CARTA HOLDINGS(旧CCI、VOYAGE GROUP)

25卒本選考(総合職)

  • 24卒
  • 25卒
  • 本選考
締切 24/04/18

最終更新日:2024年04月03日

情報の精度には最大限注意しておりますが、新型コロナウイルスの感染予防対策等による社会情勢の変化の影響で、募集内容に随時変更があるかもしれないため、本記事に記載の情報は最新ではない可能性があります。締切情報収集の際には本記事の記載情報だけでなく、必ず当該企業の採用HP/マイページなどでご確認いただき、そこで発表されている"最新の一次情報"を優先して下さいますよう、お願い申し上げます。

■業務内容
デジタルマーケティング、インターネット関連サービス各事業における営業、コンサルティング、プランニング、広告運用、データ分析、商品開発、事業プロデュース、ディレクション、経営管理等およびそれに付随する業務
※CARTA HOLDINGSの事業に関わる全ての部署に配属の可能性があります
※入社時研修終了時までに通知

■応募資格
2025年4月に入社可能な方
※既卒者は就業経験がない場合のみ可
※就業経験がある場合は中途採用での応募となります

■応募方法(1次選考)
マイページから「エントリーアンケート・個人課題」を提出してください。
〈提出方法〉
◆エントリーアンケート
マイページ内の「エントリーアンケート提出はこちら」より回答してください。
◆個人課題:自己紹介
マイページ内の「個人課題の提出・確認はこちら」よりCARTA HOLDINGSが提供するフォーマットに
沿って自己紹介資料を作成し提出してください。
※手順
①下記URLより個人課題フォーマットをダウンロード
②フォーマットを編集し「PDF」に変換をして提出してください。
<個人課題フォーマット>
https://cartaholdings.box.com/s/h70enu0m9pvx2pxp0l6jamkri1lu38gh
<条件・注意事項>
・使用するツールはなんでもOKです。
 例:PowerPoint、Googleスライド、illustrator
 ※ただし、PDFに変換をして提出してください。
・ファイル名は「【1次】氏名 (自身のフルネーム」に変更してください。

■締切日時:4月18日(木)23:59

■選考フロー
1.エントリー(エントリーアンケート・個人課題の提出)
  ▼
2.グループディスカッション
  ▼
3.個人面接(複数回)
  ▼
4.内定
※選考プロセスの過程で、SPI・適性検査の受検があります。
 

採用情報

 

【ES設問内容】
◆ご自身の顔が分かる写真 ※証明写真じゃなくてもOK
◆あなたを表すキーワード ※趣味や活動などなんでもOK
◆あなたの良さが伝わるように自由に記載して下さい ※画像を入れてもOK
◆これまで熱量をもって取り組んできたこと
◆学生時代にチームや周囲を巻き込んで頑張ったこと ※全て埋まっていなくてもOK
・どんなことをしたのか
・なぜ取り組んだのか
・どんな課題や苦労があったのか
・どのような工夫をしたの
・どのような改善や結果を出せたのか
・この経験から何を学んだのか/どう成長したのか
・補足
◆学生時代に自分の成長のために頑張ったこと ※全て埋まっていなくてもOK
・どんなことをしたのか
・なぜ取り組んだのか
・どんな課題や苦労があったのか
・どのような工夫をしたの
・どのような改善や結果を出せたのか
・この経験から何を学んだのか/どう成長したのか
・補足
◆現在のキャリア志向性や就活感
・現時点で興味のある業界や領域
・会社選びで重要視していることや会社選びの軸
・キャリアで実現したい/獲得したいこと
・キャリアで大切にしたいこと/ありたい自分
◆現在のキャリア志向性に至るまでの経緯 ※見ていた業界や就活軸の変遷、キャリアの志向性に影響を与えた経験などを記載して下さい。
外部サイトに遷移します

ES・選考レポート 10件

【内定】エントリーシート(総合職) CARTA HOLDINGS(旧CCI、VOYAGE GROUP) 2023卒 女性 Q 大学時代の中での「現状を超えるために努力した経験」もしくは「チームで成果をあげた経験」のどちらかを選び、具体的なエピソードと合わせて教えてください。 (400字以内)
A 大学で、学生団体の交流イベントを立ち上げた。コロナ禍で発表の場が無くなった○○や○○など多分野の団体をコラボレーションさせ、大学の○○の分野を盛り上げるためだ。 当初は人が集まらないだろうと批判も受けたが、地道な声掛けで出演者〇名が集まった。しかし、イベントはコロナ禍で延期になり、辞退を検討する団体が続出した。 そこで私は、出演者1人1人にヒアリングし、個々に合わせた柔軟なスケジュール調整で辞退者を最小限に抑えた。更に、他団体の進捗状況を知ったり気軽に交流できる場として合同練習会を開き、モチベーション維持の工夫をした。また、SNSで更に5団体に声を掛け、追加で2団体の参加が決定した。 当日、参加者は〇名にも登り、好評のため2回目の開催も決定している。 この経験で、出演者、運営、観客すべてに意味のある企画実行の難しさとやりがい、そして逆風の中でも最後まで諦めず行動することの大切さを学んだ。
3
【内定】エントリーシート(総合職) CARTA HOLDINGS(旧CCI、VOYAGE GROUP) 2023卒 女性 Q 大学時代の中での「現状を超えるために努力した経験」もしくは「チームで成果をあげた経験」のどちらかを選び、具体的なエピソードと合わせて教えてください。 (400字以内)
A 「現状を超えるために努力した経験」 ○○班長として○○サークルの立て直しに貢献した。コロナ禍での長期間活動停止により新入部員不足が生じ、部員数が例年の6割程度に減少していた。そんな中、代表から、部員不足を理由に大会を欠場し、廃部にすると報告があった。報告後すぐに、○○班長とともにサークル立て直すため立ち上がり、新入部員の勧誘により廃部を防ごうと決意した。大会出場に必要である20人以上の入部を目標に掲げ、2つの施策を行った。1つ目に、勧誘専用SNSアカウントを創設した。発信だけでなく、新入生と思われるアカウント全てに1人1人異なる勧誘メッセージを送った。2つ目に、直接的交流を目的としたオンライン相談会を複数回実施した。結果、新入生との信頼関係構築を実現し、目標を上回る新入生が入部した。これにより大会出場が決まり、廃部の危機を逃れた。この経験で、困難な状況でも粘り強く課題に取り組む大切さを学んだ。
4

就活テクニック 0 件

現在ES掲載数

77,482

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録