unistyle

MENU

更新情報2018/11/26(月)内容を更新しました!

ザッカーバーグ・スティーブジョブズが大学生に語る『人生の生き方』

535 views

ザッカーバーグ・スティーブジョブズが大学生に語る『人生の生き方』

掲載開始日:2018年11月26日
最終更新日:2018年11月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook、iPhoneなど、21世紀を代表するサービスやプロダクトを生み出してきた現代の偉人たちがこれからの時代を担う学生たちに様々な言葉を贈っています。今回は現代の偉人たちが大学の卒業スピーチで語った内容から彼らが見据える未来について考察していきます。

現代の偉人たちの卒業式スピーチ

マーク・ザッカーバーグ

かの有名なハーバード大学卒業式でのスピーチです。テーマは、『世界に「目的感」を持ってもらうための3つの方法』。卒業生と10歳も離れてない立場から"僕ら世代の責任"という切り口でのスピーチは当時世界で大きな反響を呼びました。以下にポイントをまとめて解説していきます。

私たちの世代のミッションは、「”誰もが”目的感を人生の中で持てる世界を創り出すこと」である。

「目的」とは、
・一人ひとりが、小さな自分以上の何かの一部だと感じられる感覚のこと
・自分が必要とされ、そしてより良い未来のために日々頑張っていると感じられる感覚のこと
であり、「目的」こそが本当の幸福感をつくるもの。

●世界に「目的感」を持ってもらうための3つの方法
①一緒に大きくて意味のあるプロジェクトについて語ること
②”平等性”を再定義して誰もがその目的に参加する自由を持てるようにすること
③世界規模のコミュニティを創り出すこと

①一緒に大きくて意味のあるプロジェクトについて語ること

今が「私たちの世代の課題」に取り組むべき時である。
具体的には、
・数百万人の人々をソーラーパネルの製造と設置に巻き込み、気候変動問題を止める
・すべての病気についてボランティアを募って彼らのヘルスデータと遺伝子データを集める等

大きなプロジェクトは、その仕事をやった人たちに生きる目的を与えるだけでなく、国全体に、
「私達は偉大なことができる」というプライドを与える。「進歩」を実現するためだけでなく、多くの人のための「目的」を創り出すために、これらの課題に取り組むべきである。

②”平等性”を再定義して誰もがその目的に参加する自由を持てるようにすること


今はすべての人が”起業家”である。プロジェクトを始めるのでも、役割を探していようと、他のことでも。
起業家文化は、多くの新しいアイデアを簡単に試せるようになっている時に栄える。
フェイスブックの前にザッカーバーグはゲーム・チャットシステム・スタディツール・音楽プレイヤーなど数多くのものを作り、失敗してきた。
大きな成功は「失敗する自由」によって生まれる。
だからこそ失敗者が身動きできなくなったり、汚名を着せられて社会的に抹殺されたりしない社会が必要。

そして、あらゆる人にその目的を追う自由を与えることはタダではできない。富を得ることになるだろう人間がコストを支払わなくてはならない。より多くの人がそれぞれの目的を追求できたら、社会全体がよくなるから、そのためにやる。

*活動例
ザッカーバーグと妻のプリシラは、チャン・ザッカーバーグ・イニシアティブを始めて、財産を機会均等の推進のために使用している。

③コミュニティを作ることでみんなに「目的感」を与える

・世界規模の課題解決のためにはグローバルコミュニティレベルでの協力関係が必要

ミレニアル世代は「繋がっている時代」に育ってきた。ミレニアル世代に、自分たちのアイデンティティを問うと、最も多い回答は「世界市民」だという調査結果がある。今目前にある問題は、都市単位や国単位でなく、グローバルコミュニティレベルでの協力関係が必要な課題である。私たちの世代は、グローバルな協力によって貧困や病気を終わらせることができる世代である。

・ローカルコミュニティの再構築がグローバルレベルで変化を生む最初のステップ
不安定な時代であるため、世界中にグローバリズムに取り残されたと感じている人たちがいる。ホームグラウンドでの人生に満足を感じられていない時、世界のどこか他の場所の人たちのことまで考えるのは難しい。だからこそ最善の対処法は、ローカルなコミュニティを立て直すこと。

コミュニティは、
・自分がより大きな何かの一員であることを、そして一人でないことを教えてくれる
・帰属の安心感が自分の可能性を押し広げる強さを得ることができる
しかしこの10年であらゆる社会グループが4分の1も減少した。

変化はローカルに始まり、グローバルな変化も最初は小さく始まる。
コミュニティを創り出すことであらゆる人が、自分の人生に目的感を感じられる世界を創り出すことができるかどうかに、僕らの最大の課題が実現できるかどうかはかかっている。


【全文記事はこちらから】
【全文】マーク・ザッカーバーグがハーバード大で語った「人生に目的が必要なわけ」

ザッカーバーグのスピーチから、アメリカの大学生と日本の大学生の間で異なる点を何点か取り上げたいと思います。

①日本で目的感を持てている人は多くない

このスピーチでは自分自身が目的をもって生きていくことは当たり前であり、全ての人がそのような目的感を持って生きていける社会を作らなければならないと主張されています。しかし、やりたいこと・なりたい姿など自分自身の「目的」自体をまだ見つけられていない就活生は多いでしょう。就活において自己分析を通して過去を振り返り、「働く目的」をしっかりと定義しましょう。自己分析については以下の記事も参考にしてください。

