unistyle

MENU

更新情報2019/06/15(土)内容を更新しました!

【21卒向け】メリルリンチ日本証券のインターン選考(ES・面接)対策 | 合格者ES付き

【21卒向け】メリルリンチ日本証券のインターン選考(ES・面接)対策 | 合格者ES付き

最終更新日:2019年06月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メリルリンチ日本証券のインターンES一覧はこちら

世界最大金融機関であるバンク・オブ・アメリカの子会社のメリルリンチ日本証券。

本記事ではメリルリンチ日本証券のインターン内容から具体的な選考対策までを紹介します。

外資系投資銀行業界とは

外資系投資銀行とは法人向けに証券業務を行う銀行のことを指し、日本で言う"証券会社”に当たります。顧客は一般企業や金融機関、そして機関投資家まで多岐に渡ります。

主な業務内容に関しては、企業や機関を顧客として資金調達やM&Aのアドバイスを行ったり、機関投資家向けの金融商品の売買などがあります。また、自社のための売買も行っています。

続いて、部門ごとの業務内容を紹介します。外資系投資銀行は、部門・部署によって業務内容が大きく異なります。そしてその部門や部署は大きく分類すると、以下の4つに分けることができます。

●投資銀行部門(IBD)
●マーケット部門
●リサーチ部門
●アセット・マネジメント部門

投資銀行部門の略称であるIBDとは"Investment Banking Division”のことを言い、投資銀行の花形部門と言われています。主に資金調達の提案や企業のM&Aなどを行うため、顧客である大手企業などの財務コンサルタントなどを担う部門になります。

マーケット部門は"株式や債券などの金融商品の営業・売買をする"部門になり、部門内でもさらに「トレーディング、セールス、ストラクチャー(マーケティング)」に分かれています。トレーディングは市場での金融商品の売買や取引、セールスは顧客に対する案件取引、ストラクチャーは金融商品の設計などを行います。

リサーチ部門は"金融関係の調査や分析を行う"部門であり、金融商品から経済動向まで幅広い調査を行います。そのため財務分析のスキルだけでなく、各業界についての知識や理解が求められる部門になります。また、このリサーチを行う人を「アナリスト」とも呼びます。

アセット・マネジメント部門は、"顧客である企業、個人の資産運用を行う"部門です。この部門では他の部門よりも金融についての深い知識が求められ、基本的には顧客の資産を扱って資産運用を行います。部門という名称がついていますが、投資銀行と分かれ、完全な別会社になる場合も多くあります。

また、一般的な企業と比較して外資系投資銀行の特徴としては、以下の3つのキーワードで表すことができます。

●実力主義
●激務
●高収入

外資系投資銀行は仕事の成果が市場環境に影響されやすく、成果を出せなければ異動や解雇になるリスクも高いと言われています。しかしその一方で、若手のうちから主要な業務を任されることも多く、自主的に動くことができる人ならば成長しやすい環境であるとも言えるため、"実力主義の風潮”はかなりあります。

労働環境に関しては、「激務」であることに間違いありません。時代の変遷にあわせて徐々に労働環境は改善しているそうですが、毎月の残業時間が100時間を超えることも稀ではないようです。"過酷な労働環境と引き換えに、圧倒的に高い給与を貰っている”という風に捉えて良いでしょう。

外資系投資銀行の給与は、基本的に基本給+年1回のボーナスで支払われます。企業ごとに差はありますが、新卒1年目の給与は基本給+ボーナスで600~700万円ほど、さらに3年ほどで昇給すると1500~2000万円ほどにもなると言われています。

メリルリンチ日本証券とは

メリルリンチ日本証券株式会社は日本で設立された法人であり、エヌビー・ホールディングス・コーポレーションの完全子会社です。また、エヌビー・ホールディングス・コーポレーションはバンク・オブ・アメリカ・コーポレーションの完全子会社になります。

バンクオブアメリカ・メリルリンチの日本における法人顧客事業の拠点として、メリルリンチ日本証券は、事業会社、金融機関、政府機関などの広範な法人のお客さまを対象に株式・債券のトレーディングを行い、資本市場業務、投資銀行業務、その他のアドバイザリー・サービスを提供しています。

先程外資系投資銀行の4つの部門を紹介しましたが、メリルリンチ日本証券の事業内容は以下の4つに分類されます。

●投資銀行業務、資本市場業務
●金融市場業務
●債券、通貨、コモディ業務
●株式市場業務

それぞれについて説明します。

投資銀行業務、資本市場業務
複合的な財務ニーズに対するソリューションを提案し、お客様が事業展開、財務戦略のいずれにおいても成功の機会を見出すことができるように国際的な助言を行います。

金融市場業務
株式、債券、通貨、コモディティの商品分野において、流動性、業界最高水準の洞察や分析、競争力ある価格、付加価値を提供しています。

債券、通貨、コモディ業務
金利、クレジット、資産担保証券、負債管理、通貨、コモディティ、デリバティブなどの商品を扱っており、また、幅広いリスク管理手法も提案しています。

株式市場業務
株式/株式関連商品のセールスやトレーディングを行っており、現物株式のほか、先物、オプション、転換証券、さらには高度なポートフォリオ分析や電子取引など行っています。また、プライムブローカレッジ業務として、海外の関連会社を通じ、個別取引やポートフォリオの資金手当て、株式の貸借、清算、決済、報告、保管といったサービスを提供しています。

メリルリンチ日本証券のインターン内容

実務に沿ったプロジェクトに対しグループで参加する体験型インターンシップです。プロジェクト・ワークを通して業務を模擬体験します。

プロジェクト・ワークの間には、サポートをする社員から実際の案件や日々の業務などについて聞く機会もあり、バンクオブアメリカ・メリルリンチの投資銀行業務、金融市場業務を肌で感じることができます。

以下の日程は21卒対象になります。

投資銀行部門/資本市場部門
期間:8月7日(水)~8月9日(金)
人数:30~40名程度

金融市場部門
期間:8月14日~8月16日(金)
人数:20名程度 

メリルリンチ日本証券が求める人材像

メリルリンチ日本証券は、企業として「求める人材像」というものを明確に明示していません。

しかし、21卒向け採用HP内の「先輩たちの声」という項目に以下のような内容が書かれていました。(一部抜粋)

IPOや株式による大規模な資金調達は企業の成長を左右する一大決心であり、まさに社運をかけたプロジェクトです。そのような非日常な経験を日常として経験することができることが醍醐味のひとつだと思っております。 また、我々のアドバイスは企業の将来、延いては日本・世界経済にも影響を与えることになります。(投資銀行部門)
【引用】メリルリンチ日本証券採用HP
常に変化に富んでおり、対応力が求められる点です。市場環境や商品のトレンド、またお客様のニーズは時代と共に大きく変わります。お客様のニーズの変化を把握し、新しい商品に関していち早くご提案・ご案内できるよう勉強や社内調整などの準備をすることが営業には求められます。また、こういった変化を左右するのは日本国内の要素だけではなく、世界中の金融政策や市場動向などの外部要因も多いです。このように、世界中の市場環境に関してアンテナを張り、多方面の材料を考慮し、海外拠点を含めたグループのリソースを活かしながら、どうすればお客様のお役に立てるのかを常に考える続けることは非常にチャレンジングであり、やりがいを感じます。(金融市場)
【引用】メリルリンチ日本証券採用HP

前者の内容の中で「IPOや株式による大規模な資金調達は企業にとっては運命を左右する一大決心であり、まさに社運をかけたプロジェクトです」「 また、我々のアドバイスは企業の将来、延いては日本・世界経済にも影響を与えることになります」とあるように、顧客にとって非常に重要な決断に携わることになり、自身の仕事が企業の運命に影響します。

そのため、まず関係者との絶対的な信頼関係がなければ成立しません。また、信頼関係を築く上で、一企業の運命かつメリルリンチ日本証券の信頼性を背負う責任感の中でバリューを出し続けるためのストレス耐性やそのような環境の中でも結果を出すために個人で努力し続けることができる能力が非常に求められているといえます。

