MENU

Banner 680 80 0913
ベイカレント・コンサルティング

19卒 ベイカレント・コンサルティング
コンサルタントの仮説立案手法を学ぶ:国内大手総合コンサル「ベイカレント・コンサルティング」19卒サマーインターン説明選考会

締切 ▶
  • 東京 09/14(Thu)
既にお申込み期限が過ぎた募集内容です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日系大手総合コンサルティングファーム「ベイカレント・コンサルティング」が19卒を対象に1dayサマーインターンに向けた説明選考会を開催しています。こちらのページで申込可能な説明選考会で筆記試験+グループディスカッションを行い、通過者にはビジネスケース課題を提出いただき、それに合格した方がインターン本番に参加できるものです。

1dayのコンテンツながら、最新の政治経済に焦点を当てたケースの初期仮説立案を実際に体験し、マネージャークラスのコンサルタントからのフィードバックを個別に受けられる内容になっています。

コンサルティング手法のインプットや、コンサルタントとしてのキャリアイメージのための機会になると思っています。

日系難関企業志望者もコンサルティング会社の早期選考を受けておくべき

近年では日系企業やベンチャー企業でも、コンサル業界が積極的に選考に導入してきたケース面接を取り入れることが増えてきました。三菱商事でもケース面接を課したこともあり「いじめ減少のために考えられる施策は?」や「東京一極集中が進む中で大阪ができることは何か?」といった内容が聞かれていました。

また総合商社だけでなく、日系大手企業においてもグループディスカッションは盛んに行われており、グループディスカッションのお題の多くは、ケース面接対策をしておくと容易に議論を組み立てることができます。

ケース面接対策として、対策本を勉強するほか、コンサルティング会社の選考を受けることも有効だと考えます。難易度としても易しすぎるということは無いと思われ、選考慣れのことを考えても受けない理由はないと思っています。

また、コンサルティング会社は様々な企業に対して自らのアイディアでサポートしていく知的労働であり、現状見ていなくても選考を受けることで興味を持つ人もかなり多くいると感じています。過去の内定者でもコンサルティング会社と総合商社や広告代理店などの日系人気企業と悩んで進路を決める人が多くいますので、ぜひ食わず嫌いせずに積極的に受けて欲しいと思います。

「ベイカレント・コンサルティング」サマーインターン説明選考会概要

◆実施会場:ベイカレント・コンサルティング東京本社オフィス
(東京都港区虎ノ門1丁目23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー9階、「虎ノ門駅」徒歩7分)

◆持ち物:筆記用具のみご持参ください。

◆服装:スーツ着用でお願いいたします。

◆インターン選考内容:

(1)筆記試験+グループディスカッション(説明選考会)
     ▼
(2)ビジネスケース課題
     ▼
(3)インターン合格・参加

◆ご参考:1dayインターン本番開催日

9月21日(木)、9月26日(火)
※上記いずれかの中で都合のよい日程にご参加いただきます。

    Obogtokyo
    Eventspecial17526
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle