unistyle

MENU

更新情報2019/01/16(水)内容を更新しました!

マスコミ内定者が語る好きだからという志望動機で重要な3つのこと

マスコミ内定者が語る好きだからという志望動機で重要な3つのこと

掲載開始日:2015年08月26日
最終更新日:2019年01月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画大好き16卒内定者です。映画関連の仕事につくことになりました(予定)。

unistyleのこの記事(「好きだから」では評価されない|内定者の志望動機の作り方 )にもありましたが、「好きだから」という志望動機で評価されるのは結構大変です。

ここでは個人的な経験として、「好きを仕事にする」ために重要なことをいくつか挙げたいと思います。

1. コンテンツを消費するだけでなく、実際に作ってみる!

私は映画好きが高じて映画サークルに入って映画を作っていました。
この経験を通して、大変なこともあったけど(むしろ大変なことばかりでした)、
やっぱり映画が好きで作り手側にいきたい気持ちが強くなりました。

自主制作のコンテンツにはプロならではの制限がない反面、限界もあります。
たとえば自主制作映画なら
・お金がない(機材もショボい)
・ストーリー適当
・役者はそのへんの人
というのがあります。

自分で作ったうえでプロの作ったものと見比べると、役者や予算、演出、宣伝の重要性が身に迫ってわかってきます。
私はそこで、プロの世界に入りたいと思いました。
しかし、プロでは自主制作に比べ、役割がより細分化されており、「その道のプロ」というのがいます。
一人につき一つの分野のプロフェッショナルになるのが普通です。監督なら監督、カメラマンならカメラマン・・・
自主制作映画では「プロデューサー兼監督兼カメラマン兼編集兼脚本兼役者」などとなりがちですが、プロになるならばどれか一つを選ぶ必要があります。
私はそれを考えたときに、自分でどういうものを作るかを決め、好きにお金を動かし、全体を統治する立場に行きたいと思いました。
そこで、プロデューサー志望になったのです。

2. その道のプロの話を聞きに行く!

私が実践したことは
・邦画の製作プロデューサーの方に話を聞く
・プロのカメラマンの方に講習を開いてもらう
などです。

実際にプロとしてご飯を食べてる人の話を聞いて、業界の仕事の様子をリアルにイメージできるようになりました。

プロも現状に不満を持っています。それを聞くことは、自分のキャリアを考えるきっかけになりました。

「そうは言ってもプロと会う機会なんてそうそうないよ・・・僕理系だし」

そういう方もいるかもしれませんね。私も最初はまったく映像業界にコネなんてありませんでした。プロとつながるまでの人脈作りに必要なのは、まず自分から、そのコンテンツに近い、新しい環境に飛び込んでみることです。

私にとっては映画祭のボランティアがそのきっかけになりました。プロから仕入れた知識は、面接でも武器になります。他の就活生との決定的な差別化になるからです。

3. 業界の課題や問題点について解決策まで考える!

これをするようになったのは、日本映画界の問題点について彼氏にいっちょまえに文句をたれていた時に、
彼氏に「じゃあどうすればいいんだ。どうにかできるのかお前は」と激ツメされ(ちなみに彼氏は理系の研究者志望)、「そこまで言わなくてもいいじゃん!」と逆切れして号泣したという事件がきっかけです。

ふと冷静になり、「いや実際彼の言うとおりだな・・・解決策を考えられないのに作り手のプロになるなんて無理だよな」と考え直したのです(彼氏に感謝)。

そこから、映画などコンテンツビジネスについての本を読んだり、映画関係のニュースをよく観て、自分なりの意見を持つという活動を始めました。

みなさん日本映画の問題点は、わりと気付いているのではないでしょうか。
・高すぎる入場料
日本では学生で1500円。しかしアメリカでは500円で観られます

・低予算、低いクオリティ
日本映画の平均予算は1億円。ハリウッドでは数十億が基本です

・海外ロードショーの少なさ
世界何十ヶ国で上映されるハリウッド映画と比べ、日本映画は国内で上映しておしまい、がほとんど

・実写映画の多さ
オリジナル映画がほとんどなく、漫画や小説の実写化ばかり。

ではこういった問題点はなぜ引き起こされるのか、どうやったら解決できるのか。そこを考えるのが重要になってきます。

日本映画とハリウッド映画の予算の違いはどこからくるのか?資金の調達源が違うのか?
日本映画の製作者はどのようなことを念頭に置いて映画を作っているのか?
実写化は誰にとってメリットがあるのか?
最近テレビ局が映画に多く関わっているが、その理由は?

など、こういった観点で勉強をしたり考察をしたりしてみると、業界の理解につながると思います。
本で得る知識に限界がある場合は、上記のようにプロの方に聞いてみるのが一番です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

コンテンツを消費する人というのはたくさんいます。みなさん生きていれば日々なにかしらのコンテンツを消費しています。
本、漫画、映像、広告のクリエイティブ・・・。

この「その他大勢」から抜け出した就活生になるためには、一歩踏み出して自発的に勉強したり、新しい環境に飛び込むことが必要になってきます。

勇気を出して踏み出してみてください。最初は絶望するかもしれません。でもその先に、自分が目指すべき改革の道が見えてくるはずです。

photo by Satya Murthy

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
29,601枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録