書評:『絶対内定シリーズ2018インターンシップ』

15,636 views

最終更新日:2023年09月28日

書評:『絶対内定シリーズ2018インターンシップ』

こんにちは、17卒の金融機関内定者です。

今回は、毎年多くの就活生が読んでいると思われる『絶対内定』シリーズの最新作を紹介します。インターンシップに関する情報が網羅されているため、これからサマーインターンシップへの参加を検討している方には非常に参考になる一冊だと思います。

私自身の話ですが、全く興味のなかった金融業界のサマーインターンシップに参加して志望業界の幅が広がり、最終的に金融機関への入社を決断しました。サマーインターンシップがなければ私の就職活動の方向性も全く違うものになっていたと思います。

インターンシップは今後のキャリア選択の上でもかなり影響度の高い要素であり、後輩の皆さまにも積極的に参加して欲しいですし、また、インターンシップを選ぶ際には本コラムで紹介する『絶対内定シリーズ2018インターンシップ』が役に立つと思っています。

絶対内定2018 インターンシップ

 

(※本コラムは『絶対内定』およびキャリアデザインスクール我究館のPR記事です)
 

『絶対内定シリーズ2018インターンシップ』は、以下のような背景でインターンシップの指南書として発売されました。

・近年ではインターンシップを開催する企業、参加する学生がともに増加しており、インターンシップに参加する学生は約4割にも達している。
・大手企業の約8割がインターン生に内定を出しているということもあり、就職活動においてはインターンシップが切っても切れない関係となっている。

「就職白書2016」リクルートキャリア就職みらい研究所調べ


また、本書では次から紹介するように、インターンシップの意義から具体的な選考対策、さらには参加後の反省ポイントまで網羅して伝えています。


インターンシップに参加する4つのメリット

インターンシップに参加することによる特徴的なメリットとして、本書では下記を挙げています。

「より具体的な企業研究ができる」
「本選考で優遇されることがある」
「学歴・英語力などで不利な学生にもチャンスがある」
「『学生時代がんばったこと』としてアピールできる」


私自身1週間のサマーインターンシップに参加して、グループワークの中で業務の理解を深めることができ、同時並行で業界研究をすることができました。また、インターンシップ後も色々な部署の方のお話を聞く機会が得られました。
そして本選考の際には1次面接が免除され、インターンシップのメリットを感じました。


インターンシップの選び方

本書では、「絞って参加 or とにかく多く参加」など8つの判断基準が書かれています。判断基準によって、インターンシップに向けた自分なりの戦略が得られると思います。また、そもそもの判断のためには自分が将来どうしたいのかについて考えておく必要があると思います。

また本書では、次のような「ヤリタイコト」を具体化するための5つのステップを紹介しています。


(1)「ヤリタイコト」をコトバにする
(2)「どこの、誰の、何のための」ヤリタイコトなのかをコトバにする
(3)「ヤリタイコトが実現できる業界」を探す
(4)インターンで知りたいことを言語化する
(5)自分が知りたいことを明確にできるインターンを探し、参加する
 


なお、インターンの段階ではまだ具体的にこの仕事をーーというところまで明確にする必要はなく、まずは自分の考えをコトバにするところから始めてみようとも伝えています。

私自身、サマーインターンシップの時期にはまだまだ世の中にどんな仕事があるのかもわからずにいました。何となくでもいいので、こんな働き方をしてみたいということを言葉に落とし込んでみるというのは考えを深める上で有効だと思います。


各種選考対策

エントリーシート、面接、グループディスカッション、グループワークなど一連の選考対策についても記載されています。
エントリーシートや面接については頻出の設問・質問およびその意図を説明しており、それ以外も全体を通して採用担当者の目線でどういった学生が評価されるのかを伝えていっています。

独りよがりに闇雲な選考対策をするよりも、本書などを参考に、企業が欲しいと感じる人材はどういったものなのかを考えた方が筋のいい対策になるように思います。


うまくいかなかったときどうするか

「1dayばかり参加して得られるものがなかった」
「なんとなく5daysをいくつか受けていたら秋になっていた」
「行きたいと思っていた企業のインターンに落ちてしまった」
「そもそも行きたい企業がインターンを実施していない」


これらの場合についてそれぞれ起こすべきアクション、心の持ち方について書かれています。
個人的には、これらがうまくいかなかったと捉えるかどうかもその人次第であると思います。例えば「行きたいと思っていた企業のインターンに落ちてしまった」場合、そもそも自分がその企業やその業界とマッチしているのかどうかを考え直すきっかけになると思います。


情報過多に陥らず取捨選択することが大事

どの企業のインターンシップに参加しようか、そもそも参加するかどうかなど、悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。
本書に書いてある通り、「現時点でベストと思えるヤリタイコトや目標」・「8つの判断基準」を念頭に置いてインターンシップ選びをすると、参加してよかったと思えるインターンや結果(内定)につながるインターンが見つかるのではないでしょうか。

就職活動の時期には、先輩から色々な話を聞くことがあると思いますし、また、インターネット上にも情報があふれています。あるいは、本書のような就活関連本を読まれることもあると思います。
その中で情報を取捨選択しながら、インターンシップはもちろんその先のことも考えて意思決定をしていただければと思います。


最後に:『絶対内定』シリーズ著者 熊谷智宏氏とは

本書含む『絶対内定』シリーズの著者である熊谷智宏氏は、キャリアデザインスクール「我究館」の館長です。新卒でリクルートに入社後、我究館を運営している株式会社ジャパンビジネスラボに参画し、これまでに2,800名以上の学生・社会人の就職・転職をサポートしています。

