シマノの採用大学・男女・文理別採用人数|合格者ES付き

33,810 views

最終更新日:2022年05月09日

シマノの選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

シマノは2021年3月に創業100周年を迎える日本の歴史ある企業です。

シマノは「人と自然のふれあいの中で、新しい価値を創造し、健康とよろこびに貢献する。」を理念とし、「こころ躍る製品」として自転車部品、釣具、ロウイング関連用品等の開発・製造・販売に注力し、世界中に製造拠点や販売拠点を展開しています。

本記事では、シマノの内定者実績を採用大学・男女別・文理別の3つの観点でまとめていきます。

シマノの採用大学

シマノの採用大学は次のようになっています。

各大学からの詳細な人数は各大学のホームページをご参照ください。

採用大学一覧

文系
筑波大学、早稲田大学、関西学院大学、武蔵野美術大学、明治大学、立命館大学、九州大学、大阪大学、中央大学、東北芸術工科大学、南山大学、名古屋市立大学、九州産業大学、東京芸術大学、法政大学、東京外国語大学、岡山県立大学
理系
大阪府立大学、北海道大学、大阪大学、九州大学、広島大学、東京工業大学、筑波大学、神戸大学、京都工芸繊維大学、東北大学、大阪市立大学、名古屋工業大学、京都大学、山形大学、早稲田大学、芝浦工業大学、名古屋大学、同志社大学、東海大学、大阪府立大学、横浜国立大学、岡山大学、広島大学、静岡大学、慶應義塾大学、東京農工大学、奈良先端科学技術大学院大学、愛媛大学、鹿児島大学、香川大学

参考:就職四季報2020・2019・2018

シマノの男女別採用人数

シマノの過去3年分の男女別採用人数(※大卒および修士のみ)は次のようになっています。

参考:就職四季報2020

シマノの文理別の採用人数

シマノの過去3年分の文理別採用人数(※大卒および修士のみ)は次のようになっています。

参考:就職四季報2020

シマノの選考レポート


ここではシマノに内定した19卒の体験記を紹介します。

シマノの選考レポート一覧はこちら

この合格者の選考レポートはこちら

選考時期をお答えください。

3月中旬~5月下旬

本選考の結果について選択してください。

内定辞退

本選考のためにした準備についてお答えください。(200文字以上)

企業選びの軸を考え、その中でなぜシマノかということを考えた。
シマノの情報はネットには少ないため説明会などで不明点を聞くようにしていた。
また自転車と釣りの経験があったため、詳しく話せるように話をまとめた。
志望動機は経験に沿ったことを書き、説明会を聞きながらこれからやりたいことを考えるようにした。
企業研究は企業ホームページのみだが、結果的にそこまで企業への知識は見られなかった。
提出する研究概要は文系が見てもわかりやすいように専門用語をさけ、わかりやすく書いた。

本選考のフローについて結果連絡を含めてお答えください。

学内説明会(2月下旬)
→本社での社員交流会と工場見学の案内
→社員交流会(4月上旬)@本社
→ES提出(4月上旬)、SPI
→社員交流会(4月下旬)@本社、1週間後に部長面談通知
→部長面談(5月上旬)、1週間後に社長面談通知
→社長面談(5月下旬)、2日後に合格通知

ちなみに工場見学の最後にいきなり部長面談があり、そこで通ると社長面談がある。私は工場見学に行けなかったため通常の選考ルートとなった。

エントリーシートの設問項目についてお答えください。エントリーシートがない場合は「なし」とご記入ください。

1 研究テーマの魅力を自由に紹介してください。(300文字以下)
2 シマノを志望する理由とチャレンジしたい仕事をその理由とともに教えてください。(300文字以下)
3 学業以外で最も力を入れて取り組んだとこを教えてください。(200文字以下)
4 就職活動において、企業を選ぶ際に重視したいことを教えてください。(20文字以下)
5 シマノ以外で死亡している企業を教えてください。(20文字以下)

