●逆質問

対策

●学生時代に頑張ったこと、その深掘り

この質問はガクチカについて聞かれています。

ガクチカを聞かれる意図としては「経験自体のレベル・スペックの把握」「自社に合う・マッチする人材か知るため」の2つがあります。

ガクチカを書く際は、「実績自体のインパクトがどれだけあるか」「書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか」に注意して書くようにしましょう。また、その際はユニリーバの求める人材像を意識して書くと良いと思います。

詳しい書き方は以下のフレームワークを参考にしてください。

●なぜユニリーバか

考え方は先程紹介した考え方と同様で構いませんが、面接ではESの内容の深掘りが予想されるので、再度自己分析を行って、深掘られても答えられるようにしておきましょう。

●趣味・最近興味があるもの

この質問は価値観や人となりを見極めようとしています。上述したユニリーバの求める人材像を意識して答えるようにしましょう。

●逆質問

企業が逆質問をする意図としては、企業に対して本当に興味があるのか、いわば志望度が高いのかを見ようとしています。

また、面接の場では基本的に面接官から学生に対して質問する時間が多く、一方的なコミュニケーションになりがちです。そのため、逆質問という面接官と学生の双方向のやりとりを通して、学生のコミュニケーション力を見ています。

逆質問の場における「コミュニケーション力」とは「場の流れを読み、短時間で相手の意図を汲み取る力」であると考えています。

つまり、逆質問では場の雰囲気や面接官の役職等から、今ここで何を質問するのが適切なのかを見極められるか否かを見られていると考えられます。逆質問の意図をしっかりと把握し、適切な質問をするようにしましょう。

最後に

今回は紅茶の"Lipton"や石鹸の"Dove"などで知られる、外資系メーカーのユニリーバを紹介しました。

ユニリーバは現在は400以上のブランドを保有し世界190カ国でビジネスを展開、さらにその製品は毎日20億人に使用されているという消費財関連の大手企業になります。

外資系メーカーの中ではP&Gなどと並んで就活生からの人気が高く、その選考は毎年厳しいものとなっています。

ユニリーバのインターンは採用直結型となっているので、本記事を参考にし、万全の体制でインターン選考に臨めるようにしましょう。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
32,935枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録