unistyle

MENU

更新情報2020/01/16(木)内容を更新しました!

【博報堂社員が語る】電博の社員から見る働き方の違い

【博報堂社員が語る】電博の社員から見る働き方の違い

最終更新日:2020年01月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活生に大人気の広告代理店。その中でも二大巨頭とされる電博。

エントリーシートも特殊な設問が多く、例えば電通では「2020年東京オリンピックを題材に作文を書きなさい」であったりだとか、「座右の銘×広告の仕事という題材で作文を書きなさい」など、普段から広告の仕事とはなにか、と考えていないといけない設問が多く出ます。

また、電博と世間一般には認知されていますが、実はこれは博報堂が行ったブランド戦略とも言われており、揶揄される声を聞くこともあります。

実際に両者を比較(2014年3月期)してみると

  • 電通:売上高2兆3090億円/従業員数7425人
  • 博報堂:売上高1兆950億円/従業員数3122人

と売上高、従業員数ともにおよそ2倍の差が生じています。

規模の差は大きく異なるとは言っても、実際の働き方の違い、商材の違いはよく分からない学生が多いのも事実です。本記事では、博報堂社員の方にOB訪問をした際に聞いた話を元に、電博の社員・働き方の違いについて迫ってみたいと思います。

電博社員の違い

両者の共通点:高学歴出身者が多い。

参考:博報堂の採用実績と人気度ランキング|気になる学歴を調査!

これはやはり言えることだそうです。上記の記事にもあるように、博報堂の場合、東早慶一工出身者で全体の76%を占めており、実感としても早慶以上が大半を占めるとのことです。

とは言っても、その中で社員の違いはあるようで

  • 電通:とにもかくにも営業が強い。リーダーシップを取ってグイグイ引っ張っていく人が多い。
  • 博報堂:良くも悪くも個性的な人が多い。体育会系のノリはあまりなく、リーダーシップを取る人ももちろんいるがそれも一つの個性として見られる。

とのことでした。もちろん博報堂にも体育会系出身者がいるのも確かですし、逆に電通にも少しおとなし目の社員の方がいることは確かでしょう。

しかしながら、印象としてはやはりこのような雰囲気があるようです。ちなみに博報堂社員の方によると、社員の個性を分類分けすると以下4パターンほどに分けられるそうです。

(1)ゴリゴリ体育会タイプ

主にテレビ局との営業をしている人たちだそうです。例えばラグビー、アメフトのような、いわゆる体育会系組織で成果を残してきた人たちが多いようです。それこそ各種目の日本代表レベルが集うようです。

(2)クリエイティブタイプ

広告の製作やコピーライターなどがこのタイプにあたるようです。芸大出身を中心に一芸に秀でている人が多く、多くの人が想像するような広告の仕事を担っている人が多くここに分類されるようです。

(3)キレものタイプ

東大生や理系・文系問わず大学院で学問を学んできた人などがこのタイプです。広告の仕事だと、マーケットや消費者への調査が必須となります。そのような役割を担うのがこのタイプのようです。

(4)話うまいタイプ

上記3つに該当しないタイプの学生でしょう。キレものタイプ達が分析した市場調査を元に、クライアントに新たな提案をし、社内に持ち帰ってクリエイティブタイプの人に依頼をする、言わば泥臭い社内外の調整役を担う人たちです。

社員の違いはなぜ?〜電博の働き方の違い〜

学生から見れば、同じようにクライアントを持ってCM等を作っているように感じる広告代理店。それではなぜ両社で社員の違いが生じるのでしょうか。それは働き方の違いから生じるようです。

その両社の違いとは、

  • 電通:「新しいものを売る」
  • 博報堂:「今あるものをより魅力的に売る」

ということです。電通の場合は短期間でおもしろいCMを作って爆発的に売るイメージで、博報堂は元々ある製品のブランド価値を長い時間かけて醸成し、新しい魅力を消費者に提供して売るイメージだそうです。

例として挙げられるのは、酒類の広告で

  • 電通:発泡酒
  • 博報堂:ビール

の大半を両社手がけているようです。

理由としては、発泡酒は新製品がどんどん出るため、短期間で爆発的に売ることに長けている電通が手がけており、ビールは新製品自体があまり出ず人気を復活させるという一面が大きいため、製品のブランディングと新しい魅力を再発見して消費者に提案することに長けた博報堂が手がけているようです。

まとめ

電博を両方受ける学生は多くいると思いますが、なぜ電通じゃないか、なぜ博報堂じゃないのか、という質問は必ず聞かれるでしょう。「このCMがすきだから ‥」という理由は表層的で弱いようです。

また先に述べた違いを理解せずに、例えば電通で「今あるものをもっと魅力的に!」といっても面接官には伝わりません。以上のような働き方、社員の雰囲気を理解した上で、自分の経験と重ねることで、説得力のある志望動機を話せるかと思います。

また代理店の働き方を理解した上で、自分自身の長所をどう活かせるのか、ということが話せると良いと思います。

電博の企業研究・広告業界の業界研究に関するunistyleの記事

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
38,394枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録