unistyle

MENU

更新情報2018/10/02(火)内容を更新しました!

コンサルティングファーム志望者が知っておくべき企業分析の5つのフレームワーク

コンサルティングファーム志望者が知っておくべき企業分析の5つのフレームワーク

掲載開始日:2014年06月13日
最終更新日:2018年10月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルティングファーム志望者にとって、企業分析は避けては通れず、実際に面接でもよく聞かれる質問の一つだと思います。

このような設問では、どうすればよいのかわからず時間だけが過ぎてしまいがちです。今回はこのような設問を見た際に、役に立つ企業分析のフレームワークをご紹介します。

尚、コンサルティングファーム志望者でなくても、ここでご紹介するフレームワークはビジネスマンとして常識的なものばかりです。是非お読みいただければ幸いです。

本記事のコンテンツ
1.3C分析
2.4P分析
3.SWOT分析
4.5forces分析
5.PEST分析
最後に

1.3C分析

企業分析と言えば、これというぐらい有名なフレームワークが3C分析です。

顧客(Customer)、自社(Company)、競合他社(Competitor)の三つのCを分析する手法のこと。

マーケティング分析や自社製品の市場分析に用いられることが多いフレームワークになります。

2.4P分析

4P分析も非常によく使われる企業分析のフレームワークです。

製品(Product)、場所(Place)、価格(Price)、販売方法(Promotion)の四つのPを分析する手法のことです。

3C分析が戦略の方向性や市場動向の把握に優れているのに対して、4Pは個別の企業や個別の製品、戦略などより具体的な分析の際に利用できます。

3Cで大枠を捉えてから4P分析を行うとより適切な分析ができるのではないでしょうか。

3.SWOT分析

SWOT分析も3C分析、4P分析と並ぶくらいに有名なフレームワークであり、主に自社の現在の状況を把握するのに用いられます。

分析するのは、①自社の強み(Strengths)、②自社の弱み(Weaknesses)、③機会(Opportunities)、④脅威(Threats)の4つになります。

4.5forces分析

5forces分析は上記三つのフレームワークに比べると知っている人が少なくなるかもしれませんが、業界構造を理解し、業界の魅力度を図る上では非常に有効なフレームワークになります。
分析する脅威(force)は①買い手の交渉力、②供給企業の交渉力、③新規参入業者の脅威、④代替品の脅威、⑤競争企業間の敵対関係の5つになります。

5.PEST分析

最後にご紹介するのはPEST分析です。
PEST分析は3Cよりも更に大きな枠で、マクロ的に業界の今後がどのように変化するのか把握するために行う分析手法です。
分析対象は、①政治(Politics)⇒市場のルール変化の把握、②経済(Economics)⇒価値の変化の把握、③社会(Society)⇒人口動態など社会変化の把握、④技術(Technology)⇒技術革新の把握の4つになります。
PEST分析を行うことで、新規産業の可能性や業界の先行きを分析することが可能です。

最後に

その他にもPPMやVRIOなどフレームワークは多数ありますので、興味のある方は是非とも調べてみて下さい。
但し、フレームワークは知っているだけでは意味がなく、運用して初めて意味をなし、また単純に当てはめるだけでなく、フレームワークを用いた結果から自分なりのオリジナルな意見を考えていくことが大事です。
フレームワークを使うメリットは、思考が素早く整理され、その分より本質的なことに頭を使う時間を割けることですが、一方でデメリットとして、あまりに簡単に思考が整理されてしまうために、フレームワークを当てはめることで考えた気になり、深く考えることができなくなってしまうということがあります。
フレームワークを使うメリット・デメリットを理解した上で、本質的な「自分の頭で考える」という部分に多くの時間を割いていただければと思います。

photo credit: Beantin webbkommunikation via FindCC

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
32,935枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録