unistyle

MENU

更新情報2021/09/14(火)内容を更新しました!

【就活生の利用者数No.1】LINEオープンチャットを紹介|22卒・23卒・24卒向け

【就活生の利用者数No.1】LINEオープンチャットを紹介|22卒・23卒・24卒向け

最終更新日:2021年09月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※本記事はLINEオープンチャットの特集記事になります。

昨今、就活における情報収集の手段として"SNSを活用すること"が一般的となってきました。

unistyleでも様々なSNSツールを活用し、就活生の皆さんへ情報提供を行っていますが、ここ最近特に就活生から好評をいただいているものが"LINEオープンチャット"になります。

LINEオープンチャットとはLINE株式会社が運営しているサービスであり、匿名で参加できるチャットサービスになります。

実際にunistyleでもこのオープンチャットを活用し、現時点(2021年8月上旬時点)で22卒・23卒・24卒あわせて延べ6万4,000人の就活生に情報共有の場を提供しています。

そこで本記事では、このLINEオープンチャットのメリットを皆さんに紹介していきたいと思います。

記事中には、unistyleが運営しているオープンチャットグループへの参加用URLを掲載していますので、興味を持っていただいた方は奮ってご参加していただければと思います。

23卒就活生向けの志望業界別グループ(全66グループ)に参加したい方はこちら
企業別の就活用(選考対策・企業研究)グループに参加したい方はこちら
22卒就活生向けの志望業界別グループ(全25グループ)に参加したい方はこちら
24卒就活生向けのグループに参加したい方はこちら

LINEオープンチャットとは

本記事の冒頭で「unistyleが就活用のオープンチャットグループを運営している」というお話をしましたが、そもそもオープンチャットとは何かを知らない方もいるかと思います。

そこでまずはLINEオープンチャットの概要をご紹介します。

LINEオープンチャットとは

「OpenChat(オープンチャット)」はLINEの友だちになっていなくてもトークをしたり、情報をキャッチできるサービスです。興味関心事や日常生活に密着した話題について、幅広い場面でコミュニケーションを楽しめます。

【引用】LINEみんなの使い方ガイド:OpenChatを利用する

OpenChat「5つの特徴」

  • トークルームごとにプロフィールを設定可能です
  • トークルームへの招待がURLやQRコードの共有で簡単にできます
  • グループトークには最大5000人まで参加が可能です
  • 途中でグループに参加しても、過去のトーク履歴を遡ることができます
  • トークルームごとに公開設定を選択可能です

    【引用】LINEみんなの使い方ガイド:OpenChatを利用する

オープンチャットに関するアンケート結果

続いては、実際にunistyleが運営している就活生向けオープンチャットグループに参加している方にアンケートを取った結果を紹介します。(就活生向けオープンチャットグループの詳細は後ほど詳しく紹介しています。)

今回のアンケートは、2020年8月上旬に"【22卒】日系大手本選考対策用グループ"内で取った結果となっています。

設問は以下の2問になります。

  • unistyleのオープンチャットに参加した理由は何ですか?
    →選択式(複数選択可)
  • 上記の設問で「その他」を選択した方は、具体的な理由をご記載ください。

unistyleのオープンチャットに参加した理由は何ですか?(回答者数:326名)

「興味関心のある企業の説明会や面接の日程を素早く確認するため」が60%以上の得票率、「他の就活生はどのように就活の準備をしているのかを知るため」が70%以上の得票率となりました。

投票していただいたほぼ全ての就活生が、この2つのいずれか(もしくは両方)に投票していたことが分かりました。

この結果から、"各社のインターン情報や周りの就活状況をリアルタイムで把握したい"という目的で参加している就活生が多いということが読み取れるでしょう。

上記の設問で「その他」を選択した方は、具体的な理由をご記載ください。

その他には13名の方が投票しましたが、「選考通過率・サイレント落選・選考結果通知を知るため」といった理由が多く見受けられました。

やはり選考結果が届くとその話題でトークが盛り上がりますし、選考通過率に関するアンケートも適宜作成しているため、そういった情報を入手したいと考えている就活生が一定数いることが分かるでしょう。

それ以外の理由としては「自分の知らない企業や見落としている企業を知るため」、「高いレベルの就活生と様々な情報を交換できるため」といったものも見受けられました。

なぜ満足度が高いのか?

