MENU

Rhd680*84

更新情報2016/12/09(Fri)内容を更新しました!

14213view

三井住友海上のインターンESで書くべき内容とインターン概要

掲載開始日:2015年12月02日
最終更新日:2016年12月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


三井住友海上のインターンは、同業他社の東京海上日動のインターンよりも比較的参加がしやすく、働き方のイメージのつきにくい損害保険会社の実態を掴む良いきっかけになると思います。今回の三井住友海上のインターンにおいても、ESで聞かれる質問としては本選考時や過去のインターンと大きく変わらず、オーソドックスであると言えます。今回は三井住友海上のインターンESで書くべき内容と、その実施概要について書いていきたいと思います。

参考:「三井住友海上 冬のMSIインターンシップ」
   「三井住友海上のエントリーシートと採用HPから考える三井住友海上の求める人材」


三井住友海上ES内容

設問1 :MSIインターンシップに参加する目的と目標を教えてください。(400字以内)
設問2 :これまでに何かに真剣に向き合い乗り越えた経験を教えてください。(400字以内)


設問1について

設問1 :MSIインターンシップに参加する目的と目標を教えてください。(400字以内)

インターンの志望動機を問う設問です。本選考の時ほど「なぜ損害保険業界を志望するのか」というのは重視されないと考えられます。「損害保険業界に興味を持った理由」と「学生時代の経験」を結びつけられれば十分評価されると考えてよいでしょう。損害保険会社の働き方として、担当する代理店の営業利益を上げるための顧客との信頼関係構築が重要となります。「学生時代のアルバイトや部活での周囲の仲間との信頼獲得経験」と「損害保険業界の興味」を結びつけるのが一例として挙げられると考えられます。

設問2について

設問2 :これまでに何かに真剣に向き合い乗り越えた経験を教えてください。(400字以内)


学生時代に力を入れた経験について問う設問です。評価されるポイントは本選考時と同じであると考えられるので、「人気企業内定者に共通する、企業に伝えるべき5つの強み」に沿ってアピールすると共感を得やすいのではないかと思います。学業について頑張った経験を書く際には「1.個人として努力し、成果をあげることができる」について述べやすいでしょうし、アルバイトや部活動の経験をアピールするならば「2.関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」「3.リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」について書きやすいのではないでしょうか。また、その経験を書く上では「三井住友海上のエントリーシートと採用HPから考える三井住友海上の求める人材」にある求める人材像を意識して書いてほしいと思います。

①パートナーである保険代理店の経営課題を発見し、主体的に解決策を提案・実行できる人材
②自社とパートナーである保険代理店の立場の違いを理解した上で、双方にとってプラスとなる方向へ舵を切るリーダーシップを持った人材
③他社との差別化の難しい商品を扱う中で、自社の商品販売シェアを高めてもらえるだけの信頼関係をパートナーである保険代理店と構築できる人材
参照:【三井住友海上のエントリーシートと採用HPから考える三井住友海上の求める人材】


インターン実施概要

ここではESと同時に課されるWEBテストや、その後のGD、インターンの内容やその後の優遇の有無について書いていきたいと思います。
<選考の流れ>

エントリーシート、WEBテスト(締切の1週間後にメールにて結果連絡)→グループディスカッション(3~4日後にメールにてインターン参加の連絡)
参照:「三井住友海上 インターン情報(3)」

ESの締切から最長3週間ほどでインターン参加の可否がわかることになります。

<筆記試験の形式、難易度、試験時間について>

形式:webテスティング テスト科目:言語,非言語,性格検査 制限時間:65分 問題数:かなり多く時間が足りない
参照:「三井住友海上 インターン情報(3)」

あくまで過去の選考情報ですが、問題数がかなり多く時間が足りないと書かれていることから入念な対策が必要だと考えられます。インターン参加者の中にはその後のグループディスカッションはおまけで、最初のステップのESとWEBテストに時間をかけるべきだという意見を持つ方もおりましたので、参考にしてください。

