unistyle

MENU

更新情報2017/04/07(金)内容を更新しました!

AGC旭硝子の仕事内容・キャリアパスの実態とAGC旭硝子が求める人材

AGC旭硝子の仕事内容・キャリアパスの実態とAGC旭硝子が求める人材

最終更新日:2017年04月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGC旭硝子は三菱系の会社でガラスメーカーとして成長し、近年はガラスにとどまらない総合素材メーカーへと発展しました。国内ではトップの業績を誇り、関わる業界も幅広く、グローバルに事業を展開しています。AGC旭硝子では事務系と技術系で大きく職種が分かれており、選考~配属までのプロセスも異なります。
AGC旭硝子は10月28日に開催されたイベント「グローバルカンパニーのキャリアパスを知る」に出展しており、本記事では採用担当者が話していたことを以下にまとめていき、AGC旭硝子における仕事・働き方とAGC旭硝子が求める人材について紹介していきたいと思います。

なお、AGC旭硝子は現在インターンシップの参加者を募集しており、インターン選考対策の記事が以下にあるので是非参考にしてください。

AGC旭硝子での仕事内容・働き方

①事務系
事務系として採用された社員はファーストキャリアとして営業・生産管理、購買・物流、経理、人事・総務、法務に配属される場合がほとんどのようです。以下では、それぞれの職種がどのような仕事をするのか簡単に説明を加えていきたいと思います。

・営業
製品の提案販売、受注、取引先企業に対する事業戦略立案といったことを行います。顧客企業のニーズを把握し、そのニーズに沿った製品を提案することが主な業務内容です。

・生産管理
製品の生産計画立案や出荷・在庫管理などを行います。どの拠点でどの製品をどれくらい作るか決定するという司令塔的な役割を担います。
 
・購買
グローバルで戦略的に製品の材料、燃料等のモノをつくるにあたって必要なものの調達を行います。

・物流
製品の流通管理を担います。製品を取引先に届けるベストな輸送手段は何かといったことや、輸送中の安全面などを考えるのが業務内容となります。

・経理
企業経営を全面的に統括する重要な役割を担っています。原価計算などから、より高い収益を上げる体制を構築したり、資金調達、運用などの面から安定した経営体制を構築するなど、企業において欠かせない役割を果たしています。

・人事・総務
企業の競争力の源泉である「ヒト」について、採用から配置、査定考課、処遇、福利厚生、安全衛生、人事異動、退職まで、多くの場面において重要な役割を担っています。

・法務
企業活動を実施する上で法律は全ての基盤となりますが、その法律的な側面から事業を統括する重要な役割を担っています。


②技術系
技術系社員は研究開発、商品開発、生産技術開発といった開発系の仕事だけでなく、実際の製品の製造に関わる製造エンジニアといった仕事もあります。また、AGC旭硝子は自社でプラントを建設することも多いため、プラント設計から建設、設備改造、メンテナンスを行うプラントエンジニアとしての働き方もあります。

AGC旭硝子におけるキャリアパスについて

AGC旭硝子では人・職種によってどのようなキャリアを歩むかは様々です。1職種を極めていくプロフェッショナルとしてのキャリアもあれば、複数の職種を経験していくジェネラリストとしてのキャリアもあります。

グローバルという観点からいっても同様のことが言え、日本国内でドメスティックな仕事に携わる社員もいれば、海外出張・滞在を多く経験する社員もいます。また、場所が日本であっても日々海外とのやりとりを行いつつビジネスを進めている社員もいます。働いている場所が日本か海外かにこだわるのではなく、世界を視野に入れて働きたい学生にとっては良いかもしれません。

キャリアパスの例(※事務系職種、年次は9年目から12年目程度)

①工場研修→東京支店で国内営業→本社で北南米営業:約三ヶ月に一回北南米へ出張→本社

②工場実習→大阪支店(国内営業)→本社海外営業グループ→台湾営業→システム開発→本社→韓国営業

③工場実習→半導体回路事業部→本社・東日本営業→三重営業→本社営業企画管理グループ

AGC旭硝子では扱う商材や所属する事業部によってキャリアパスが比較的異なってくるようです。上に挙げた①②の社員のように、社員の中でも海外に行く機会に恵まれている人もいれば、上に挙げた③の社員のように入社してからずっと国内で仕事をしている人もいるようです。

AGC旭硝子求める人材

AGC旭硝子では以下のような資質を持ち合わせている人材を求めているようです。
 
①自立した個と高いチーム意識 

AGC旭硝子では技術系、事務系関係なく、連携して仕事を進めることが求められます。一つの製品を作るためには材料の調達から生産管理、顧客企業に提案する営業部隊とのチームワークが重要です。チームで仕事をしたい人には非常に働きやすい環境と言えるでしょう。

例えば、自動車メーカーに製品を提供する場合を考えてみましょう。
まず事務系の営業担当者が、取引先である自動車メーカーのニーズを調査します。そしてそのニーズを営業担当者が開発担当者に伝えます。開発担当者がそのニーズに応える製品の製造が実現可能か判断し、実現可能と判断されたら製造の段階へ移り、生産管理担当者が生産計画を立てる…とったように仕事が進みます。AGC旭硝子がチーム意識を重要視する理由もわかるでしょう。 

②挑戦を恐れずに楽しめるマインド

AGC旭硝子には、「とにかくやってみろ」という風潮があり、筋が通れば意見を聞いてもらえるフランクな社風があるようです。社長から失敗しても後押しするから果敢にチャレンジすることを勧めるメールが社員全員に来るほどだそうです。このような社風に馴染める人はAGC旭硝子にふさわしいのではないでしょうか。
なお、AGC旭硝子では上司とのキャリア相談の機会が定期的に設けられており、例えば「海外に行きたいか」「どのような仕事をしていきたいか」など今後のキャリアパスの希望確認をされるタイミングがある等、自らのやりたいことを主張するのが大事な会社であるようです。

最後に

AGC旭硝子は、携わる事業や製品によって異なるとはいえ海外で働く機会が多く、グローバル志向の学生は受けるべき企業でしょう。
また、筋が通っていれば自らの意志を受け入れてもらえるフランクな社風が備わっているとのことで、そのような雰囲気に魅力を感じる学生もぜひAGC旭硝子に挑戦するとよいのではないでしょうか。

大きな組織ではありますが、そこに寄りかかる指示待ちタイプの人材ではなく、自らの意見を通して新たな仕組み・事業を生み出せる人材にこそ入社して欲しいと採用担当者も話していました。文系の学生も縁遠いと思わずに、是非チャレンジしてみてください。

photo by AGC Glass Europe

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
36,217枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録