書面インタビューでは計5問の記述式質問に回答していただいたのですが、本記事ではグループの満足度に関連するであろう下記2問を取り上げたいと思います。

  • 新型コロナウイルスが流行している状況下で、夏インターンの準備・合格にunistyleのオープンチャットグループがどのように役立ったのか詳しく記載して下さい。
  • 他の就活コミュニティの掲示板・口コミサイトなどと比較し、unistyleのオープンチャットグループの長所をご自由に記載して下さい。

    ※回答者数は計72名

新型コロナウイルスが流行している状況下で、夏インターンの準備・合格にunistyleのオープンチャットグループがどのように役立ったのか詳しく記載して下さい。

アンケート結果を集計したところ、主な回答は以下の通りとなりました。

主な回答結果

・周りの就活状況をリアルタイムで把握することができる。
・選考結果が来たことやサイレント落選をすぐに知ることができる。
・選考通過率など、グループ内アンケートによって通常では知り得ない情報を知ることができる。
・選考情報(面接の内容etc)の共有を気軽にすることができる。
・他の参加者のトークを見ることで、今まで知らなかった企業を知ることができる。

他の就活コミュニティの掲示板・口コミサイトなどと比較し、unistyleのオープンチャットグループの長所をご自由に記載して下さい。

アンケート結果を集計したところ、主な回答は以下の通りとなりました。

回答結果

・LINE内のサービスであるため、気軽に利用することができる点。
・どのオープンチャットグループよりも参加者数が多いため、多くの情報を収集することができる点。
・トークが非常に活発に交わされている点。

・投票機能(アンケート機能)がある点。

・管理人がいるため、トークが荒れにくい点。
・質問をした際に返信が返ってくれる確率が高い点。

また、実際の参加者の声として以下のようなものがありました(一部抜粋)。

unistyleが運営するオープンチャットグループに参加するメリット・活用方法

アンケート結果をご紹介しましたので、続いては実際のグループ参加者にヒヤリング調査をした結果を基に「グループに参加するメリット」をご紹介します。

オープンチャットグループに参加するメリット

こちらは、2020年7月下旬に「日系大手本選考対策用グループ」で参加者の方にヒヤリングをした結果を基に集計したものになります。

主に以下のような意見が挙げられました。

  • 周りの就活状況がリアルタイムで把握できる
  • トークに質問を投げかけると他の参加者が瞬時に回答してくれる
  • トークの活発度具合で選考結果が来たことがすぐに分かる
    →サイレント落選が自覚できる
  • 日常的に利用しているLINEの機能であるため、気軽に見ることができる
  • 他の就活用掲示板や口コミサイトと異なり、質問に回答してくれる方が多く、またトークが繋がる確率が高い
  • 管理人がいるためトークが荒れにくく、仮に荒れた場合でも瞬時に対応してくれる
  • 選考通過率などのアンケート作成を管理人に気軽に依頼することができ、また母体数(参加者数)が多いため比較的信憑性のある結果になりやすい

オープンチャットグループの活用方法

参加するメリットを紹介しましたが、「そもそも就活生向けオープンチャットグループってどのように活用すればいいの?」と疑問に思っている方もいることでしょう。

そこで実際の活用方法を一部ご紹介します。

グループの活用方法

【1】質問や疑問をグループに投げかける
・この企業の面接ではどんな質問がされましたか?
・この企業のwebテスト形式って何でしたか?

【2】管理人(unistyleの社員)に質問や要望をする
・面接対策に役立つ記事を教えて下さい。
・この企業のES選考の通過率に関するアンケートを作成して下さい。

【3】管理人が就活生に役立つ記事を定期的に投稿する
→コンサル業界志望者向けグループであればコンサルに関する記事といったように、各グループのニーズに沿った記事を投稿しています。

上記に掲載した活用方法は一部ですので、興味を持った方は本記事の最後に掲載している参加用URLから参加していただければと思います。

【unistyleが運営している22卒・23卒・24卒向けグループ一覧】参加はこちらから

本記事ではLINEオープンチャットの概要、そしてunistyleが運営している就活用オープンチャットグループの詳細についてご紹介しました。

LINEオープンチャットは、LINE株式会社が2019年8月にリリースしたサービスであり、何と言っても「匿名で様々な人で情報交換をすることができる」ことが最大の利点と言えます。

オープンチャットには今後も様々な機能が実装されることが予定されており、またunistyleとしても「グループ数の増加・新たな施策の実施」等を今後予定しています。

各グループ名をクリックすると参加用のURLが表示されますので、まずは自身の興味のあるグループに参加し、就活情報の入手、そして自身の就活に役立てていただければと思います。

23卒就活生向けのグループに関しては、現在下記の66個のグループを運営しています。各グループをクリックしていただくと参加用のURLが表示されますので、是非参加していただければと思います。

【23卒就活生向け】志望業界別グループ一覧

また、上記の志望業界別グループ以外に『企業別の就活用(選考対策・企業研究)グループ』も運営しています。こちらに関しても、各グループをクリックしていただくと参加用のURLが表示されます。

【企業別】就活用(選考対策・企業研究)グループ一覧

コンサル・シンクタンク業界
マッキンゼー・アンド・カンパニー
ボストン コンサルティング グループ(BCG)
ベイン・アンド・カンパニー
A.T.カーニー
アーサー・D・リトル
Strategy&
ローランド・ベルガー
PwCコンサルティング
デロイト トーマツ コンサルティング
KPMGコンサルティング
EYストラテジー・アンド・コンサルティング
アクセンチュア
野村総合研究所(NRI)
日本総合研究所(日本総研)
アビームコンサルティング
外資系金融機関
ゴールドマン・サックス
モルガン・スタンレー
J.P.モルガン
バンク・オブ・アメリカ
総合商社
三菱商事
伊藤忠商事
三井物産
住友商事
丸紅
豊田通商
双日
専門商社
メタルワン
伊藤忠丸紅鉄鋼(MISI)
阪和興業
日鉄物産
豊島
銀行業界(メガバンク)
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほフィナンシャルグループ
りそな銀行
銀行業界(信託銀行)
三菱UFJ信託銀行
三井住友信託銀行
保険業界(生命保険)
日本生命
第一生命
明治安田生命
住友生命
保険業界(損害保険)
東京海上日動火災保険
三井住友海上火災保険
損害保険ジャパン
あいおいニッセイ同和損害保険
カード業界
三井住友カード
ジェーシービー(JCB)
三菱UFJニコス
リース業界
オリックス
三井住友ファイナンス&リース(SMFL)
三菱HCキャピタル
東京センチュリー
証券業界
野村證券
大和証券
SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
政府系・系統機関
国際協力銀行(JBIC)
日本政策投資銀行(DBJ)
農林中央金庫
商工中金
日本政策金融公庫
広告業界
電通
博報堂
サイバーエージェント
ADKホールディングス
JR東日本企画(jeki)
印刷業界
大日本印刷(DNP)
凸版印刷
出版社
講談社
集英社
小学館
KADOKAWA
新聞社
読売新聞社
朝日新聞社
毎日新聞社
産業経済新聞社(産経新聞社)
日本経済新聞社
テレビ業界
日本テレビ
フジテレビジョン
テレビ朝日
TBSテレビ
テレビ東京
NHK
食品メーカー
明治
味の素
日清食品
ネスレ日本
ハウス食品
江崎グリコ
森永製菓
ロッテ
JT(日本たばこ産業)
酒類・飲料メーカー
サントリー
キリン
アサヒビール
消費財メーカー
P&G
ユニリーバ
ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)
花王
ライオン
ユニ・チャーム
化粧品メーカー
日本ロレアル
資生堂
ポーラ(POLA)
コーセー(KOSE)
製薬業界
武田薬品工業
大塚製薬
第一三共
エーザイ
アステラス製薬
中外製薬
化学・素材業界
三菱ケミカル
旭化成
AGC
富士フイルム
東レ
電機・精密機器メーカー
ソニーグループ
日立製作所
パナソニック
富士通
NEC(日本電気)
三菱電機
キーエンス
自動車業界
トヨタ自動車
本田技研工業(ホンダ)
日産自動車
IT業界
NTTデータ
NTTコミュニケーションズ
LINE
楽天グループ
ヤフー
IBM
セールスフォース(Salesforce)
通信業界
NTTドコモ
KDDI
ソフトバンク
NTT東日本
NTT西日本
総合デベロッパー
三井不動産
三菱地所
住友不動産
東急不動産
野村不動産
森ビル
東京建物
NTT都市開発
鉄道業界
JR東日本
JR東海
JR西日本
東京地下鉄(東京メトロ)
東急
海運業界
日本郵船
商船三井
川崎汽船
電力・ガス・石油業界
関西電力
東京ガス
大阪ガス
ENEOS
出光興産
重工業メーカー
三菱重工業
川崎重工業
IHI
人材・教育業界
リクルート
ベネッセ
アパレル業界
ファーストリテイリング
小売業界
ニトリ

また、23卒就活生向けグループだけでなく、『22卒就活生向けの志望業界別グループ』も運営しています。

【22卒就活生向け】志望業界別グループ一覧

さらに、『24卒就活生向けのグループ』も運営しています。

【24卒就活生向け】就活対策用グループ一覧

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
58,792枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録