unistyleでも我究館についてのコラムを複数掲載しているので、以下も読んでいただければと思います。


なお、我究館では無料説明会を開催しています。下記のリンクから申し込めるので、興味のある方は足を運んでいただければと思います。

photo by GoToVan

おすすめコラム 4 件

【25卒向け】6月にエントリーの締切を迎える本選考まとめ 【25卒向け】6月にエントリーの締切を迎える本選考まとめ 本記事では本選考への応募を検討している25卒就活生に向け、6月にエントリー締切を迎える企業を紹介します。多くの企業が6月にも本選考を募集しています。気を引き締めて、積極的に志望業界・企業の情報収集を行いましょう。注意点情報の精度には最大限注意していますが、本記事の掲載情報には誤りがある可能性があります。本記事の掲載情報だけでなく、必ず"各社から発表されている一次情報"を確認していただくようお願い致します。6月に本選考のエントリー締切を迎える企業※締切日順に掲載6月1日西武・プリンスホテルズワールドワイド6月2日博報堂プロダクツ住友生命(住友生命保険相互会社)CARTAHOLDINGS(旧CCI、VOYAGEGROUP)ヤクルト本社伊藤忠丸紅住商テクノスチール(旧伊藤忠丸紅テクノスチール)6月3日積水化学工業JR東日本企画(jeki)6月4日日本郵政グループ6月5日ジール6月7日大塚商会三越伊勢丹コナミグループ(KONAMI)6月10日MeijiSeikaファルマ森永乳業時事通信社6月11日TBSテレビ(TBS)三井不動産ビルマネジメント6月14日みずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行・みずほ信託銀行)長瀬産業6月17日横浜銀行伊藤ハム日本郵政グループ積水化学工業6月18日ネスレ日本日本郵政グループ日本航空(JAL)6月19日伊藤忠商事6月21日M&A総合研究所6月23日ニフティ(@nifty)川崎重工業6月25日日立製作所6月27日ファミリーコーポレーション6月28日ゴウリカマーケティング6月30日西日本電信電話(NTT西日本)エル・ティー・エス(LTS)【エントリーはこちらから】6月の締切企業一覧本記事を読む前に以降の会員限定コンテンツでは、各社のエントリー締切日に加え、"本記事からのマイページ登録・各社の企業研究ページへの遷移"が可能となっています。まだ会員登録をされていない方は会員登録をしていただき、本記事をより効果的に活用して下さい。西武・プリンスホテルズワールドワイド2025卒夏季採用〈総合職〉■締切日時・Web会社説明会の視聴と視聴完了登録:6月1日(土)23:59まで・エントリーシートの提出/適性検査の受検:6月2日(日)23:59まで本選考へのエントリーはこちら西武・プリンスホテルズワールドワイドの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら博報堂プロダクツ2025年新卒採用春選考※職種別締切【コマースマーケティングプロデュース職】エントリー締切:6月2日(日)23:59まで提出物:エントリーシート【コマーステクノロジーディレクション職】エントリー締切:6月2日(日)23:59まで提出物:エントリーシート【ダイレクトクリエイティブ職】エントリー締切:6月2日(日)23:59まで提出物:エントリーシート本選考へのエントリーはこちら博報堂プロダクツの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら住友生命(住友生命保険相互会社)【ビジネスキャリア職】大阪地区本選考(夏採用)■応募締め切り日時:2024/6/2(日)本選考へのエントリーはこちら住友生命(住友生命保険相互会社)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら住友生命(住友生命保険相互会社)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらCARTAHOLDINGS(旧CCI、VOYAGEGROUP)25卒本選考(総合職)■締切日時:6月2日(日)23時59分本選考へのエントリーはこちらCARTAHOLDINGS(旧CCI、VOYAGEGROUP)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらヤクルト本社本選考【生産技術職】第3回締め切り■応募締め切り・第3回:6月02日(日)本選考へのエントリーはこちらヤクルト本社志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらヤクルト本社の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら伊藤忠丸紅住商テクノスチール(旧伊藤忠丸紅テクノスチール)【総合職】三次募集■書類選考応募締切:6月2日(日)23:59まで本選考へのエントリーはこちら【事務職/東北支社勤務】2次募集■応募締切:6月2日(日)23:59まで本選考へのエントリーはこちら伊藤忠丸紅住商テクノスチール(旧伊藤忠丸紅テクノスチール)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら積水化学工業25年4月入社春夏募集【住宅カンパニー】会社説明会(事務系/技術系)※選考必須■開催方法:オンライン(所要時間:1時間半予定)■開催日程〈事務系〉対象:学部・学科問わず2024年5月31日(金)13:00~14:302024年6月4日(火)13:00~14:30〈技術系〉対象:築系・土木系・機械系・電気系2024年5月31日(金)10:00~11:302024年6月4日(火)10:00~11:30本選考へのエントリーはこちら25年4月入社春夏募集(追加募集)【高機能プラスチックス/コーポレート】■応募〆切:技術系:第三ターム:6月17日(月)23:59事務系:6月17日(月)23:59本選考へのエントリーはこちら積水化学工業志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら積水化学工業の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらJR東日本企画(jeki)【総合職】二次締切■応募締切【総合職】<エントリー締切>二次締切:2024年6月3日(月)13:00送信完了まで(最終)本選考へのエントリーはこちらJR東日本企画(jeki)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらJR東日本企画(jeki)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら日本郵政グループ【ゆうちょ銀行】エリア基幹職(第3回締め切り)■応募締切第3回締切:2024年6月4日(火)正午本選考へのエントリーはこちら【かんぽ生命】エリア基幹職(第5回締め切り)■応募締切第5回選考締切:2024年6月17日(月)正午本選考へのエントリーはこちら【日本郵便】一般職■応募締切:2024年6月18日(火)正午本選考へのエントリーはこちら日本郵政グループ志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら日本郵政グループの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらジール【本選考直結イベント】データ活用のスペシャリスト「ジール」Iオンライン会社説明会■開催日程・会場・所要時間:90分・会場:オンライン(Zoom)・服装:自由本選考へのエントリーはこちらジールの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら大塚商会会社説明選考会【営業職】6月開催■開催内容:会社説明+1次選考(WEBテスト)■開催方法:オンライン(Zoom)■開催日程:6/6(木)、7(金)、11(火)■開催時間:AM10:00~12:00/PM14:00~16:00※6/6、6/11はAMのみ開催。■開催方法:オンライン開催(Zoom)■申込締切;各開催2営業日前の9:00まで本選考へのエントリーはこちら大塚商会志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら大塚商会の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら三越伊勢丹<総合職>第3クール■エントリースケジュール第3クール:4/12(金)~6/7(金)23:59一次選考合否6/11(火)を予定本選考へのエントリーはこちら三越伊勢丹志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら三越伊勢丹の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらコナミグループ(KONAMI)2025年度新卒採用インストラクター職※第3次締切■選考シート提出締切:6月7日(金)12:00本選考へのエントリーはこちらコナミグループ(KONAMI)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらコナミグループ(KONAMI)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらMeijiSeikaファルマ2025年度新卒募集二期【技術系】【営業・管理系】■応募締切日:6月10日(月)13:00本選考へのエントリーはこちらMeijiSeikaファルマ志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらMeijiSeikaファルマの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら森永乳業技術系〈N社員/生産技術コース〉3次締切■締切日時:6/10(月)13:00本選考へのエントリーはこちら森永乳業志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら森永乳業の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら時事通信社本選考(グラフィック記者)■応募締切日:6月10日(月)本選考へのエントリーはこちら時事通信社志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら時事通信社の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらTBSテレビ(TBS)後期採用【一般職・ジャーナリスト部門】【テクノロジー部門】■締切日時WEBテスト受検締切:6月11日(火)13時エントリーシート・動画アップロード締切:6月12日(水)13時本選考へのエントリーはこちらTBSテレビ(TBS)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらTBSテレビ(TBS)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら三井不動産ビルマネジメント2025年卒採用総合職※6月締切■応募締め切りエントリーシート提出:6月11日(火)23:59適性検査受検:6月12日(水)23:59本選考へのエントリーはこちら三井不動産ビルマネジメント志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら三井不動産ビルマネジメントの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらみずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行・みずほ信託銀行)夏選考第1回■応募受付締切:6月14日(金)12:00本選考へのエントリーはこちらみずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行・みずほ信託銀行)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらみずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行・みずほ信託銀行)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら長瀬産業2025年卒向け新卒採用【総合職(通常/デジタル人材)/夏季募集】■応募締切:6月14日(金)23:59まで本選考へのエントリーはこちら2025年卒向け新卒採用(事務職採用)■応募締切:6月14日(金)23:59まで本選考へのエントリーはこちら長瀬産業志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら長瀬産業の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら横浜銀行春季選考会(総合職)6次締切■エントリー期限6次締切6月17日(月)9:00本選考へのエントリーはこちら横浜銀行志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら横浜銀行の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら伊藤ハム本選考(営業職、生産技術職研究職、システム職)※第4回締切■応募締切日時第4回締切6/17(月)朝10時本選考へのエントリーはこちら伊藤ハム志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら伊藤ハムの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらネスレ日本ネスレパスコース■エントリー締切2024年6月18日(火)10:00本選考へのエントリーはこちらネスレ日本志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらネスレ日本の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら日本航空(JAL)2025年度入社向け新卒採用業務企画職(コーポレートコース/オペレーションコース/ビジネス・マーケティングコース/データサイエンス・デジタルテクノロジーコース)夏ターム■応募方法STEP1:基本情報登録《2024年6月18日(火)23:59》※基本情報登録完了後、WEBエントリーシート入力が可能となります。STEP2:WEBエントリーシート入力《期限:22024年6月18日(火)23:59》※WEBエントリーシート提出完了後、適性検査の案内が送付されます。STEP3:適性検査受検《期限:2024年6月20日(木)23:59》本選考へのエントリーはこちら日本航空(JAL)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら日本航空(JAL)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら伊藤忠商事総合職本エントリー(夏選考)■締切日時・STEP①:アンケート、エントリーシート提出6月19日(水)23:59(日本時間)・STEP②:適性検査受検結果提出/履修履歴提出6月24日(月)23:59(日本時間)本選考へのエントリーはこちら事務職本エントリー(夏選考)■締切日時・STEP①:アンケート、エントリーシート提出6月19日(水)23:59(日本時間)・STEP②:適性検査受検結果提出/履修履歴提出6月24日(月)23:59(日本時間)本選考へのエントリーはこちら伊藤忠商事志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら伊藤忠商事の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらM&A総合研究所【特別フロー/東証プライム上場】M&A×DXで社会課題を解決するリーディングカンパニー■日程:5月28日(火)13:00~14:006月4日(火)12:00~13:006月13日(木)17:00~18:006月19日(水)14:00~15:006月24日(月)16:00~17:00​​​​​■会場:WEB開催(ZOOM)本選考へのエントリーはこちらM&A総合研究所の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらニフティ(@nifty)エンジニア職一般選考参加必須会社説明会(オンライン/対面)■開催方法:オンライン、対面(新宿本社)■開催日程【オンライン】・2024年6月10日(月)14:00~16:00・2024年6月20日(木)14:00~16:00・2024年6月24日(月)14:00~16:00【対面】・2024年6月05日(水)14:00~16:00本選考へのエントリーはこちらニフティ(@nifty)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら川崎重工業【事務系】本選考■応募期限:6月23日(日)23:59本選考へのエントリーはこちら川崎重工業志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら川崎重工業の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら日立製作所【25卒】夏期選考会「ビジネス・マネジメント系職種」■締切日時【エントリーシートの提出】6月25日(火)12:00(正午)【Webテストの受検】6月26日(水)12:00(正午)本選考へのエントリーはこちら日立製作所志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら日立製作所の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらファミリーコーポレーション【最短2週間内定】<建築×不動産×コンサルティング>ファミリーコーポレーション■開催日程・6月3日(月)17:00~18:30・6月4日(火)13:00~14:30・6月5日(水)10:00~11:30・6月6日(木)11:00~12:30・6月10日(月)10:00~11:30,18:00~19:30・6月11日(火)14:00~15:30・6月12日(水)17:00~18:30・6月13日(木)10:00~11:30・6月14日(金)11:00~12:30・6月17日(月)17:00~18:30・6月18日(火)13:00~14:30・6月19日(水)11:00~12:30・6月20日(木)13:00~14:30・6月21日(金)17:00~18:30・6月24日(月)17:00~18:30・6月25日(火)10:00~11:30・6月26日(水)13:00~14:30・6月20日(木)17:00~18:30・6月21日(金)10:00~11:30■会場:Web開催本選考へのエントリーはこちらファミリーコーポレーションの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらゴウリカマーケティング【25卒データサイエンティスト職】企業のマーケティング効果を最大化させる「ゴウリカマーケティング」■応募締切:6月28日(金)本選考へのエントリーはこちら西日本電信電話(NTT西日本)本選考第4回締切■応募締切:6月30日(日)23:59本選考へのエントリーはこちら西日本電信電話(NTT西日本)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら西日本電信電話(NTT西日本)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらエル・ティー・エス(LTS)【ES/適性検査免除】戦略立案から実行支援までを担うコンサルティングファーム■応募締切:6月30日(日)23:59本選考へのエントリーはこちら最後に本記事では、"6月に本選考の締切を迎える企業"を締切日順に紹介してきました。選考通過を目指して今まで準備してきたことをもう一度振り返り、本選考に臨みましょう。本記事を参考に各社のエントリー締切日を管理し、「効率的なエントリー・就活スケジュール設計」に役立てていただければと思います。↑unistyleオリジナルの「インターンエントリー企業管理シート」と「本選考エントリー管理シート」になります。スプレッドシートをダウンロードするだけで使用できますので、ぜひご活用ください。また、unistyleでは25卒就活生向けにLINEオープンチャットグループを運営しています。匿名で様々な就活生と情報交換をすることができるという便利な機能になりますので、"最新の選考状況や選考結果連絡の有無等をリアルタイムで確認したい"という方は、ぜひご活用ください。↑unistyleでは25卒就活生向けに就活用グループを運営しており、今後もグループを拡充させていく予定です。上記記事に各グループの参加用URLを掲載していますので、興味のある方は記事からご参加ください。さらにunistyleでは、今後も25卒就活生向けに「インターンシップ・本選考のエントリー締切情報」を公開していく予定です。まだ会員登録を済ませていないという方は、以下から早めに会員登録をしていただき、本サイトを有効的に役立ててもらえればと思います。 5,353 views