筆記試験の形式、難易度、試験時間についてお答えください。筆記試験がない場合は「なし」とご記入ください。

テストセンターでSPIを受験。言語、非言語、英語、適正検査がある。
参考書を1周して対策すれば問題ない。英語は撃沈したが通ったのでボーダーは低めだと思われる。

それぞれの面接およびGDについて、社員の人数および役職、面接を受ける学生の人数、面接会場、面接時間、質問内容、面接の雰囲気、面接の感想についてご記入ください。面接がない場合は「なし」とお答えください。

おそらく社員交流会から厳選されている。

社員交流会(1回目)
各テーブルに学生が3、4人座り社員が25分単位で回ってくる。3人の社員と交流会をするだけだが積極性を見られているように思える。

社員交流会(2回目)
1回目とほぼ同様だが、社員は課長、次長クラス。名簿を持っており、質疑などの積極性や質問の内容を見られていると感じた。自分の研究を簡単に説明し、他者の研究に対しても質問をする。

部長面接
個室で社員4:学生1、20分程度。厳かな雰囲気で、研究や志望動機について深堀される。生産についての研究をしていたため主に生産技術部長より質問を受けた。志望動機は将来やりたいことのビジョンを述べ、それを達成するためにはシマノじゃなきゃいけないといった構成で話した。

社長面接
社員5:学生1、20分程度。社長以外は人事部長や技術系の部長で、部長面談で主に質問をしていた方もいた。会話は主に社長とで、志望動機や研究内容についての深堀があった。社長はおそらく研究概要を見ていないと思ったので、わかりやすく研究の背景から話した。自転車と釣りが好きなので、そのアピールをすると笑顔も見られた。部長面談よりは和やかで、確認の意味合いが大きいのではないかと感じた。

本選考において評価されたと感じたポイントや選考において重視されていたと思う点についてお答えください。(100文字以上)

機械系で生産に関する研究を行っており、生産技術で活躍できるアピールをしたのが評価されたのだと思う。また自転車や釣りをしていなくても選考には関係ないが、どちらかをしていた方が興味もでて志望動機も考えやすいと強く感じた。また社員交流会から積極的に質問することで、社員に良い印象を与えられるよう努力した。選考が進むにあたり、質問をしなかった学生は見なくなった。

面接において印象に残った・回答に困った質問をお答えください。

釣りをしていると言ったら、どんな釣りをするか詳しく聞かれた。嘘をついているか見極めるためだと感じた。

面接・GDなど各選考フローにおいて心がけていたことをお答えください。(100文字以上)

とにかく積極性を出し、シマノに興味があることや知りたいという気持ちをアピールするよう心掛けた。社員交流会では常に1番に質問をするようにしていた。逆質問も必ず行った。また釣りと自転車が好きなのでそこもアピールした。

業界・企業研究や各種選考対策に使用していたサービス・書籍をお答えください。

unistyle,企業ホームページ、就活会議

シマノの本選考合格者ES

ここではシマノの合格者ESを3つ紹介します。

闇雲に内定者のESを真似するのではなく、どのような書き方であれば評価され、反対にどのような書き方は評価されないのかを自身でよく考えることが重要です。

参考:【ガクチカの悪い例】賢者は失敗から学ぶ、評価されないガクチカとは

その企業に合格したエントリーシートを読むことで、単純に書き方を学ぶだけでなく、その企業がどのような人物を求めているのか、設問からどのようなことを聞きたいのかを学ぶことができます。

シマノの合格者ESはこちら

20卒シマノ(技術職)

この合格者のESはこちらから

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77934枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

19卒シマノ(開発職)

この合格者のESはこちらから

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77934枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

19卒シマノ(技術職)

この合格者のESはこちらから

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77934枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

本記事ではシマノの採用実績を採用大学別など複数の切り口でまとめました。unistyleでは何度もお伝えしていますが、採用実績はあくまでも参考程度に留めておきましょう。

【設問別例文付】エントリーシートの書き方 頻出質問への回答方法を解説」でも述べていますが、学歴は複数ある評価基準のうちの1つの基準でしかありません。自らが志望する企業であれば、採用実績の有無に関わらず選考にぜひ挑戦してみてください。

シマノの選考対策記事は以下の関連記事からお読み頂けます。十分の対策をして選考に臨みましょう。

おすすめの就活テクニック

現在ES掲載数

77,934

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録