MENU

Bay 680*80

更新情報2017/02/08(Wed)内容を更新しました!

13743view

OB訪問・内定者訪問で実際に評価された自己PRを知る

掲載開始日:2014年06月13日
最終更新日:2017年02月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシートから企業が求めている能力を知る」にて企業が求めている能力はチャレンジ精神、リーダーシップ、協調性の三つに分類され、一つのエピソードでそれら全てをアピールしていくことが重要であることを説明しました。今回は「OB訪問の活用」にて話をした「評価された自己PR・志望動機を知る」という目的でのOB訪問について詳しく説明したいと思います。

1.内定者/OBの自己PR・志望動機は模範解答の一つ

内定者/OBの自己PR・志望動機はその企業の厳しい選考をくぐり抜けた模範解答の一つです。参考にすべき部分が非常に多い貴重な情報なので是非とも積極的に得るようにしましょう。そして「エントリーシートから企業が求めている能力を知る」などを踏まえて、どのポイントが評価されたのか注意しながら話を聞くようにしましょう。面接官的な視点を持つことは非常に重要です。

2.自分と同じタイプの内定者/OBを参考に

いくら模範解答の一つとは言っても、自分とは全然異なるタイプの人を参考にしても自分自身に合った自己PRと志望動機にはなりません。例えばどう見ても周りを引っ張るリーダータイプではない学生が、リーダータイプの内定者の話を参考に、自己PRを作ったとしても板につかないものになるのは想像できるでしょう。また志望動機においても、海外経験のない人が海外経験を基に志望動機を話すOBを参考にしたとしても無理があるのはわかるかと思います。
あくまで自分自身の境遇に似た人やタイプの近い人を参考にすることが重要です。というと、自分と近い人なんかいるのか、商社は体育会系ばかりだから自分と近い人間なんかいないだろうと思って活動を辞めてしまう人がいるのですが、企業には様々なタイプの人がいます。商社には実際にはどこから見ても草食系、だけど内側に熱さを秘めているような世間の商社マンのイメージとは遠い人もいます。企業は成果を出し続けるためには同じタイプの人間だけでは、よくないということを理解して多様性のある企業を目指しています。自分にタイプの近い社員も必ずいますので、是非積極的に多くの人に会うようにしてください。

3.一人の話だけを鵜呑みにしない

OB訪問や内定者訪問の一つ注意点としては、一人の話だけを鵜呑みにしないということがあります。上記の通り自分自身に近いタイプの人と出会うことができ、運良く仲良くなったとしても、その人の意見だけを鵜呑みにすることはしないようにしましょう。就職活動のような正解が一つではない世界において、一つの答えに固執することは非常に大きなリスクになります。その人の考え方も一つの考え方に過ぎないとある意味冷静に捉えて、様々な人の考えに触れていただきたいと思います。

今回のまとめ

・内定者/OBのどこが評価されたのか意識しながら情報を仕入れるべし
・自分と似たタイプの内定者/OBの話を参考にするべし
・例え信頼できる人でもその人の話ばかり鵜呑みにしない

 

photo by PROglasseyes view Follow

    Meetscompany 336*280
    336x280tokyo
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle