unistyle

MENU

更新情報2018/10/10(水)内容を更新しました!

20卒早慶上智4名のリアルタイム就活体験記|いつ、何を、どのように、どんな心境で就活をしているのか?

20卒早慶上智4名のリアルタイム就活体験記|いつ、何を、どのように、どんな心境で就活をしているのか?

掲載開始日:2018年07月19日
最終更新日:2018年10月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

unistyleでは20卒の4人の学生を調査対象とし、いつ、何を、どのように、どんな心境で就活をしているのかを、密着型ドキュメント形式で1年間追いかけるという企画を行っています。

本記事では、この企画の趣旨や概要、対象学生のプロフィール等についてご紹介していきたいと思います。

併せて、unistyleがTwitterで独自に行った20卒向けアンケート調査を基に、20卒学生の就活状況についてもウォッチしていきます。

他学生の動きを押さえておくことは、就活における現時点での自分の立ち位置を見直すことにも繋がります。

是非この機会に、今一度ご自身の就活に臨む姿勢を考え直してみてはいかがでしょうか。

20卒早慶上智4学生密着型インタビュー

密着型インタビューの目的・概要

本インタビューの目的は、就活生が「自身の適性や志向を正しく理解・把握した上で志望企業を設定し、当該企業から内定を獲得する」ために、「一就活生がその時々で何を感じどのような行動をとっているのかを知ってもらう」ことにあります。

周囲に就活の相談のできる友人・知人がいないという声も耳にするため、なるべく多くの就活生に、本インタビューを通して他の就活生が何を考え、実際にどのような動きをしているのかを知り、就活に活かして頂きたいと考えております。

友人同士であれば就活状況等について開示することを牽制し合うといったこともあると思いますので、就活生の本音や実情を記事をご覧の皆さまに共有していきたいと思っています。

unistyleでは20卒の学生4人に就活終了まで毎月一度インタビューを行なっていく予定です。対象学生のプロフィールや受けている企業等に関しても可能な限り開示していきます。

今回密着する4人のプロフィール



すーりなさん(女性)
・慶応義塾大学経済学部に内部進学で入学。
・テニスサークルに所属。居酒屋(3年半)
・塾講師(4年)でアルバイト。
・半年カナダへの留学経験あり。
・現時点ではディベロッパー志望している。

◆すーりなさんの密着インタビュー記事はこちら
7月分インタビュー
8月分インタビュー

 

あとむくん(男性)
・早稲田大学教育学部に一年浪人して入学。
・広告研究に入り、プロモーションの統括を担当。
・塾講師(大学1年から)のアルバイトと報道系ベンチャー企業で長期インターン中。
・広告、戦略コンサル、PRの3業界に絞っている。

◆あとむくんの密着インタビュー記事はこちら
7月分インタビュー
8月分インタビュー
9月分インタビュー

 

デニナギくん(男性)
・上智大学理工学部に現役入学。
・サッカーサークルに所属し、週3回の活動や大会合宿にも積極的に参加している。
・飲食チェーン店で大学1年生からアルバイト。ベンチャー企業のインターン中。 
・現段階で志望業界は定まっていない。

◆デニナギくんの密着インタビュー記事はこちら
7月分インタビュー
8月分インタビュー
9月分インタビュー

 

乃木鮭くん(男性)
・早稲田大学政治経済学部に現役入学。
・政治サークルに所属し、議員事務所でインターン経験あり。
・3年次にカナダに8ヶ月交換留学。
・メーカー、外銀、外コン、総合商社志望。

◆乃木鮭くんの密着インタビュー記事はこちら
7月分インタビュー
8月分インタビュー
9月分インタビュー

今回の企画では、早慶上智の学生4人をターゲットとして選定しました。

就活に対する意識から大学での経験まで、それぞれが大きく異なっているため、読者の方々がご自身と親しい学生を見つけられるのではないかと思い、この4学生を選定するに至りました。

次回は、2018年8月に記事を公開予定です。unistyleでは、今後も1ヶ月おきにインタビューを行っていきますので、周囲の学生が同時期にどのように動いているのかを知るために、当記事をご活用頂ければと思います。

unistyle独自アンケート調査〜20卒対象〜
「インターンシップの"選考"にどのくらい参加予定ですか?」

アンケートの趣旨・目的

今回のアンケートは20卒学生の就活状況を調査するために実施しました。上記で紹介した4学生の動きだけでなく、全体感を知っておくことが内定獲得に向けては重要です。

unistyleでは下記のようなスケジュールで就活を行なっていくことを推奨しています。

上記のスケジュールを元に考えると、7月現在の動きとしては8、9月から本格化していくであろうインターンへの選考参加がメインになるものと考えられます。

そこで、Twitterのunistyle公式アカウント(@unistyleinc)のフォロワーを対象に、インターン選考に関する以下のようなアンケートを実施しました。実施概要と結果を併せてご覧ください。

アンケート概要と結果

◆アンケート実施概要◆

アンケート文言 
『【20卒選考参加社数アンケート】 20卒の皆様に質問です。この夏(9月末まで)、インターンシップの"選考"にどのくらい参加予定ですか?インターンへの参加社数ではなく、インターン"選考"への参加社数を教えてください。(ES提出は選考に含む)』

アンケート選択肢 
①「10社以上」②「5社〜9社程度」③「1社〜3社程度」④「0社(参加意思なし含む)」

実施期間 
2018/7/8から24時間

総投票数 
489 ※1アカウント1投票限り

結果は以下の通りとなりました。

アンケートから見る20卒就活状況

結果を見ていくと、最も多いのが「10社以上」の29%で、続いて「0社(参加意思なし含む)」が僅差の28%となっています。そして、「1社〜3社程度」が24%「5社〜9社程度」が19%となっています。

全体的にバラけた印象があり、積極的に動いている学生とそうでない学生の差が顕著に開きました。全体の7割以上の学生がインターン選考に参加しようと考えている中、残りの約3割近い学生はインターン選考に参加しないと示しています。

ただし、あくまで夏インターンの選考参加を訪ねたアンケートですので、秋、冬と進むにつれてさらにインターン選考に参加する学生は増えていくことが予想されます。

実際に日本経済新聞には昨年以下のような記事がありました。

インターン参加率はや7割超 就活前哨戦が過熱 

2019年3月卒業の学生のうち、インターンシップ(就業体験)の参加経験者が早くも7割を超えていることがマイナビ(東京・千代田)の調査で分かった。・・・マイナビの調査は9~10月にネットで実施し、4993人から有効回答を得た。10月までにインターンに参加したことがある学生は72.2%で、前年から12.5ポイント増えた。参加経験者の平均参加社数は2.7社となり、前年から0.6社増加した。

出典:日本経済新聞(掲載日2017年11月16日)

今回のアンケートも概ねこの記事の内容と合致しています。今回unistyleではインターン選考参加のアンケートをとりましたが、インターン参加率もほぼ合致するものと思われます。

unistyle編集部から

就活が早期化していることも影響してか、全体的にインターン参加への意欲が高いと言えます。インターン選考に参加していない、参加を考えていないという方も一度興味のある企業のインターンに参加してみるのも良いかもしれません。

インターン選考に落ちたから本選考で不利になるということは、外銀や外コンの一部を除いてありませんので、ひとまず動き出してみるということが重要といえます。

面接にしろESにしろ、まず経験してみないとどんなものか分からない上に何を改善すれば良いかも分かりません。面接やGDを経験したことがなくて不安という方も多いと思いますが、いつ恥をかくかの問題です。

面接やGDへの苦手意識からインターン選考に参加することを躊躇っている方は、とにかく行動を起こしましょう。

▼20卒早稲田生限定の就活イベントを企画しました。詳しくはこちら。

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
23,580枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録