また後者では、「市場環境や商品のトレンド、またお客様のニーズは時代と共に大きく変わります。お客様のニーズの変化を把握し、新しい商品に関していち早くご提案・ご案内できるよう勉強や社内調整などの準備をすることが営業には求められます」から理解出来るように、金融市場部門では特に顧客のニーズを把握し、提案することが求められます。

つまり、顧客のニーズを正確に引き出す力とニーズに対して解決まで導くことが仕事の一環となります。また顧客のニーズを正確に引き出すためには顧客や関係者との信頼関係を築く必要があります。そのため、そういった信頼関係を構築できる人材が求められます。

以上よりES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?のうち、「1.個人として努力し、成果をあげることができる」かつ「2.関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」素質を持った人材をメリルリンチ日本証券は求めていると結論付けられます。

メリルリンチ日本証券のインターン選考フロー

以下のフローは21卒対象のものです。

オンラインエントリー(ES)

ビデオ面接

書類選考

面接

メリルリンチ日本証券のインターン選考ES対策

21卒よりESの設問は全て英語表記になります。

21卒対象のESの設問内容がまだ公開されていないので、20卒対象の内容を参考に回答方針を考察していきます。

・就職先に何を期待しますか?(日本語300文字以下)
・バンクオブアメリカ・メリルリンチおよび第1志望部門のサマージョブへの応募理由をご記入ください。(日本語 300文字以下)
・学業、ゼミやクラブ活動など経験に基づいて個人またはチームによって成し遂げたこと、得たものなどのセールスポイントをお書きください。(日本語300文字以下)
・学業、ゼミやクラブ活動など経験に基づいて、個人またはチームによって成し遂げたこと、得たものなどのセールスポイントをお書きください。(英語1000文字以下)

対策

・就職先に何を期待しますか。
・バンクオブアメリカ・メリルリンチおよび第1志望部門のサマージョブへの応募理由をご記入ください。(日本語 300文字以下

上記の設問は志望理由について聞かれています。

企業が志望動機を聞く理由としては、「自社のインターンへの志望度を知りたい」「インターンに参加する際のモチベーションを知りたい」の2つがあります。

ですので、上記2つの理由を網羅する論理的な志望動機を伝え、選考官に「だからこの人は弊社の選考を希望しているのか」と思ってもらう必要があります。

また、志望動機に関しては、ただ単純に「参加したい理由」を述べるだけではなく、「そのインターンで何を学びたいのか?何を経験したいのか?」という内容を述べ、その上で「参加したい理由」を伝えるようにしましょう。

以下のフレームワークを参考に考えてみてください。
​​​​
全部書けるのがベストですが、300文字と限られているため、フレームワークの①成し遂げたいこと②きっかけとなる経験を述べ、上記でも述べたインターンで何を学びたいのかを書くようにしましょう。

・学業、ゼミやクラブ活動など経験に基づいて個人またはチームによって成し遂げたこと、得たものなどのセールスポイントをお書きください。(日本語 300文字以下)

ガクチカを聞かれる意図としては「経験自体のレベル・スペックの把握」「自社に合う・マッチする人材か知るため」の2つがあります。

ガクチカを書く際は、「実績自体のインパクトがどれだけあるか」「書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか」に注意して書くようにしましょう。また、その際はメリルリンチ日本証券の求める人材像を意識して書くと良いと思います。

詳しい書き方は以下のフレームワークを参考にしてください。

メリルリンチ日本証券のガクチカは300文字以内と字数が限られているため、フレームワークの内容に沿って簡潔に伝えるようにしましょう。

メリルリンチ日本証券のインターン選考面接対策 

メリルリンチ日本証券では選考フローにも記載したようにビデオ面接が行われます。

ビデオ面接では設問の回答を録画する前にサンプル面接でカメラのポジションやサンプル質問を回答し練習することが出来ます。また、サンプル面接の回数は制限されていないので、自分が納得できるまで練習するようにしましょう。

