unistyle

MENU

更新情報2021/06/17(木)内容を更新しました!

キリンのインターンES・面接対策|インターン徹底攻略

キリンのインターンES・面接対策|インターン徹底攻略

最終更新日:2021年06月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリンのインターンES一覧はこちら

1907年にビール事業から出発したキリンは、ビールだけでなく清涼飲料水など、消費者に身近な商品を多数提供しています。また、国内最軽量のアルミ缶を開発するなど、技術の高さを多方面に活かした経営を行っています。

今回はキリンのインターン選考を突破するための攻略法についてご紹介します。

参考:キリンの企業研究
→unistyleに会員登録することでES、インターン選考情報を含むキリンの情報をご覧いただけます。キリンのコンテンツは下記リンクをご覧ください。

キリン(マーケティング職)のインターン内容について

キリンのマーケティングの仕事を体感する3DAYSワークショップは、2017年2月14日(火)~16日(木)、または2月21日(火)~23日(木)に東京の中野本社にて行われます。

清涼飲料や酒類などのカテゴリーから一つ選び、こんな商品がほしいというものを開発・提案する課題をグループでこなすようです。また、全く新しいものではなく既存ブランドとの組み合わせでもよいということでした。

それぞれの市場についての資料や、ペン・のり・ハサミなどを使い、形式面では比較的自由にプレゼンをするようです。

メンターの社員との距離が近く、商品に対する熱い想いや、商品提案段階でのストーリー性を持ってマーケティングに取り組む姿勢など、インターンだからこそ学べる貴重な機会となっているようです。

参考:キリン インターン情報(プロダクトマーケティング)
→unistyleでは実際にインターンに参加した学生のインターン選考・実際のインターン内容や雰囲気・インターン後の優遇内容などといった生の報告をまとめています。キリンのインターンについてより深くイメージしたい方は以下の記事を参考にしてください。

キリンのインターン選考内容

過去のマーケティング職のインターンについては、ES +SPI→面接という流れになっていたようです。

エントリーシート提出・Webテスト→個人面接と適性検査
 

引用:キリン インターン情報(プロダクトマーケティング)

ESは郵送で送ることになっており、手書きで記入することが求められます。内容を吟味すると同時に、丁寧な字で書くように心がけましょう。

キリンのエントリーシート対策

エントリーシートの設問では、リーダーシップ経験と世の中に驚きと感動を与えるために何をするか、の2つの設問となっています。

【エントリーシート設問】


・あなたが、これまでの人生の中で、周りを巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を教えてください。

・KIRINは事業を通じて世の中に対し、『まだない、驚きと感動を』届けています。あなたなら何をしますか。A4、
1枚を使って自由に表現してください。

※内容は、「飲みもの」に限らなくても結構です。自由な発想でご記入ください。
※表現方法は自由です。
※注意※別資料の同封や立体的な加工はご遠慮ください。

設問1、2ともに制限字数はなく、応募者の裁量に任されています。

なお、昨年は設問1と同様の設問があり、字数が500字となっていたことから、ある程度の分量で書くことが求められていると思われます。

この設問では、リーダーシップを発揮したことと、「リーダーになる際に心がけていること」などに言及することでアピールしましょう。

このように「方法論」にまで踏み込んだアピールをすることで、再現性のある強みとして評価できるため、学生がインターンシップ中、あるいは入社後もリーダーシップを取ってくれる人材だと印象づけることができます。

インターンシップでは、初対面の学生同士でチームワークを行うため、この設問である程度チームで価値が発揮できる人材かどうか見極められると思われます。

参考:あなたの自己PRが嘘っぽく見えないために「方法論」を語るべき
→以上で述べたように説得力のある自己PRをするためには「方法論」を語ることで再現性を持たせていくことが大切です。この「方法論」については以下の記事で詳しく説明していますので、ES作成前に一読してください。

三井住友海上でも同様の設問があります。学生の回答を見てみましょう。

服飾店でのアルバイトリーダー経験。

リーダーを任された当初、売上は全27店舗中16位であり、バイトスタッフのモチベーションも高くなかった。

そこで、まず客単価で全店舗1位という目標を明確化し、また、飲み会など全員が意見を出せる場を作り、全スタッフが目標や意識を共有できるようにした。

当初は、経験、年齢共に上の方もいて苦労もあったが、自分のシフト以外の日も顔を出し商品知識を身につける、カラーコーディネーターの資格を取るなど、全員から信頼されるよう率先して行動を起こした。結果、チーム全体の士気も高まり、売上は現在5位まで伸びた。

自身の主体的な行動が、周囲の信頼、チームでの大きな成果に繋がることを学んだ。

引用:三井住友海上 エントリーシート19

このESでは、目標を明確し全スタッフに共有することでリーダーとしての役割を果たした経験について述べられています。年齢など異なる背景を持つ仲間から信頼を得るために、人一倍努力して信頼を獲得したことがわかります。

ただ、個人での努力面が強いため、他者との関わりの中でどのようにリーダーシップを発揮したか、まで踏み込めるとより具体的にインターンでの働き方を面接官にイメージさせることが出来るのではないでしょうか。

設問2は、マーケティング職独自の設問となっております。設問内容や表現方法が自由な点が、インターンシップで取り組む課題に近い内容となっています。

過去のインターン参加者は、マーケティングは自分たちの商品を世の中に広げるためではなく、お客様が楽しんでもらうために行うものだというメッセージを残しており、マーケティングと消費者心理が密接だからこそこうした設問を設けたのだと思われます。

実際に人の感情に訴え、行動を起こすシーンを想い描いた上で取り組むと良いのではないでしょうか。

キリンの面接対策

エントリー課題を通過すると次は面接となります。

過去の選考では人事1:学生1の面接で、20分ほど学生時代頑張った事の深堀で、5分で逆質問という形式だったようです。面接官の社員は話を良く聞いてくれる姿勢なのでこちらからあまり話し過ぎないようにしましょう。

また、キリンが求める人物像の一つとして、学生時代に何か一つ成し遂げられた人があげられており、インターン参加者は一つのことを大学生活の1年生から現在までの頑張り続けている学生が多かったようです。

頑張ってきたことの中に、自分自身がどう考えて、乗り越えてきたのかを明確にわかりやすく説明すると良いのではないでしょうか。

参考:キリン インターン情報(7)
→以上のようなインターン合格者によるインターン選考で評価されたポイントについても以下の記事でまとめていますので選考前に是非一読ください。

最後に

選考においては、例年倍率が高いことから、ESの段階でかなり選抜されると予測されます。

設問内容はインターンでの取り組みと非常に近いことから、実際のインターンシップでの課題や取り組み方を想像するとしっかりとしたESが書けるのではないでしょうか。

また、面接では自己分析をした上で、初対面の人の前で話す訓練を積んでおくと、リラックスして本番に臨めるでしょう。

キリンの選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

また、下記の動画では面接対策をわかりやすく紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録