unistyle

MENU

更新情報2018/10/24(水)内容を更新しました!

サイバーエージェントのES対策|志望動機を内定者レベルにする書き方・ポイント

サイバーエージェントのES対策|志望動機を内定者レベルにする書き方・ポイント

掲載開始日:2014年11月10日
最終更新日:2018年10月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット広告代理店から始まったサイバーエージェントは、自社メディアであるアメーバ事業の立ち上げ、インターネットTV局であるAbemaTVの開始など、新たな事業を作り出してきたメガベンチャーです。

この記事では、そんなサイバーエージェントの本選考ES(エントリーシート)の回答方法について解説していきます。また、記事の最後には実際の内定者の回答を掲載しているので参考にしてみてください。

サイバーエージェントのES設問

1.あなたが今の時点で考える、社会人3年目の自分と将来(何歳の時点でもかまいません。ご自身で設定してください)の自分のビジョンを教えてください。

実現したいこと・もの、作りたいこと・ものなど、広義で捉えてください。どんなことでも構いません。簡潔にお書きください。

2.「成長体験」自分が一番「成長した」出来事について教えてください。

3.「苦労体験」これまでに一番「苦労した」出来事について教えてください。

一つ目の設問

1.あなたが今の時点で考える、社会人3年目の自分と将来(何歳の時点でもかまいません。ご自身で設定してください)の自分のビジョンを教えてください。

実現したいこと・もの、作りたいこと・ものなど、広義で捉えてください。どんなことでも構いません。簡潔にお書きください。
「新しいビジネス・事業を生み出したい」という場合に一番重要なのは、「モチベーション」「ビジョン」の部分です。そのためサイバーエージェントのエントリーシートでは例年、将来のビジョンが何らかの形で問われていることが多いように感じます。
社会人三年目までと、何歳の時点でもよいので将来の自分を設定し、どのような「ビジョン」を描いているのか、そのビジョンがサイバーエージェントのビジョンと一致しているのか見ようとしているように感じます。
志望動機にも関わってくるところですので、なるべく明確なビジョンを描き、それがサイバーエージェントである必要があるのかを丁寧に考えていくと良いでしょう。
まれに「ワークライフバランスを実現して働きながらも家庭を大事にしたい」という回答が見られますが、仕事上での「ビジョン」を示した方が評価されることを考えると無難かもしれません。
参考:「◯年後のキャリアビジョンは?」|解説付き内定者回答例 7選
→キャリアビジョンに関する問いに対しての、各企業内定者の回答例と解説を掲載しています。併せてご参考ください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は35876枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

二つ目の設問

2.「成長体験」自分が一番「成長した」出来事について教えてください。
「成長した経験」は他社でも時々、聞かれる質問です。どのように成長したかを示すことが重要で、こういった質問においても、企業が求めている人材を把握した上で回答すると、採用担当者に共感される可能性が高まるでしょう。

下記のコラムで紹介していますが、マイナスからゼロに成長したというような話はあまり評価されないので気をつけた方がよいでしょう。
自己PRではとりあえず頑張った経験を伝えれば良いわけではありません。企業に合わせた自己PRをする必要があります。今記事では評価されづらい自己PRの実例と脱却方法をお伝えします。

参考:イケてない自己PRの改善法|パターン①:マイナスからゼロにしただけ

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は35876枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

三つ目の設問

3.「苦労体験」これまでに一番「苦労した」出来事について教えてください。

「苦労した経験」、「困難だった経験」についても上記の成長体験同様に、企業が求める人材を把握した上で、どのような経験を書くべきか考えるようにしましょう。

どうしても「困難だった経験」というと個人で努力した経験や、高学歴の学生では「受験経験」を書いてしまいがちですが、個人で努力した経験以上に評価される経験があるのであればそちらを書いた方が評価される可能性は高いかもしれません。

自己PRではとりあえず頑張った経験を伝えれば良いわけではありません。企業に合わせた自己PRをする必要があります。今記事では評価されづらい自己PRからの脱却方法をお伝えします。

参考:イケてない自己PRの改善法|パターン②:努力・苦労自慢

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は35876枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

以上からサイバーエージェントは採用にあたって自社のカルチャーに合う学生を重視していることがわかります。

一方で求める人材や根っこの部分にある企業として評価している能力については、サイバーエージェントも他の大企業と大きくは変わらないように思います。下記のコラムも参考にしていただければと思います。
人気企業に内定する学生がエントリーシートに書いていることには一定の共通項があります。参考記事では、人気企業内定者が共通してアピールしていた企業が求めている「強み」を5つ、学生時代の経験も合わせて紹介したいと思います。

参考:ES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?
なお、サイバーエージェント内定者のESを解説しているこちらもお読みいただければ幸いです。
サイバーエージェント内定者のESの回答を解説します。評価された理由やもっと評価されるためのアドバイスなどお伝えします。

参考:サイバーエージェントの内定者ES解説!選考通過のエントリーシートの共通項

 

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
35,876枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録