【26卒向け】5月後半(16日~31日)にエントリーの締切を迎える本選考・インターン・説明会のまとめ 【26卒向け】5月後半(16日~31日)にエントリーの締切を迎える本選考・インターン・説明会のまとめ 本記事では説明会やインターン、本選考への応募を検討している26卒就活生に向け、5月後半(16日~31日)にエントリー締切を迎える企業を紹介します。人気の企業では、5月から本選考を募集しています。第一志望の説明会や選考のタイミングを逃さないよう、積極的に志望業界・企業の情報収集を行いましょう。関連記事注意点情報の精度には最大限注意していますが、本記事の掲載情報には誤りがある可能性があります。本記事の掲載情報だけでなく、必ず"各社から発表されている一次情報"を確認していただくようお願い致します。5月後半(16日~31日)にエントリーの締切を迎える企業※締切日順に掲載5月16日【説明会】LINEヤフー5月19日【インターン】モルガン・スタンレー【説明会】三菱UFJ信託銀行5月20日【インターン】LINEヤフー【インターン】日本政策投資銀行(DBJ)【インターン】PwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社【説明会】PwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社【説明会】野村総合研究所(NRI)5月21日【説明会】キリンホールディングス(KIRIN)【説明会】サイバーエージェント5月22日【説明会】PwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社5月23日【説明会】PwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社5月24日【インターン】アクセンチュア【説明会】PwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社5月25日【説明会】日立製作所5月26日【インターン】PwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社【インターン】サイバーエージェント5月27日【説明会】博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ【説明会】PwCJapan有限責任監査法人(旧PwCあらた有限責任監査法人)【説明会】ベイン・アンド・カンパニー(Bain&Company)【説明会】INPEX(旧国際石油開発帝石)【インターン】M&A総合研究所5月28日【インターン】野村総合研究所(NRI)【インターン】サイバーエージェント【説明会】博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ5月29日【説明会】大日本印刷(DNP)5月31日【本選考】エル・ティー・エス【本選考】電通総研(旧電通国際情報サービス/ISID)【インターン】LINEヤフー【説明会】ゴールドマン・サックス(GoldmanSachs)【説明会・インターンシップ】ヴァリューズ(VALUES)長期インターン募集企業unistyle(株式会社ネオキャリア)FIVEJAPANNousPrelude​LINEヤフー先輩エンジニアTalkSession■イベント名/開催日時LINEヤフーインターンシップ2024①「ソフトウェアエンジニアコースコース」/5月14日(火)17:00~18:30②「インフラエンジニアコース&セキュリティエンジニアコース」/5月15日(水)17:00~18:30③「データサイエンスコース」/5月16日(木)17:00~18:30■開催形式オンライン(Zoom)■締切日時各イベント開始1時間前まで①~③の各説明会へのエントリーはこちら④SUMMERINTERNSHIP2024【エンジニア職】■開催期間2024年8月19日(月)~10月31日(木)の間で2~8週間※土日祝日を除きます。※期間は就業先部署(ポジション)により異なります。※原則週5日・10:00~18:45(休憩1時間を含む)です。ただし、就業先部署(ポジション)によりシフトによる調整も可能です。※就業先部署(ポジション)の詳細は5月上旬に公開予定です。■締切日時2024年5月20日(月)10:00④のインターンへのエントリーはこちら⑤SUMMERINTERNSHIP2024【LINENEWSデータ分析】■開催期間8月19日(月)~9月27日(金)※6週間※土日祝日を除きます。※※就業時間は原則週5日・10:00~18:45(休憩1時間を含む)です。ただし、シフトによる調整も可能です。■締切日時2024年5月31日(金)10:00⑤のインターンへのエントリーはこちらLINEヤフー志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらLINEヤフーの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらモルガン・スタンレーTechnologySummerAnalystProgram■締切日時オンラインでの初期登録およびエントリーシートの提出2024年5月19日(日)23:59インターンへのエントリーはこちらモルガン・スタンレー志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらモルガン・スタンレーの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら三菱UFJ信託銀行MUTBEarlySummerSeminar(参加特典あり)■日程2024年6月18日(火)2024年6月26日(水)※いずれか半日■会場オンライン■締切日時2024年5月19日(日)23:59説明会へのエントリーはこちら三菱UFJ信託銀行志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら三菱UFJ信託銀行の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら日本政策投資銀行(DBJ)DBJ業務職WORKSHOPー理念・キャリア編ー1次締切■日程(予定)/実施方法2024年8月8日(木)午後(半日)/対面実施2024年8月9日(金)午後(半日)/対面実施2024年8月14日(水)午後(半日)/対面実施2024年8月15日(木)午後(半日)/オンライン実施■締切日時5月20日(月)12:00(正午)※1次締切インターンへのエントリーはこちら日本政策投資銀行(DBJ)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら日本政策投資銀行(DBJ)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらPwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社①PwCアドバイザリー《M&A・戦略コンサルタント職》SummerInternship(第1締切)■選考日程1ststage:エントリーシート提出2ndstage:WEB適性検査(5月25日~)3rdstage:グループディスカッション(6月10日~)4thstage:ケース・個人面接(7月3日~)5thstage:1DayInternship(8月28日/8月29日/8月30日/9月2日のいずれか1日)※参加日は選択可能6thstage:人事面接(9月13日~)7thstage:最終面接(9月24日~)■選考実施方法オンライン※ジョブ選考・最終面接は対面実施予定■締切日時5月20日(月)23:59※第1ターム締切①インターンへのエントリーはこちら②PwCコンサルティング《ビジネスコンサルタント(BC)》会社説明会■開催日時2024年5月13日(月)16:00〜17:002024年5月21日(火)16:00〜17:00■開催方法WEB(Googlemeet)■予約締切開催日前日12:00②説明会へのエントリーはこちら③PwCコンサルティング《ビジネスコンサルタント(BC)》CareerSharingSession■選考日程2024年5月15日(水)16:00〜17:002024年5月23日(木)16:00〜17:00■開催方法WEB(Googlemeet)■締切日時開催日前日12:00③説明会へのエントリーはこちら④PwCコンサルティング《PwC入門編》グループ合同法人説明会■開催日程2024年5月23日(木)18:00〜19:30■開催方法オンライン■締切日時イベント当日12:00(正午)④説明会へのエントリーはこちら⑤PwCコンサルティング《XVS》戦略コンサルタント職(X-Value&Strategy)Internship選考会社説明会■開催日程2024年4月25日(木)14:00-15:002024年5月24日(金)15:00-16:00■開催方法オンライン■締切日時開催日前日12:00(正午)⑤説明会へのエントリーはこちら⑥PwCコンサルティング【ビジネスコンサルタント(BC)】SummerInternship選考■選考日程1ststage:エントリーシート提出(~2024/5/26)2ndstage:WEB適性検査3rdstage:グループディスカッション4thstage:ケース・個人面接5thstage:1DayJOB6thstage:人事面接/パートナー面接■エントリーシート提出締切日2024年5月26日(日)23:59⑥インターンへのエントリーはこちらPwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらPwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら野村総合研究所(NRI)①夏インターンシップ紹介セミナー~ITソリューションコース編~■開催日程2024年5月21日(火)17:30~19:00■締切日時2024年5月20日(月)①説明会へのエントリーはこちら②【ITソリューションコース】夏期インターンシップ■応募受付期間イベント当日12:00(正午)■応募受付期間2024年4月1日(月)~2024年6月4日(火)正午※上記はITソリューションコースの応募受付期間です。