続いて部門ごとに最終面接の選考対策について説明します。

投資銀行部門/資本市場部門

時間:30分
人数:面接官2人、学生2人
質問内容:
●手短に自己紹介を行ってください。 
●投資銀行への志望動機を教えてください。 
●学生時代頑張ったことについて教えてください。 
●オススメのアプリについて、面接官にインストールさせるつもりで売り込んでください。 
●逆質問があればお願いします。

対策

●手短に自己紹介を行ってください

この質問は自己PRについて聞かれています。また自己PRに関しては「利益に貢献できる人材かどうか」が問われています。上記でも述べているメリルリンチ日本証券の求めている人材像に沿ってアピールするようにしましょう。

●投資銀行への志望動機を教えてください。 
●学生時代頑張ったことについて教えてください。 

 上記2つの設問は志望理由とガクチカについて聞かれています。この2つに関しては先程紹介したフレームワークを意識して答えられるようにしましょう。もちろんESとは異なり、面接では面接官とのコミュニケーションが重要になるため、面接官の意図に沿って回答することを意識してください。

●オススメのアプリについて面接官にインストールさせるつもりで売り込んでください。

 上記の質問は、営業力が問われています。例えば金融市場部門の営業ではマーケット情報の提供や案内などをただ押し売りするのではなく、メリルリンチ日本証券ではお客様に信頼していただいた上で売り、長期的な関係を築くということを大切にしています。

そのためこの質問に関しては、自分が思う良さをただアピールするのではなく、相手にとって何が必要な情報であり、何を伝えるべきか考えるなど、伝え方を意識して答えるようにしましょう。

金融市場部門

時間:30分
人数:面接官2人、学生2人
質問内容:
●自己紹介 
●志望動機 
●1億円があったとしたら何に使うか 
●自分が情熱を持っていることについて英語で語って下さい 
●逆質問

対策 

自己紹介、志望動機に関しては先程と同様に、自己PRと志望動機のフレームワークを参考に考えてみてください。

●1億円があったとしたら何に使うか
●自分が情熱を持っていることについて英語で語ってください。

上記の質問では、価値観や人となりを見極めようとしています。上述したメリルリンチ日本証券の求める人材像をアピール出来るよう答えると良いと思います。

また、自分が情熱を持っていることに関しては、英語で答えるように明記されてるため、うまく伝えられるように事前に英語の勉強や、話す練習をするようにしておきましょう。

●逆質問

企業が逆質問をする意図としては、企業に対して本当に興味があるのか、いわば志望度が高いのかを見ようとしています。

また、面接の場では基本的に面接官から学生に対して質問する時間が多く、一方的なコミュニケーションになりがちです。そのため、逆質問という面接官と学生の双方向のやりとりを通して、学生のコミュニケーション力を見ています。

逆質問の場における「コミュニケーション力」とは「場の流れを読み、短時間で相手の意図を汲み取る力」であると考えています。

つまり、逆質問では場の雰囲気や面接官の役職等から、今ここで何を質問するのが適切なのかを見極められるか否かを見られていると考えられます。逆質問の意図をしっかりと把握し、適切な質問をするようにしましょう。

 最後に

上位校の学生を中心に絶大な人気を誇る外資系投資銀行。

メリルリンチ日本証券はモルガンスタンレー、ゴールドマン・サックスに続き、就職のハードルが非常に高い企業です。

外資系投資銀行はその圧倒的な高年収から、志望する学生も例年多数います。しかしその分インターン選考に臨む学生には優秀な方が多く、熾烈な競争を勝ち抜かなければ「インターン参加」は勝ち取ることができません。

そしてインターン参加には「ES・ビデオ面接・面接」と3段階の選考フローを突破しなければいけません。

この記事を通して「メリルリンチ日本証券の企業理解・各選考フローの特徴」を理解していただき、"選考突破"を目指していただければと思います。

最後に「外資系投資銀行」に関するunistyleの関連記事を記載しておきますので、こちらも併せてご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
36,217枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録