②帰属する組織に対する心持ちの違い

スピーチでは自分以上の大きさのものに所属していることで自分の可能性を広げる強さを持てると説いています。これは所属する組織・コミュニティに自分自身の存在意義を感じている場合に言えることです。

日本社会では「会社の歯車になりたくない」という声にもあるように、多くの日本人が会社に働かされている感覚を持っています。そのため、自分以上の大きな組織はプライドを保つステータスか、時間と労力を搾取される場という認識になってしまいます。

・働くことを楽しめている人が少ないという課題
存在意義を自ら定義し、納得して組織に属すことで働くことが楽しくなります。しかし、日本人の6%しか働くことに楽しさを感じられていないという統計結果があります。これは国単位での大きな課題と言えます。では6%の楽しめている人はどのように考えて働いているのか。関連するインタビューがありますので参考にしてください。

スティーブ・ジョブズ

アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏は多くの印象的な言葉を残しています。中でもアメリカのスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチは、自らの生い立ちから始まり闘病生活まで、人生観を余すところなく語り、伝説となっています。スピーチのテーマは、『人生で最も大切な3つのこと』。以下にポイントをまとめて解説していきます。

①点と点をつなげるということ

・リード大学の退学とアップルの美しいフォントの繋がり

経済的に通うことが厳しくなり、退学を決めたことで、興味もない授業を受ける必要がなくなった。そして、全米でおそらくもっとも優れたカリグラフの講義を受けることができた。その知識をすべて、マックに注ぎ込んだ。大学であの講義がなかったら、マックには多様なフォントや字間調整機能も入っていなかったでしょう。

将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることはできず、後からつなぎ合わせることしかできない。だから、いまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。

②愛と敗北

・アップルを追われるという一番苦く、一番尊い経験

アップルを創業したのは二十歳のとき、10年後には売上高20億ドル、社員数4000人を超える会社に成長。しかし30歳になったときに、アップルから解雇された。

1カ月くらいは呆然とし、このまま逃げ出してしまおうかとさえ思っていた。しかし、自分が打ち込んできたことが、やはり大好きだったので、ゆっくりと何か希望がわいてきた。会社を発展させるという重圧は、もう一度挑戦者になるという身軽さにとってかわり、アップルを離れたことで、人生でもっとも創造的な時期を迎えることができた。

その後NeXTという会社を起業し、ピクサーも立ち上げ。ピクサーは世界初のコンピューターを使ったアニメーション映画「トイ・ストーリー」を製作することになり、思いがけないことに、アップルがNeXTを買収し、アップルに舞い戻ることに。

最悪のできごとに見舞われても、信念を失わないこと。自分の仕事を愛してやまなかったからこそ、前進し続けられた。

やりがいを感じることができるただ一つの方法は、すばらしい仕事だと心底思えることをやること。偉大なことをやり抜くただ一つの道は、仕事を愛すること。

好きなことがまだ見つからないなら、探し続けなくてはいけない。決して立ち止まってはいけない。本当にやりたいことが見つかった時には、不思議と自分でもすぐに分かるはず。

③死について

・癌の宣告で気づいた人生の時間の有限さ

「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と33年間、鏡に映る自分に問いかけるようにしている。「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということ。

1年前、私はがんと診断された。その経験をしたからこそ、自分は死ぬのだと思い出すことが、敗北する不安にとらわれない最良の方法だと自信をもっていえる。

あなた方の時間は限られている。何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つこと。

ハングリーであれ。愚か者であれ。


【全文記事はこちらから】
「ハングリーであれ。愚か者であれ」 ジョブズ氏スピーチ全訳

スティーブ・ジョブズのスピーチでは人生において重要な3つのことが語られています。3つの項目に共通して込められているメッセージは、「自分のやりたいことを信じてやり通すべきだ」ということでしょう。
このスピーチは「感動するスピーチ」として10年以上たった今でもメディアで取り上げられ、語り継がれています。ジョブズのスピーチは聴衆にとって明快な構成となっており、その構成も賞賛されています。具体的には、冒頭でメッセージを端的に伝え、その後時系列順にジョブズ自身の人生について語っています。そして「ハングリーであれ。愚か者であれ。」という小説の一句で締めくくっています。起承転結の構成は面接などでも重要になる項目です。自己PRや志望動機の構成が改善されるだけで相手への伝わり方は変わってきます。是非動画でもスピーチを観て参考にしてみてください。

最後に

いかがでしょうか。

21世紀を代表する会社の創業者たちが大学生におくった言葉は本質的であり、視座が非常に高いものでした。自分自身が心からやりたいと思うことを探求すること、そして誰もが目的を持って世界をより良くするための挑戦ができる社会を創ること、どちらも簡単なことではありません。ただ、世界のトップが考えていることを知るだけでも世の中の流れへの理解は深まります。「雲の上の存在」と捉えず、彼らのアウトプットを積極的に吸収しましょう。

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
23,857枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録