本田技研工業(ホンダ、Honda)

【事務系】1dayワークショップ

  • 26卒
  • 27卒
  • 28卒
  • インターン
  • オンライン
締切 24/06/17 12:00

最終更新日:2024年06月13日

情報の精度には最大限注意しておりますが、新型コロナウイルスの感染予防対策等による社会情勢の変化の影響で、募集内容に随時変更があるかもしれないため、本記事に記載の情報は最新ではない可能性があります。締切情報収集の際には本記事の記載情報だけでなく、必ず当該企業の採用HP/マイページなどでご確認いただき、そこで発表されている"最新の一次情報"を優先して下さいますよう、お願い申し上げます。

■募集対象
参加日程の時点で、大学/大学院に在学しており、2026年以降卒業見込みの学生
※留学生の場合、日本語によるコミュニケーションが可能なこと(プログラムは日本語で行います)。

■内容
テーマに沿って社員やチームメンバーと一緒に企画提案を行います。
Hondaの仕事の一端に触れるために、企業文化である「ワイガヤ」を通じて、あなたの実現したい「未来」を社員と一緒にカタチにしていきます。自由に発想し、本音で意見をぶつけ合う楽しさや面白さを体感してください。

■開催日程
6月24日(月)、6月26日(水)、6月28日(金)
各日2回開催 8:50~12:30/13:30~17:10

■応募締切
~2024年6月17日(月)12:00(正午)
※マイページからご応募ください。

■開催方法
オンライン

■募集人数
各回80名程度 ※応募者多数の場合、抽選を行います。

■参加可否連絡
実施日の1週間前までにマイページおよび登録されたメールアドレス宛に参加の可否が通知されます。

【ES設問内容】
◆応募理由を教えてください。(150文字以内、任意回答)

ES・選考レポート 10件

【合格】インターンエントリーシート(技術系総合職) 本田技研工業(ホンダ、Honda) 2025卒 男性 Q 本インターンシップへの志望動機をご記入ください。(500字以内)
A 私が貴社のインターンを志望する理由はモノづくりの最先端な取り組みについて学べると考えたからである。大学時代に半年間スペインに滞在した経験から、現地で車・二輪車や電化製品など、日本製の評価の高さを実感した。また、私の研究活動において自身が設計した診断機器に対する利用者からの感謝の言葉は、人々の生活を豊かにするモノづくりに携わりたい志向を強くした。中でも私は、縁の下の力持ちとして、モノづくり全体を根底を支える生産技術開発に興味がある。貴社はモノづくり技術が洗練集約された二輪や四輪から航空機、ロケットまで世界最高峰の技術、生産をされている。また、創業者の本田宗一郎氏が掲げた「短い工程、短いライン」や「1工程マルチ加工」という幅広い製品を、高品質・低コスト・短納期で提供するモノづくり現場の実現に大変興味を持った。貴社のような車だけでなく、宇宙ロケットまで最先端な取組みをされている現場を肌で感じ、生産技術開発への理解を深めたい。更にIoTやAIを駆使して生産現場を進化させるための開発フローを体験し、貴社の社員との交流を通じて技術者としての姿勢を学び、自身の成長につなげたい。
1
【合格】インターンエントリーシート(技術系) 本田技研工業(ホンダ、Honda) 2025卒 男性 Q 本インターンシップへの志望動機をご記入ください。(500文字以内)
A 志望動機は2つあります。 1つ目は、昔から興味がある自動車に関する業務に、大学で学んだ機械工学の知識やスキルを活かして携わり、将来的には環境問題の解決に取り組みたいと考えているからです。 これ関して、貴社は「カーボンニュートラル」「クリーンエネルギー」「リソースサーキュレーション」の3つを柱として掲げて、将来的には地球環境負荷ゼロを目指している点に魅力を感じました。 そこで私は自動車の設計開発を通して環境問題に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献したいです。 貴社は自動車業界におけるリーディングカンパニーであり、今後の環境問題の解決に大きく貢献できると考えています。 2つ目は、貴社の「ワイガヤ」を体験して、貴社の社風や技術者の方々の仕事に対する姿勢、どのような志や開発意欲を持って働いているのかを学びたいからです。 以前テレビで貴社の「ワイガヤ」が取り上げられているのを拝見し、立場関係なく意見を述べ合い、新しい価値やコンセプトを作り出す環境に魅力を感じました。 私の強みである柔軟な思考を活かし、「ワイガヤ」を通じて課題の本質に深くアプローチし、新たなアイディアを生み出したいです。
0
インターンエントリーシート(技術職) 本田技研工業(ホンダ、Honda) 2025卒 男性 Q 本インターンシップへの志望動機をご記入ください。(500文字以内)
A 私が貴社のインターンシップへ応募した理由は、世界最高峰の自動車メーカーである貴社のインターンシップに参加することにより、将来的な自身の思い描くキャリアに少しでも近づきたいと思ったからです。私はかねてより自動車業界に興味があり、自動車を作ることにより人々の生活を豊かにしたいという夢があります。そこで、電気自動車や、燃料電池自動車の開発をしたいと考えており、貴社では、他社と比較しても、e:HEVや、Fuel cellといった製品をいち早く開発し、その技術を利用した製品をすぐにリリースしており、貴社なら自身が開発したパワーユニットやパワートレインが、世の中の人々に一番早く体験していただけると思い、貴社なら私の夢が叶えられると思い、応募させていただきました。もう一つの理由といたしましては、募集コースを拝見いたしましたところ、電動パワーユニットの研究開発や電動パワートレインの制御の体験ができることがわかりました。そこで、自身が学んだパワーエレクトロニクスや、制御工学が活かせると思い、応募させていただきました。
1
【合格】インターンエントリーシート 本田技研工業(ホンダ、Honda) 2024卒 男性 Q インターンへの志望動機を教えてください(500文字以内)
A 私が貴社のインターンを希望する理由は2つあります.一つ目は、貴社の空力技術の研究開発を通して私の流体解析と風洞試験の知見を深めるためです。貴社は車両の空気抵抗低減や冷却耐熱保証のため流体解析と風洞試験を両方用いています。現在私は、流体解析と実験の両面から、ロケットの高信頼性と低コスト化を目指しています。私の風洞試験のオイルフローに関する知見や、流体解析の乱流モデルや計算格子に関する知見が貴社の空力技術の研究開発にどのように活かせるのかをインターンを通して実際に経験したいと希望します。また、車両における流体解析で要求される計算精度やそれを限られた計算コストの中で実現する工夫、実車スケールの風洞試験での実験手順や注意点を学び、クルマからロケットまで幅広い流体解析や風洞試験の知識・技術を持ち、広い視野を持って研究開発の出来る技術者になります。二つ目は、16年の野球活動で培った何事も粘り強く取り組む自分の強みを更に伸ばすためです。貴社のHondaイムズの一つである「ノープレー・ノーエラーを排せ」を実際に貴社の社員になったつもりで体現し、課題に積極的に取り組むことで更に粘り強い人間になります。
0

就活テクニック 4 件

現在ES掲載数

78,744

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録