<GD(二次選考)に関する情報>

課されたテーマ・お題:整形の是非を問いなさい
時間:45分間
学生人数と面接官:10人,面接官1人
議論の進行の仕方:ワイトボードを使って議論を進めた.
議論時間:40分間で,残りの5分間は発表として与えられました.
フィードバック有無:面接官からのフィードバックは個人ごとではなく全体に対してありました.
参照:「三井住友海上 インターン情報(3)」
   「三井住友海上 インターン情報(4)」

本選考時と共通する三井住友海上のGDの特徴として、大人数でのGDが課されます。インターン情報の寄稿者は、以下のようにGDの評価を考察しています。参考にしてください。

比較的GDで落とされたという話を聞かなかったので、よほど発言をしない、議論を壊すといったことをしなければ通ると思われる。GDの基本である、発言をする、結論から短く正確に話す、人の話をさえぎらず否定しないといったポイントを押さえておけばよい。
参照:「三井住友海上 インターン情報(4)」

<インターン内容について>

5日間の開催。朝9時~夜6時まで。休憩は1時間。班ごとに分かれ、1班6人~8人が基本。5日間同じ班で活動する。また毎日日替わりで内定者が1人つき、課題等のアドバイス等をしてくれる。
初日:班での自己紹介をまず行う。次に損害保険の成り立ちや三井住友海上の企業情報などを学ぶ講義がある。
2・3日目:実際に損害保険の種類や、とある架空の企業を例に、どういった損害保険が考えられるかを班で意見を出し合い提案していく。そして、実際に社員から保険の詳細や解説があり、どういうニーズがあるのか具体的に教えてもらえる。
4日目:社員への質問タイムがある。3人程の社員の方と1人15分ほど、まずはお客様に見立てて、保険の営業を行う。その後、社員の方から営業の解説やフィードバックがもらえ、実際の営業の難しさを体感できる。さらに午後は内定者をお客様に見立てて、班で損害保険営業を行う。両者とも難易度は高く、初めからうまくいく班はない。難易度は高め。徐々にコツやお客様への対応の仕方がわかり、達成感はかなりある。5日目:新しい損害保険を企画し社員の前でプレゼンするコンペティションが開かれる。順位が付けられ、白熱したものとなる。
参考:「三井住友海上 インターン情報(3)」
   「三井住友海上 インターン情報(4)」

過去の内容なので今年もこの内容が踏襲されるかはわかりませんが、損害保険業界の理解を深めるという位置づけになるようです。インターン参加者の所感としては様々で、割り振られた班によって満足度や学びが異なるようです。内定者がメンターとしてつくとのことなので、なぜ損害保険業界を志したのか・なぜ三井住友海上なのかについて聞いておくと、その後の本選考時に参考になる意見が得られるのではないかと思います。

<本選考時の優遇の有無>

内定は出ないと思います。このインターンシップはほとんど選考には関係ないと思います。
参考:「三井住友海上 インターン情報(3)」

 

内定はもらえない。コンペティションやその後の全国大会にでれば優遇はあるのかもしれない。ただし、このインターンでは参加することでこの企業が求める学生像がよくわかるため選考では大いに役立つと思う。
参考:「三井住友海上 インターン情報(4)」

今回のインターンシップは内定直結ではないと考えられます。企業理解の一環として行っていると考えてもいいのかもしれません。参加したことによって得た情報がその後の選考に活きると考えられます。

最後に

内定直結ではないといえど、インターンシップの参加経験を「「同業の中でもなぜうちの会社か?」という質問に驚くほど簡単に答える三つのアプローチ」にある「企業で働く"人"から説明する」と結びつけることで説得力を持たせることが可能です。今の時期ではどのような業界があって、自分にとってどのような働き方がよいのかかわらない方もいるかと思いますので、三井住友海上のインターンに限らず是非積極的にインターンに申し込んでみると良いのではないでしょうか。

 

photo by GotCredit

    Meetscompany 336*280
    Simplex 336*280
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle