unistyle

MENU

更新情報2018/08/21(火)内容を更新しました!

デロイト・トーマツ・コンサルティングのES対策!求める人材を理解して採用レベルの志望動機へ

デロイト・トーマツ・コンサルティングのES対策!求める人材を理解して採用レベルの志望動機へ

掲載開始日:2015年10月16日
最終更新日:2018年08月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上位校の就活生から絶大な人気を誇る、外資系コンサルティング業界。

その中でもBIG4の一角を占めるデロイト・トーマツ・コンサルティングは、毎年多くの就活生が選考を受けます。同社は世界最大規模の会計事務所「デロイト」のグループ企業であり、世界中のメンバーファームと協力しながら、グローバルな案件を扱えることが強みです。

本記事では他の就活生と自分をうまく差別化し、デロイト・トーマツ・コンサルティングの求める人材像をよく理解した上でエントリーシートを書く方策について考えていきたいと思いますので、ぜひご覧ください。

採用HPから働き方の引用(デロイト・トーマツ・コンサルティングが求める人材)

デロイト・トーマツ・コンサルティングの新卒採用ホームページには、「求める人材像」というタイトルのコンテンツがありません。

しかし、同社CEO・近藤氏の言葉として以下のようなメッセージが紹介されています。

「自分が自分のリーダーとなって問題や課題を発見すること」


現在のDTC(デロイト・トーマツ・コンサルティング)がもっとも得意とするのは、アジア新興国に進出する日系企業のサポートです。

国内市場のシュリンク、さらに円高。もはや日系企業はグローバルで戦わざる得ない状況を強いられている。この流れは止まらないし、今後も海外進出は増える一方です。そうした日系企業の支えとなるのが我々の仕事です。

 

グローバルが特別なんて意識は微塵もありません。もちろん英語くらいはできたほうがいい。ただ、我々が価値を発揮すべきなのは日本人エグゼクティブだから、日本語がしっかり話せることがまず大事です。ネイティブレベルの語学力があるにこしたことはないけれど、環境に関係なく、どんな場所でもコンサルタントの仕事ができればいい。


コンサルタントの資質として、常に自分がリーダーのつもりで行動する心構えが必要です。どんな場面でも自分が自分のリーダーとなって問題や課題を発見しないと先に進めないはずなんです。誤解を恐れずに言えば、サラリーマン的なタイプには続けられない仕事ですね。チームとして結果は出しても、DTCという組織で何かを提供するわけじゃありませんから。仕事は何年目で取ってきてもらっても構わないし、自分のやりたいプロジェクトは見つけてくればいい。


引用: メッセージ - デロイト・トーマツ・コンサルティング新卒採用HP 

ここから読み取れるのは、同社においては「自ら考え働くこと」や「リーダーシップをもつこと」が強く求められているということです。

外資・日経を問わずコンサルティング業界の大きな特徴として「自社の製品をもたず、社員という人材が企業を支える柱となっている」という点が挙げられます。

そうした企業が自社の価値を高めていくためには、「人」が自ら積極的に行動を起こしていくべきなのではないでしょうか。また活躍の場が世界である以上、英語力はもちろんのこと、異なる価値観に対する受容力も問われているはずです。

またこれらは、Unistyleの関連記事「ES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?」で紹介されている「努力して個人として成果をあげることができる」「リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を達成することができる」「価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる」という強みによく関連していると思います。

デロイト・トーマツ・コンサルティング設問

以上で紹介した「デロイト・トーマツ・コンサルティングで求められる資質」を十分に意識した上で、エントリーシートの設問を見ていきたいと思います。

◆あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。(600字以内)

◆あなたが最終的に入社する企業を選択する場合、最も重要視することはどのようなことですか。その理由も含めて説明してください。(600字以内)

デロイト・トーマツ・コンサルティングのエントリーシートは目立って奇抜な設問がないこと、設問数が少ないことなどが特徴として挙げられます。ただし、1つの設問に対する制限字数が比較的長いため、しっかりとした構成を考えてから書く必要があるでしょう。

採用ホームページからは、デロイト・トーマツ・コンサルティング独特の企業文化や考え方などがよく見えてきますので、自身がいかに同社の理念や働き方とマッチする人材であるかを回答の中で端的に示せれば良いと思います。

一つ目の設問

あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。(600字以内)。

ここでは先ほどの「デロイト・トーマツ・コンサルティングで求められている資質」をよく意識した上で、あなたのコンサルティングに対するイメージを書くべきだと思います。

ただ闇雲に一般的なコンサルタントに対する印象を書き連ねるのではなく、同社に照準を合わせた上で意見を述べることでより企業研究の成果が見せられることと思います。

また「コンサルタントに必要なもの」の回答に関しては正解があるわけではありませんので、まずは相手が「なるほど」と納得できるような理由付けができているかどうかを意識しましょう。

この設問においては、自分の考えとそれに対する理由がきちんと述べられていることが第一だと思いますので、字数に余裕のない場合は無理に自身の経験を盛り込む必要もないでしょう。

二つ目の設問

あなたが最終的に入社する企業を選択する場合、最も重要視することはどのようなことですか。その理由も含めて説明してください。(600字以内)

こちらの設問では「企業のどういった特徴があなた自身の長所や理想とする働き方とマッチして志望に至るのか」という点を論理的に記述するべきだと思います。

その際、やはりデロイト・トーマツ・コンサルティングにおける環境や同社で求められている力を意識した上で書くことができると、より説得力が増すのではないでしょうか。

企業選びのポイントを述べる設問ですので、選ぶ際の価値判断が自分のどのような経験に基づいているのかまで述べられた方が良いと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。採用ホームページの一部とエントリーシートという情報源だけからでも、これだけ企業の特徴が見えてきます。

同社の設問では「志望理由」が直接問われていませんが、それでもやはりあなたの同社に対する意識を設問のどこかで見せておく方が戦略的だと思います。

ここで紹介したこと以外にも企業・業界研究の材料はたくさんありますので、自身と企業の共通点をできるだけ多く見つけておけるとよいのではないでしょうか。

 

【参考】デロイト・トーマツ・コンサルティング内定者の回答

「あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。」

私が考えるコンサルタントのイメージは開拓者だ。

コンサルタントはクラインアントである経営陣の意思決定に大きな影響を与える。また、時にはベストプラクティスを生み出し、業界全体に貢献することもできる。このことから新しいスタンダードを第一線で作る開拓者だと考える。

コンサルタントに必要な力は、四点ある。

1.ニーズを探りだす力。
案件形成段階ではクライアントのニーズや課題はクリアになっていないことも多いと聞いている。ヒアリングやファクト収集を通じてニーズや課題を掘り当てる力がまずは必要不可欠だ。

2.周りを巻き込む力。
解決策があっても一人では最適解に辿り着くことは難しい上、実行も不可能だ。所属していた団体でも、まず解決策を提示し、メンバーの意見を聞くステップを踏むことで、積極的なコミットメントと質の高いアウトプットを引き出せた。

3.信頼を得る力。
信頼なくしてはクライアントの本音や重要な情報を聞き出すことはできず、良い成果物も生まれないだろう。

4.未知を楽しみ成長し続ける力。
既存のソリューションが通用しない課題に際して、それを成長の好機と捉え、楽しめなければ価値ある提案をひねり出すのは難しいと考える。自分が団体の運営に貢献できたのも、団体を中国人学生と立て直すという未知に際して、それを楽しめたことが大きい。

上記4点が開拓者としてクライアントに価値を提供し続けるために必要だと考える。

いかにもコンサルタントとしての適性がありそうな、簡潔で分かりやすいESです。

この回答の良いところは、まず初めに結論を伝えた上で、そう考えた理由や根拠となるエピソードをその後に示す「結論ファースト」の話し方を取り入れているところです。

実際のビジネスシーンでは、自分の言いたいことを素早く的確に、相手に伝えることが求められる機会が出てきます。結論ファーストの回答であれば、読み手にとっても、まず結論を頭の中に入れ、それをもとに原因や理由を聞くことができるので、理解しやすいと思われます。

また、「コンサルタントに必要な力」の説明については、それぞれの能力が実際の仕事の中でどのように活きるのかについて言及されているところが評価できます。新卒採用ホームページの確認やOB訪問を通じて、実際のコンサルタントの働き方に対する理解を深めたのではないかと思われます。

あなたが最終的に入社する企業を選択する場合、最も重要視することはどのようなことですか。その理由も含めて説明してください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は22996枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【参考】アビームコンサルティング内定者の回答

「自分で考え行動し、結果(成果)を残した最も大きな経験を教えてください。 ※入学試験は除く (全角200文字以上400文字以内)」  

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は22996枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【参考】ボストン・コンサルティング・グループ内定者の回答

「あなたの一番大事にしていることは何ですか? (200字)」

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は22996枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

                                                                    photo by Martin Thomas

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
22,996枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録