※他のコースは応募受付期間が異なる場合があります。該当コースのページでご確認ください。<先行受付期間>2024年4月1日(月)~5月28日(火)正午<最終受付期間>2024年5月28日(火)13:00~2024年6月4日(火)正午②インターンへのエントリーはこちら野村総合研究所(NRI)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら野村総合研究所(NRI)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらキリンホールディングス(KIRIN)KIRINOPENCOMPANY2026■開催日程2024年5月21日(火)18:00~19:00■開催方法オンライン開催(Zoomウェビナー)■締切日時2024年5月21日(火)12:00まで説明会へのエントリーはこちらキリンホールディングス(KIRIN)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらキリンホールディングス(KIRIN)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらアクセンチュア①《夏インターンシップ》和魂偉才塾アドバンスト・アーキテクティング塾■開催日/開催方法プレセッション:8月9日(金)/オンライン第1ターム:8月20日(火)~8月23日(金)/東京会場プレセッション:8月22日(木)/オンライン第2ターム:8月27日(火)~8月30日(金)/東京会場※プレセッションは参加必須です。​■開催時間9:00~18:00■締切日時エントリーシート提出:2024年5月24日(金)10:00締切適性検査受験:2024年6月6日(木)23:59締切①インターンへのエントリーはこちら②《夏インターンシップ》戦略コンサルタント育成プログラム■開催日/開催方法プレセッション:8月7日(水)16:00~18:00/オンライン第1ターム:8月21日(水)8月23日(金)全3日間/東京会場第2ターム:8月28日(水)~8月30日(金)全3日間/東京会場第3ターム:9月4日(水)~9月6日(金)全3日間/東京会場第4ターム:9月11日(水)~9月13日(金)全3日間/大阪会場■開催時間9:00~18:00■締切日時エントリーシート提出:2024年5月24日(金)10:00締切適性検査受験:2024年6月6日(木)23:59締切②インターンへのエントリーはこちら③《夏インターンシップ》エンジニア塾■開催日/開催方法プレセッション:9月5日(木)第1ターム:9月9(月)~9月12日(木)全4日間​/神奈川会場第2ターム:9月10日(火)~9月13日(金)全4日間/神奈川会場第3ターム:9月17日(火)~9月20日(金)全4日間​/大阪会場第4ターム:9月24日(火)~9月27日(金)全4日間/北海道会場■開催時間9:00~18:00■締切日時エントリーシート提出:2024年5月24日(金)10:00締切適性検査受験:2024年6月6日(木)23:59締切③インターンへのエントリーはこちらアクセンチュア志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらアクセンチュアの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら日立製作所HitachiGroupOpenCompany■開催日程1.HitachiGroupOpenCompanyDay12024月5月25日(土)10:00〜17:302.HitachiGroupOpenCompanyDay22024年5月26日(日)10:00〜17:30■開催方法オンライン■締切日時1.5月24日(金)17:002.5月25日(土)17:00※各セミナー開催日の前日17:00まで説明会へのエントリーはこちら日立製作所志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら日立製作所の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらサイバーエージェント①【26卒ビジネス】AI・DX事業編~会社説明会Vol.6~■開催日程2024年5月21日(火)18:00~19:00■開催方法オンライン(YouTubeLIVE配信)①説明会へのエントリーはこちら②【エンジニア】次世代トップエンジニア創出インターンシップACE■開催日程2024年9月11日(水)~2024年9月24日(火)■締切日時2024年5月26日(日)23:59②インターンへのエントリーはこちら③【ビジネス】サイバーエージェントBOX1期締切■開催日1期:2024年8月30日(金)~9月1日(日)2期:2024年10月11日(金)~10月13日(日)3期:2024年12月6日(金)~12月8日(日)■締切日1期:1次選考締切日:2024年5月28日(火)4次選考締切日:2024年6月14日(金)2期:1次選考締切日:2024年7月1日(月)4次選考締切日:2024年7月31日(水)3期:1次選考締切日:2024年8月19日(月)4次選考締切日:2024年9月30日(月)※インターンシップに参加を希望する方は、締切日までに1次選考と4次選考のグループワークに参加することが必須となります。③インターンへのエントリーはこちら④【ビジネス】経営戦略インターンシップ■開催日2024年9月13日(金)~2024年9月15日(日)■締切日1次選考締切日:2024年5月28日(火)4次選考締切日:2024年6月28日(金)※インターンシップに参加を希望する方は、締切日までに1次選考と4次選考のグループワークに参加することが必須となります。④インターンへのエントリーはこちらサイバーエージェント志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらサイバーエージェントの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちら博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ①ハクスクイベント「就職活動について考える」■開催日時2024年5月27日(月)18:00~19:30※約1時間半での開催予定です。■開催方法オンライン開催(Zoomウェビナー)■締切日時2024年5月27日(月)9:00締切説明会へのエントリーはこちら②オンライン自社説明会「博FESinMay」■開催日時DAY1:5月29日(水)17:00~20:00(予定)DAY2:5月30日(木)17:00~20:30(予定)※途中参加、途中退出が可能です。■開催方法オンライン■締切日時開催前日の23:55説明会へのエントリーはこちら博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら博報堂・博報堂DYメディアパートナーズの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらPwCJapan有限責任監査法人(旧PwCあらた有限責任監査法人)法人説明会&座談会_入門編■開催日時2024年5月28日(火)18:00~20:00■実施方法東京大手町オフィス(対面)■締切日時開催前日の12:00まで説明会へのエントリーはこちらPwCJapan有限責任監査法人(旧PwCあらた有限責任監査法人)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらPwCJapan有限責任監査法人(旧PwCあらた有限責任監査法人)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらベイン・アンド・カンパニー(Bain&Company)会社説明会※開催日別締切■開催日時第1回:4月24日(水)18:30-20:00(ログイン開始18:15)第2回(女性パートナー登壇):5月14日(火)18:30-20:00(ログイン開始18:15)リアルプロジェクトの紹介:6月3日(月)18:30-20:00(ログイン開始18:15)■締切日時第1回:4月17日(水)13:00PM第2回:5月8日(水)13:00PMリアルプロジェクトの紹介:5月27日(月)13:00PM説明会へのエントリーはこちらベイン・アンド・カンパニー(Bain&Company)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらベイン・アンド・カンパニー(Bain&Company)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらINPEX(旧国際石油開発帝石)オンライン企業説明会(5月開催)■開催日時2024年5月9日(木)10:00~11:002024年5月28日(火)14:00~15:00※随時日程が追加公開されます。