unistyle

MENU

更新情報2021/06/17(木)内容を更新しました!

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ|ES・GD・面接対策

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ|ES・GD・面接対策

最終更新日:2021年06月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みずほフィナンシャルグループのインターンシップESはこちらから

みずほフィナンシャルグループは、みずほ銀行、みずほ証券、みずほ信託銀行などのグループ各社から成る統括企業です。

三大メガバンクの一つであり、三井住友銀行に次ぐ業界第三位の業績をあげています。

今回は、そのようなみずほフィナンシャルグループのインターンの概要から選考突破方法まで紹介していきたいと思います。

みずほフィナンシャルグループのインターン内容について

みずほフィナンシャルグループのインターンは、実際に企業を訪問しその企業の事業課題を発見し、それに基づき成長戦略を策定し実際に提案をするという、法人営業を体感できる内容です。

内容的に「みずほフィナンシャルグループのインターン」というより、「みずほ銀行」の法人RMを体感するプログラムとなっています。過去のインターンは5日間で9時~20時開催で、非常にタフなインターンだったようです。

実際に企業訪問を行うというインターンの特性上、真面目な雰囲気な人が多く、最終日には人事を含め多くの学生との交流機会がある懇親会が開催されたようです。

インターンから直接内定が獲得できるというわけではありませんが、インターン参加者限定の特別ルートがあったようです。

参考:みずほフィナンシャルグループ インターンレポート

→みずほフィナンシャルグループインターンに関する過去参加者のレポートです。

みずほフィナンシャルグループインターンシップES設問

1.インターンシップに応募した動機について入力してください。(300文字以内)   
2.現時点での〈みずほ〉のイメージや、知っている事を入力してください。(50文字以内)   

3.これまでに一番力を入れて取り組んだ出来事を入力してください。(300文字以内)

参考:「みずほフィナンシャルグループ リアルバンカーズ インターンシップ

設問1:インターンシップに応募した動機について入力してください。(300文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

 設問2:現時点での〈みずほ〉のイメージや、知っている事を入力してください。(50文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

設問3:これまでに一番力を入れて取り組んだ出来事を入力してください。(300文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

みずほフィナンシャルグループのグループディスカッション対策

みずほフィナンシャルグループのインターン選考におけるグループディスカッションは6~8名で行われ、過去には「架空の会社に事業提案を行う」といったお題が出されたようです。

グループディスカッションのお題はコンサルの面接で課されるケース問題と共通する場合が多いので、ケース面接対策がグループディスカッション対策につながります。

以下に紹介する本などを用いて対策するのがよいでしょう。

また、グループディスカッションは慣れの要素も強いので、他社のインターン選考を積極的に受けることで経験値を積み、早いうちに慣れることが重要です。

参考:みずほフィナンシャルグループインターンレポートです 
→みずほフィナンシャルグループインターンに関する過去参加者のレポートです。


東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート 50の厳選フレームワークで、どんな難問もスッキリ「地図化」

こちらの動画ではグループディスカッションの全体像について解説しています。ぜひご覧ください。

みずほフィナンシャルグループのインターン面接対策

【個人面接】 


20分ほどの面接だった。

比較的上の年次の人事と1対1。エントリーシートに記入した内容を中心に質問された。

終始なごやかな雰囲気だった。 


・高校で所属していた部活動について 

・大学で力をいれてきたことについて 

・インターンを志望した理由 

・金融業界に興味をもつようになったきっかけ 

・グループディスカッションはどうだったか 

等の質問をされた。

 

参考:「みずほフィナンシャルグループインターンレポート
→志望動機を述べる際に最適なフレームワークを提示しています。

みずほのインターン面接では主にESに沿って面接官が気になったことを質問する形のようです。

過去の質問内容は学生時代頑張ったこと、志望動機などの基本事項が主なようなので、ESに記載した内容を詰めておき分かりやすく面接官に伝えられるようにしっかりと準備しましょう。

また、ESと矛盾した話をしないように注意しましょう。

参考:「みずほフィナンシャルグループ インターンレポート
→志望動機を述べる際に最適なフレームワークを提示しています。

こちらの動画では面接の全体像についてわかりやすく解説しています。ぜひご覧ください。

最後に

いかがだったでしょうか。

みずほのインターンは書類、GD、面接とハードルが高いですが、その分選考を受けるだけでも得られるものも大きいでしょう。

インターンに参加すると特別選考ルートに乗る可能性もあり、インターン選考を受けて損をすることは無いはずなので、是非積極的に選考に参加しましょう。

また、三大メガバンクの事業や社風の違いをまとめた業界比較記事がunistyleの過去の記事にあるので、以下のリンク先をぜひ参考にしてみてください。

参考:三菱UFJ・三井住友・みずほの事業・社風・選考内容比較【unistyle業界研究】
→日本3大バンクの特徴を簡潔に提示しました。

みずほフィナンシャルグループの選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録