説明会へのエントリーはこちらINPEX志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらINPEXの企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらM&A総合研究所M&A業務を体験!26卒インターンシップ■締切日時5月27日(月)9:00■開催日時5月21日(火)16:30~19:30@対面(東京駅付近会場)5月30日(木)16:30~19:30@WEBインターンへのエントリーはこちら大日本印刷(DNP)DNPテーマトーク~若手社員の働き方編Part2~■開催日時5月30日(木)16:30~18:00■開催形式オンライン(Zoom)■予約締切日5月29日(水)23:59まで※先着順説明会へのエントリーはこちら大日本印刷(DNP)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら大日本印刷(DNP)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらエル・ティー・エス【早期選考直結型インターンシップ】コンサルティングファーム「エル・ティー・エス」■応募締切日5月31日(金)本選考へのエントリーはこちら電通総研(旧電通国際情報サービス/ISID)【電通グループ】国内屈指のIT企業「電通総研」(旧電通国際情報サービス/ISID)■開催形式オンライン■応募締切日5月31日(金)23:59本選考へのエントリーはこちら電通総研(旧電通国際情報サービス/ISID)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちら電通総研(旧電通国際情報サービス/ISID)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらゴールドマン・サックス(GoldmanSachs)オープン・デーとその他イベント※開催日程別締切■開催日時(応募締切日時)◆投資調査部門WEBオープン・デー※各回、同じ内容です4月23日(火)11:00-12:15(応募締切:4月18日(木)23:59)5月22日(水)13:00-14:15(応募締切:5月16日(木)23:59)◆投資銀行部門※各回、同じ内容です体育会系向けWEBイベント4月25日(木)16:30-18:00(応募締切:4月22日(月)23:59)5月17日(金)16:30-18:00(応募締切:5月14日(火)23:59)地方学生向けWEBイベント4月30日(火)15:00-16:20(応募締切:4月24日(水)23:59)5月21日(火)15:00-16:20(応募締切:5月16日(木)23:59)WEBオープン・デー5月9日(木)15:00-16:50(応募締切:5月2日(木)23:59)6月5日(水)15:00-16:50(応募締切:5月31日(金)23:59)◆コントローラーズ部門WEB座談会5月16日(木)15:00-16:15(応募締切:5月12日(日)23:59)◆2024APACWomen’sTraderAcademy【女性限定】5月29日(水)・30日(木)・31日(金)各日9:00-18:00予定※3日間の出席が必要です(応募締切:3月31日(日)23:59)説明会へのエントリーはこちらゴールドマン・サックス(GoldmanSachs)志望者向けの企業別LINEオープンチャットはこちらゴールドマン・サックス(GoldmanSachs)の企業研究ページ(選考通過者ES・本選考レポート・選考対策記事)はこちらヴァリューズ【Google、花王、SUNTORYなど】大手企業を中心にマーケティングコンサルを手掛ける「ヴァリューズ」■セミナー日程・会場【日程】ページ下部のお申込みフォームよりご確認をお願いいたします。【会場】オンライン開催■セミナー内容【1】マーケティングコンサルタント直伝!就活セミナー【2】代表社長登壇!キャリアトークインターンへのエントリーはこちら長期インターン募集企業unistyle(株式会社ネオキャリア)【Webマーケ長期インターン募集】論理的思考とWebマーケティングスキルが身につく!「unistyle」■仕事内容1.記事の執筆から効果測定(SEOライティング)└大手企業中心のインタビュー記事の企画から取材作成等も依頼予定2.SNS運用└X(旧Twitter)(総フォロワー8万人以上)、LINEオープンチャット(累計40万人以上が利用)等の運用■身につくスキル・就活ですぐに役立つES作成~面接スキル・SEOライティングスキル・SNS運用スキル・マーケティング責任者直下での実務経験によるマーケティングに関する知見・社員への提案を通した社会人としての基礎力と、論理的思考力■勤務時間・待遇等・9:30-18:30(土日祝日休み)・時給1,150円~1,250円(独自に設けているスキルレベルを上げると昇格・昇給)・交通費全額支給・髪色服装自由◆選考フロー1.応募フォームからエントリー2.面談兼面接(オンライン)3.合格4.勤務開始詳細情報は以下のリンクよりご確認ください。インターンへのエントリーはこちらFIVEJAPAN【SNS・マーケ分野インターン/フルリモートも◎】TikTokLIVE事業の知見×データ分析による強みを持つスタートアップ「FIVEJAPAN」■仕事内容1.クリエイターのスカウト(DM配信がメイン)2.クリエイターのマネジメント■身につくスキル・SNS運用、マーケティングスキル(配信コンテンツの企画、配信、分析)・マネジメントスキル(ライバーのスケジュール管理)・営業スキル(新規ライバーの獲得)etc.※動画やSNS運用経験は、「ガクチカ」としてもアピールできると思います。■報酬時給1,200円〜交通費支給あり詳細情報は以下のリンクよりご確認ください。インターンへのエントリーはこちらNousPrelude【マーケティング・広報/インターン募集】TikTokLIVE事業の創業メンバー率いるスタートアップ「NousPrelude」■職種マーケティング/広報■仕事内容1.クリエイターのスカウト(DM配信がメイン)2.クリエイターのマネジメント■身につくスキル・SNS運用、マーケティングスキル(配信コンテンツの企画、配信、分析)・マネジメントスキル(ライバーのスケジュール管理)・営業スキル(新規ライバーの獲得)etc.※動画やSNS運用経験は、「ガクチカ」としてもアピールできると思います。■報酬時給1,200円〜交通費支給あり詳細情報は以下のリンクよりご確認ください。インターンへのエントリーはこちら最後に本記事では、"5月後半(16日~31日)にエントリーの締切を迎える企業"を締切日順に紹介してきました。インターンや本選考が本格的に始まる時期。志望企業のエントリーを逃さないよう、スケジュールをしっかり立て、選考に向けて準備をしましょう。本記事を参考に各社のエントリー締切日を管理し、「効率的なエントリー・就活スケジュール設計」に役立てていただければと思います。↑unistyleオリジナルの「インターンエントリー企業管理シート」と「本選考エントリー管理シート」になります。スプレッドシートをダウンロードするだけで使用できますので、ぜひご活用ください。また、unistyleでは26卒就活生向けにLINEオープンチャットグループを運営しています。匿名で様々な就活生と情報交換をすることができるという便利な機能になりますので、"最新の選考状況や選考結果連絡の有無等をリアルタイムで確認したい"という方は、ぜひご活用ください。↑unistyleでは26卒就活生向けに就活用グループを運営しており、今後もグループを拡充させていく予定です。上記記事に各グループの参加用URLを掲載していますので、興味のある方は記事からご参加ください。さらにunistyleでは、今後も26卒就活生向けに「インターンシップ・本選考のエントリー締切情報」を公開していく予定です。まだ会員登録を済ませていないという方は、以下から早めに会員登録をしていただき、本サイトを有効的に役立ててもらえればと思います。 1,296 views
「日本のプレゼンス向上」を軸にした商社内定者が惹かれた企業|33選 「日本のプレゼンス向上」を軸にした商社内定者が惹かれた企業|33選 こんにちは。16卒の総合商社内定者です。私は日本の世界における立場をもっと良くし、素晴らしい技術力を持つ日本のメーカーを筆頭に新興国などに進出させたいと考えていました。つまり「日本のプレゼンスを向上したい」が就活の軸となっていました。それを元に受ける業界・企業を絞り、早い時期からひたすら面接を受けていました。今回は私が志望した業界・企業の紹介と惹かれたポイントを綴りたいと思います。本記事のコンテンツ・外資系投資銀行└(ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、JPモルガン、メリルリンチ)・外資系コンサル└(マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー、アクセンチュア)・外資系損保└(AIG)・ベンチャー└(DeNA、レバレジーズ、アルー)・プラント└(日揮)・日系メーカー└(トヨタ自動車、新日鐵住金、味の素、キーエンス)・エネルギー└(国際石油開発帝石)・損保└(東京海上日動火災、三井住友海上)・メガバンク└(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)・証券└(野村證券、大和証券)・海運└(日本郵船、商船三井、川崎汽船)・総合商社└(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅)・最後に外資系投資銀行(ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、JPモルガン、メリルリンチ)《大学3年生冬〜大学4年生春》外資系投資銀行はサマーインターンに始まり、ウィンターインターン、本選考中のジョブなど選考が数多くあります。また早くから活動している就活生が多く受けることからそのレベルを知るという意味でもたとえ興味がなくともチャレンジする価値はあると思います。選考を通じて会った学生は一貫して高学歴が多いように感じました。部門別採用をしているのでエントリーシートを出す時点でどの部門を志望するのか決める必要があります。私は投資銀行部門を主に受けていましたが、投資銀行部門は日系企業のM&Aの案件などを請け負っているために日本の業界地図を変えることで日系企業の競争力を高め、日本のプレゼンスを向上するような企業を輩出する手助けをしたいという志望理由でした。また投資銀行部門の社員は真面目な方が多く、面接でも非常にロジカルな質問をされました。外資系コンサルマッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー、アクセンチュア《大学3年生冬〜大学4年生春》外資系コンサルのほとんどが選考の一貫としてジョブを行います。また志望動機以上にロジカルな頭を持ち合わせているかどうかを見られているように感じました。私自身、選考を通して志望動機を聞かれる機会は少なく、ケース面接などで地頭の良さを見られているという印象を受けました。ケース面接になれておくと物事をロジカルに考えるようになるのでその後の他社の選考にもその経験が活きてきます。私は日系企業の戦略コンサルティングを行うことで企業の価値を高め、日本のプレゼンスを向上することに貢献したいという理由で受けていました。ボストン・コンサルティング・グループは筆記試験がテストセンターの為、受けておくことを強くオススメします。基準点が非常に高く、この時点でテストセンターを卒業するには良い機会となるでしょう。参考:外資系損保AIG《大学3年生冬〜大学4年生春》日本の就活生にはあまり人気ではないかもしれません。しかし世界的に見ると外資系損保の存在感は大きく、訴訟大国アメリカでは損保の必要性は大いにあるようです。日系の損保は自動車保険において圧倒的なシェアを誇っている為、外資系損保はブルーオーシャン戦略を敷きニッチな場所でビジネスを行うしかないようです。損保というビジネスは日系企業の海外進出を支援するので、必然的に日本のプレゼンスを向上することに携わることができます。私自身は日系の損保も受けたいと考えていたので外資系損保を腕試しで受けていました。ベンチャーDeNA、レバレジーズ、アルー《大学4年生3月〜7月》ベンチャー企業の人気は近年高まってきたように感じます。ベンチャー企業といっても様々な規模があり、私の場合は50人〜300人ほどの成長期にある会社と500人以上の成熟期にあるメガベンチャーを並行して受けていました。こちらに関しては日本の価値を高めるという軸にはあまり沿わず、将来的に経営者になりたい人に受けることをオススメします。しかし日本独自の技術を持ち、今後日本のプレゼンスを向上することのプレーヤーとなっていく会社も多くあります。ただ、まだ影響力が存分にはないので受ける企業の候補からは外していました。プラント日揮《大学4年生3月〜7月》プラントエンジニアリング会社は海外の特に新興国においてインフラの整備を行い、工事建設のマネジメントを行う会社で、新興国に興味のある学生に人気な業界です。日揮に関しては今年度からエントリー時にビデオ選考などを行っており、新しい試みを行ったことでも話題になりました。私自身は新興国の経済発展に貢献することで将来的には日本に良い影響が出てくると考えていた為、新興国の価値を高めることで最終的には日本のプレゼンスを向上したいと話していました。参考:日系メーカートヨタ自動車、新日鐵住金、味の素、キーエンス《大学4年生3月〜7月》日本のプレゼンスを向上する為の中心人物がメーカーです。特にトヨタ自動車や新日鐵住金は業界では世界トップシェアを誇っている為、日本のプレゼンスを向上する最前線にいる会社といえるでしょう。しかし私自身は理系ではなかったので、会社の製品を開発できないという点がしっくりきませんでした。その為、日系のメーカーは数社しか受けませんでした。参考:エネルギー国際石油開発帝石《大学4年生3月〜7月》エネルギー開発会社で日本において世界レベルで知名度があるのは国際石油開発帝石ぐらいのように感じます。総合商社のエネルギー部門とは異なり、より上流の段階に関わることができるのとプロジェクトのオペレーターが任されるのが魅力です。しかし、私はどうしてもエネルギー開発を行いたかったわけではないので総合商社と併願しており、最終的には仕事の幅が広がる総合商社を選びました。参考:損保東京海上日動火災、三井住友海上《大学4年生3月〜7月》就活生に人気のある損保業界です。日系企業が海外進出を行う際には様々なリスクがあり、そのマネジメントをしプランを練るのが損保です。私はその中でも業界上位二社に絞って受けていました。ただ損保というビジネス自体が企業の海外進出に前向きなイメージは私にはなかったので最終的にはしっくりきませんでした。ただ両社ともにインターンは充実しており参加することを強くオススメします。参考:メガバンク三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行《大学4年生3月〜7月》多くの就活生が受けると思います。また三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行に関しては採用人数の少ないグローバルコースがあるので早くから大企業の法人営業を担当し、海外に行きたいのであれば難関のグローバルコースに応募することをオススメします。私自身はメガバンクの内定を頂くことができましたが、金融的なサポートしかできないことに物足りなさを感じたので辞退することにしました。参考:証券野村證券、大和証券《大学4年生3月〜7月》外資系投資銀行と同様に投資銀行部門を中心に受けていました。よく新聞に掲載されるようなM&Aや業務提携の記事には裏で証券会社が絡んでいることが多く、業界地図を塗り替えるぐらいのプロジェクトに関わることで日本の競争力の向上に携わることができるため、日本のプレゼンス向上に貢献することができるという理由から志望していました。参考:海運日本郵船、商船三井、川崎汽船《大学4年生3月〜7月》海運は物流の中心にいる為、日系企業の海外進出に携わることができます。また日本の海運は世界的に見ても大きな存在感を出しているので非常にやりがいのある仕事ができると思います。ただ私の場合はあくまで物流の域を越えないのでモノやサービスを作ることのできないことに物足りなさを感じました。参考:総合商社三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅《大学4年生3月〜7月》総合商社を受ける際に多い志望理由が「新興国の発展に寄与したい」もしくは「日本のプレゼンス向上に貢献したい」だと思います。志望動機は他にもありますが、大体はパターン化されており下記の記事が参考になります。参考:私自身は日本のプレゼンス向上に貢献したいと考えていた為、それに関連した話をしていました。総合商社に関しては内定を頂いたこともあり、思い入れがあるので各企業ごとに詳細を記します。○三菱商事万年業界トップを守り抜いてきた三菱商事はどのセグメントにおいても安定的な収益を上げています。私自身OB訪問をして感じたのは国家的なプロジェクトに関わっている社員が他の商社に比べて多いということでした。組織の三菱といわれるように三菱グループの企業を活用してビジネスを行うことも多いようでチームプレーを行ってきた就活生はフィーリングが合うと思います。三菱商事の内定者と話していると非常にプライドが高く、自分に自信を持っている人が多いように感じました。エリート志向の人が多いように思います。○三井物産資源分野がダントツに強く就活生の人気もエネルギーと金属資源に集中しています。私自身は国際石油開発帝石を受けていたので商社が関われるエネルギー開発の限界を知っており、エネルギー部門は志望していませんでした。OB訪問で印象に残っているのは、「人の三井」といわれるだけあって社員に自分自身が会社を変えるという意識が浸透していることでした。○伊藤忠商事非資源分野で業界No.1であり、非常に勢いのある商社のように感じます。私自身は非資源分野を志望していたので企業研究は非常にしやすかったです。OB訪問では他商社と比べると個性的な人が多く、商社の内情をかなり聞くことができました。○丸紅電力・プラント部門が強く新興国にも多く進出しています。私自身が商社でやりたいことがぴったりハマっていたため面接は非常にやりやすかったです。OB訪問では情熱的な社員に多く会い、商社業界の順位を変えたいと強く話していたことが印象に残っています。また会社の近くにある赤坂飯店の坦々麺はオススメです。なぜか三井物産の社員がわざわざ食べに来るほどです。○住友商事もっともバランスの良いポートフォリオを組んでいる商社といえるでしょう。一方で16卒においては住友商事は減損をしてしまった為就活生の人気は下がったように感じました。私自身はOB訪問にて美味しいランチを食べるのが楽しみで勝どきまでよく足を運んでいました。今年はインターンも行うので早い段階から接することができる商社の一つです。最後に私の場合は幅広い業界を受けすぎた為に企業研究が疎かになってしまったという反省がある反面、幅広い業界を受けたからこそそれぞれの関わり方が見えてきたというメリットがあります。ここで書いた会社は就職人気ランキングでも上位の会社が多いので倍率も非常に高いです。しかし就職活動において強い軸がある学生はぜひとも参考にして欲しいと思います。参考:photobyMartinThomas 53,091 views
【20卒体験談】やりたい仕事なんてない!働きたくなかった就活生の就活体験記 【20卒体験談】やりたい仕事なんてない!働きたくなかった就活生の就活体験記 こんにちは。20卒の上智学生(デニナギ)です。以前からunistyleに私のインタビュー記事を掲載いただいていたのですが、先日、IT企業とテレビ局から内定をいただき、就職活動を終了いたしましたためここに報告させていただきます。この記事は「就活やだやだ、5000兆円欲しい!」人向けのものです。あらゆる就活サイトに掲載された華々しい体験談に飽き飽きし、できれば働きたくはないけれど、普通は(普通は?)働くものだし、就活はやらなきゃいけないなぁと考えていた私のような学生に読んでいただけると、少し共感いただけるかもしれません。あるいは、やりたい仕事が見つからずに悩んでいたり、単純に就活しんどいと感じていたりする方に対して、同じようなマインドの人間がいたということを示すことで、少しでも気を楽にできる一助になれればと思っています。おそらくほとんどタメにならない内容ですが、「こういう学生もいたんだな」という気持ちで御一読いただけると嬉しいです。・・・・・サッカーの呪縛私は大学生になってもなお「プロサッカー選手」という職業に憧れていました。これ、本当に能力が高くて、強豪チームに所属している、などの人が言っているのであれば特に問題はないのですが、私は普通の大学生です(小学生時代からサッカーを続け、大学ではサッカーサークルに所属していましたが)。でも病気なので「サッカー選手になりたい!働きたくない!」と思っていました。そのため、就活に対してあまり前向きに取り組むことができず・・・。サッカーの中で生まれるチームワークとか、個人スキルの向上とか、それらの延長で考えれば「合っている仕事」みたいなものはあるんでしょうけど、サッカーという競技自体の魅力に勝るものはない。自分自身がプレイヤーとしてサッカーをすること以上に心を満たしてくれるものは他にない。という考えが常に頭の中にありました(今もそうなのですが)。三角形の頂点はサッカーなのです。就活せねばとはいっても現実的な部分もあるので、就活をやろうという気持ちに持っていくことはできました。一番大きかったのは、今までの頑張りを無駄にしたくないという思いだったかもしれません。学業についてはある程度頑張ってきたつもりで、進学実績の良い高校に入り、今では就職活動を行うにあたってほとんど不自由のない(と思われる)大学に通うことができています。「学歴なんか関係ない」という言葉が正しいとされる場面もあるのは承知ですが、私はいろんな選択肢を広げるためにもできるだけ勉強は頑張るようにしていました。せっかく得たその選択肢を活かさないのはもったいないかなと思ったんです。あと私を動かしたのは、見栄とかプライドです。悲しいことに、どうしても就職先によってその人の評価は多少決まってしまうような気がしていて、周りの評価を気にしてしまいがちな性格の私はできるだけ良い企業(私なりの)に就職したいという思いがありました。テキトーに就活してテキトーな結果になってしまうのはみっともないかなとも思っていました。一方で、そんなプレッシャーに負けないために、就活失敗したってなんとかなるという考えも常に持っていました。就活なんて所詮ゲームと同じで、失敗しても自分の方法論が間違ってただけで人格が否定されたわけではない。また働いてみて嫌だったら辞めればいいし、辞めたって仕事はいくらでもある。どんなに頭の悪いギャルだってヤンキーだって全然生きてる(偏見です)。むしろ人生楽しそう。だから自分も大丈夫だ。こんな思考を盾に、プレッシャーで潰れないようにしていました。一度心に逃げる余裕を与えた方が耐久性は上がり、「だったら全力でやってみよう」と思い始める。と、どこかのお姉さんも言っていました(おそらくツイッター)。あとは自分を支えてくれたり、応援してくれたりする人のためです。すごーくきれいごとのように聞こえますが、両親や友達、小中高時代の先生など、今まで関わったいろんな人達に感謝の気持ちがあったので、良い企業に就職して、ある程度お金も稼いで、そのお金で何かお返しができたらななんて思ってました。自分のためだけでなくて、誰かのためだと思うと踏ん張れることもあるんです。仕方なくなので、働きたいからというよりかは「新卒ブランドだし、頑張らなければいけない、罰が当たる、来世に影響する」といった義務感みたいなもので就活をしていたと思います。とりあえずインターンに応募してみる就活をある程度ちゃんとやろうと決めたものの、私はずっと不安でした。特別な経験もないし、なにより自分自身について話すことにかなり苦手意識があったからです。就活がなんとかなるなんて思えなかったと同時に、特に何をすべきかもわからなかったので、とにかく企業のインターンシップに応募しました。業界は絞らず、リクナビなどのインターンシップ募集企業を締切順に見て、名前を知っている企業に応募していくという作業を基本的にやっていました。軸なども何もないです。効率よくたくさん出したほうが良いと思っていたので、エントリーシートの記述に時間がかかりそうな企業にはあまりエントリーしませんでした。50企業くらいのインターンシップマイページを登録し、IDなどスプレッドシートにまとめていました。その内どれくらいエントリーしたかは忘れましたが、かなり落ちまくった記憶はあります。1dayも含めて、夏(8・9月)に5つ、秋(11月)に2つ、冬(12・1・2月)に3つ、全部で10個ほどのインターンシップに参加しました。他人のエントリーシートを見まくるエントリーシートを書くときは、unistyleやワンキャリアのエントリーシートの中から自分の経験と似たようなエピソードを書いているものを探し、それを真似して書いていました。インターン選考の段階で、他人に添削などをしてもらうことはしなかったです。テスト対策はあまりせず理系ということもあり、対策参考書を解くということはほとんどなく(持ってはいました)、実践を重ねることで練習していました。その他(面接、グループディスカッションなど)unistyleなどの就活記事を読んでなんとなくの対策はしていましたが、永遠に慣れることはなかったです。インターンに参加してよかったこと・エントリーシート、面接、グループディスカッションなど本選考の練習になった・インターン参加者限定イベントなどに呼ばれると「自分は囲われてる!」(実際に囲われているのかは知らない)と思うことができ、精神的に救われた・早期選考を受けられた・友達ができた・選考に落ちても「まだインターンの段階だし練習になったわ」と思うことができた本選考2月くらいまではインターンに応募・参加を繰り返し、たまに合同説明会に行ったり、大学主催の座談会に参加したりしていました。3月頃から、その中でいいなと思った企業と、エージェントさん紹介のベンチャー企業など、全部で15社ほど本選考にエントリー。この段階で、IT・通信、テレビ、金融の業界に絞られていました(自己分析の結果でというよりかは、割と感覚的に「いいな」と思った企業を選ぶと自然にこうなりました)。一応、面接で話すための「軸」は用意していたのですが、心の中では「理系っぽい仕事ができればいいや、話しやすいし」くらいの感じで、論理性や一貫性みたいなものはほとんどなかったと思います。外資系、総合商社、広告、コンサルといった業界には興味がありましたが、就活偏差値が高そうという理由でエントリーせず。残りの業界は特に理由はなく、なんとなく興味が湧かなかったので受けませんでした。選考対策など第一志望としていた企業のエントリーシートだけは、サークルやバイトの先輩に添削をお願いしていました。その他の企業についてはインターン応募のときと同様、他人のエントリーシートの書き方を真似して書いていまいた。テストや面接などの選考対策については、インターン選考で練習したつもりでいたので、改めて何かをするということはなかったです。結果内定が2社(ITとテレビ)、選考途中辞退が5社、書類選考落ちが2社、その他選考落ちが6社、のような結果だったと思います。(正確には覚えていません)その他(就活を終えて)6月初め頃に就職活動を完全に終え、結果として目標としていた(私なりの)良い企業に就職を決めることができたので良かったです。以下、就活中に考えていたことや、終わってから思ったことなどを記載します。就活は楽しくない当然と思う人もいるかもしれませんが、私の周りには「就活楽しい!」って言ってる人もいたので。就活は総じてしんどいです。楽しかったことといえば、インターンシップなどで新しい仲間に出会えることくらいでした。・基本スーツ・エントリーシートの締切を毎日チェック・都内まで1時間半(もっと遠い人もいるでしょう)・グループディスカッションでは無理してでも目立たなければいけない・息抜きのため飲み会などを開いたとしても、就活のことを考えてしまう・交通費かかるのに、あまりバイトできない・面接は基本的にストレス・悪意のない就活マウントをくらう(SNSなど)..これを楽しいと思える人は強いです。耐えましょう。騙そうとしてくる人(被害妄想です)大手企業に就職した先輩たちは「インターンなんて行かなくても受かるよ」ってよく言ってました。同期でも「就活まだやんなくていいよね」って言ってる人いました。でもそういう人ってだいたい、話がうまい、めっちゃかわいい、英語喋れる、体育会、頭が良い、留学してた、すごいバイトしてる(スタバとか、スタバはすごいという認識)、家が金持ち、など何かしら持ってるんです。こういうものが直接的にではなくても、これらを持っていることによる自信とか、心の余裕とか、自己肯定感とか、みたいなものがどうせ選考でプラスに働くんでしょって思って、そんな連中の就活の話なんてあてにするものかって感じでした。敵「就活なんて楽勝だぞ」私「おまえ英語喋れるからなぁ!(えー、不安ですよぉ)」インターン行ってたおかげ良い具合に本選考が進んでいたのは、ほとんどインターンシップに参加した企業でした。もちろん参加したのに全然だめだった企業もあります。私のように特別なエピソードがなく、面接などで話すことが苦手な方は(面接官との距離が遠い面接は特に緊張します)、インターンシップ(複数日程)は行っておいた方が良いと思います。ほんとうに。逆に複数日程以外、つまり1dayのインターンシップは本選考においてはほとんど効力がないことも痛感しました。企業理解などには有効だったかもしれませんが。参考:参考:自己分析ってなにぃぃぃぃいいいと、最初の頃はずっと思ってました。自己分析したらやりたい仕事が見えてくるの?私のやりたい仕事はサッカー選手以外ないけど?って。でも就活を進めていき、いろんな人の話を聞いたり、考え方に触れる中で自己分析の目的がわかったんです。では、自己分析はなんのためにやるのでしょうか。それは、ずばり「自身の思考の癖や傾向を伝えることで、自分という人間を知ってもらうため」であると私は考えます。引用:他人の言葉をお借りしました。でもほんとにこういうことだなと、就活を通して実感しました。まず内定をもらうことが一番の目標(私にとって)。やりたい仕事があったとしても、内定をもらった企業でしか働く権利はないのです。内定をもらうためには、30分や1時間の面接の中で、自分のことを何も知らない人間に「私はあなたの会社に貢献できます!」ということをアピールできなければいけません。聞かれたことに対して、その場でなんでも答えられる人は例外ですが、多くの人は聞かれそうな質問内容を想定し、前もってエピソードや思考の整理をしておく「自己分析」が必要であるのだと思います。なので、私のように「やりたい仕事が見つからない」と悩みすぎないようにしてほしいです。やりたい仕事なんて見つかるほうが珍しいと思いますし、私も結局「サッカー選手」より就きたい職業は見つけられませんでした。自己分析は内定をもらう手段とし、内定をもらった後で、自分に"なるべく"合う仕事ややりたい仕事を考えればいいのではないでしょうか。参考:サークルの平民、話すことなさすぎる私はサッカーサークルの主将でも副将でもなく平民でした。個人的にがんばったことはたくさんあったのですが、私の受けた企業ではチームで取り組んだ経験や周りを巻き込んだエピソードについて聞かれたので、非常に困りました。一応準備はしていたのですが、サークルの話をする時は毎回、なんでなんでおじさんの深掘りにより瀕死の状態となったのです。エピソードの内容自体はあまり問題じゃない、とは言うものの私には攻略できませんでした。サークルの何の役職にもついていない人は、私みたいにならないよう気をつけてください。参考:参考:ツイッターの人すごいツイッターの人はしばしば就活に役立つ情報を発信してくれます。特に私は一人の方をとても信頼できる人(@ad_career28さん)だと思っていまして、ツイートをスクリーンショットするなどし、その方の考え方やテクニックを学んでいました。友達でも先輩でも誰でも良いのですが、就活ではこうした信頼できる人を見つけて、できるだけたくさん頼るのが良いと思います。自分ひとりでできることなんて限られてますので。そういう方を見つけるツールとして、ツイッターは非常に有効だと思います。最後に私が納得した形で就職活動を終えることができたのは、「早めから動く」ということをしていたおかげだと本当に思っています。その行動の質はあまり高くなかったかもしれませんが、「Doneisbetterthanperfect!」です()。やる気がなくても、準備不足が不安であっても、早めに動いておくと良いことがあると思います。【関連記事】 17,310 views

現在ES掲載数

78,312

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録